チューリッヒの「セックスドライブイン」が大成功

セックスワーカーの身を守るために――。賛否両論がありながらも2013年にチューリッヒに設置された売春ドライブイン、通称「セックスボックス」。

客はガレージのような場所に車を停めて、セックスワーカーと取引をします。現在は自動車に加えて、バイクと自転車の乗り入れも認めらているそうですよ。

この特殊な売春施設がオープンしてから、この8月でちょうど5年目。チューリッヒ市を代表して「USA TODAY」の取材に応じたNadeen Schusterさんは、セックスボックスの設置が「大成功だった」と語りました。

ただし、人気が集まっているという意味ではありません。彼女によれば、重大な事件が1件も発生していないとのこと。当初の目的達成というわけです。

「飾り窓」を認めることでセックスワーカーが安全に働ける場所を提供したオランダ政府の施策と似ていますね。

Top image: © iStock.com/wundervisuals
在日3年のスイス人の友だちがいます。その彼が故郷を懐かしんでつくる料理があると聞き、教えてもらったのが「ゲシュネッツェルテス」という濃厚クリームソースの一...
NY生まれの「THINX」が開発した新製品は、生理中の人が使うセックス用ブランケットです。
高さ20メートルもあるこの“木”、コットンを手で編んでつくられたもの。ブラジル出身のアーティストErnesto Neto氏によるインスタレーションです。初...
ベストなセックスとは何か?私たちは、このドラマで学んだはず。
醸造所が併設されているロンドンのパブ「Long Arm Pub & Brewery」。ここではMillennial Stoutと名付けられたアボカドビール...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
研究結果を踏まえながら、最高のSEXのために必要なことや不必要なことが綴られている記事。数字も引用しつつ細かく説明しているので、今のセックスライフを少しで...
女の子から新しいプレイを勉強したり、誘ったりするのって結構恥ずかしいと思う。そこで、「Thought Catalog」のHolly Riordanさんが紹...
去る1月7日、イーロン・マスクはテスラのスーパーチャージャーについてのツイートをしました。それは、古き良きアメリカを蘇らせる、ドライブインシアターを復活さ...
「Elite Daily」のRachel Shattoさんが綴る「セックス前に聞いておきたい質問」も、そのひとつ。特に女性は、セックスにおいての被害がどう...
イケメンと動物の最高ショットはもちろんのこと、今年も売り上げは野生動物保護のために寄付される予定!
「私がこの世で一番愛しているのはキスよ。セックスの素晴らしいプレリュードだから」と語るのは、「Elite Daily」の女性ライターZara Barrie...
彼女がまとめたのは、「星座別セックススタイル」。当たっていようとそうでなかろうと、クスッと笑える内容です。星座でわかるわけない、なんてごもっともなツッコミ...
インダストリアルデザインを学んでいるDimitri Nassisiさん。卒業制作を控えていた時に、街の消火栓をリメイクして水飲み場にできたら面白そうと思い...
痛いわけでもないし悲しいわけでもないのに、SEXによって溢れてくる涙があるのです。調査によると、46%の女性が「行為によって、なぜか泣いたことがある」と答...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
4月某日 PM11:00友達だったのに、私たちはセックスした
「オトコ大好き!SEX、大好き!」って公言してしまう女の子。個人的にですが、振り切ってる清々しさが好きです。そういう女の子の話って、面白いし(笑)『Eli...
海外だからこそ成立する(?)あの企画の続編が、1ヶ月ぶりに公開されました。そう、親子で話す「SEXについて」。日本人からすると驚いてしまうくらいに、毎回赤...
少し前の話ですが、スイス西部のジュネーブの湖畔に舟を浮かべる少女のランドアートが出現しました。それは、難民に関するメッセージを伝えるためでした。
彼女がセックスに対して、どう思っているかちゃんと聞いたことはありますか?彼氏に、自分がどういうセックスが好きなのか伝えたことはありますか?「Elite D...
ちょっと大胆な発言になってしまうのだけれど、「朝のセックス」ってどうしてあんなに気持ちいいんだろう?大好きな人が目を覚ました時に、隣にいるって本当に幸せ。...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
パリジェンヌたちのライフスタイルを身近に感じることができるアイテムが詰まった、小さなボックスが毎月自宅に届く。2011年パリ・モンマルトルで誕生した「My...