【100円で買った中古本】『「上から目線」の扱い方』

国道沿いや駅前の古本屋チェーンの店内にひっそりとたたずむ、たたき売り同然の「100円」の書棚。そんな一角で偶然出会った一冊から、あなたの人生を変えるかもしれない「金言」をほんの少しだけおすそわけ。

今回は誰しもがきっと思い当たる厄介な人たちへの対処法を説く『「上から目線」の扱い方』をご紹介していきます。

人より優位に立って安心したい……
「1億総不安社会」を生き抜くために

いまやすっかり日常語のひとつになった「上から目線」

なにかにつけて優劣をつけたがる世間の風潮もあってか、近頃ではマウンティングなんて言葉もしばしば耳目にするようになりました。

本書はそんな厄介な代物である「上から目線」が起こるメカニズムを解説しながら、具体的な対処法をレクチャーしてくれるハウツー本。

著者である心理学者・榎本博明氏が本書を書くにあたって実施した、20代から50代のビジネスパーソン、計700人(各年代175人ずつ、男女それぞれ350人)への意識調査によれば、どの年代でも半数を超える人たちが『「上から目線」でものを言われてイラッとくることがある』と答えたそうですから、なかなか穏やかではありません。

・他人に批判されると、それが当たっていてもいなくても無性に腹が立つ

・人からバカにされたくないという思いが強い

・何かにつけて不満に思うことがある

・何をやってもうまくいかないと思うことがある

・人と自分をすぐ比較してしまう

・仕事がイヤでたまらないことがある

・人からどう思われているかがとても気になる

出典:『「上から目線」の扱い方』(榎本博明 著、株式会社アスコム)

……といった著者の挙げる「上から目線に過敏な人」の特徴に思い当たるフシが複数ある、という人は、きっと少なくないでしょう。

たしかに、よかれと思ってしたアドバイスや注意が、それを言われた人から「上から目線」と受けとられてしまうなんてのは往々にして起こり得ること。その反対に、上司や先輩からお説教をされて「なにを偉そうに!」と反発心を覚えることだって、人間だもの、一度や二度はありますよね。

そこで、簡単にキレてしまわないために、我々がすべきことを初歩の初歩から教えてくれるのがまさに本書。

「近頃の若者はようわからん」と思ってたところへ、「人が上から目線に過敏になるのは、自信のなさと承認欲求の欠乏から来る“見下され不安”によるものなんですよ」などと解説をされると、「なるほど、そうだったのか」と、ついヒザを打ってしまいたくもなるものです。

とはいえ、それに対するもっとも効果的な手段が「相手の話をしっかり聴くこと」(文中では「傾聴力」と表現)というのは、いささか当たり前にすぎるような気もします。

・相手の話を真剣に聴く

・一方的にしゃべらない

・自分のことばかり話さない

・相手に関心をもつ

・押しつけがましいことは言わない

・相手の気持ちに共感する

・話しにくいことをしつこく訊かない

・適度に話を切り上げることができる

出典:『「上から目線」の扱い方』(榎本博明 著、株式会社アスコム)

……と、対話上手な人の特徴をわざわざ列挙して、「なかでも“押しつけがましいことは言わない”がいちばん大事ですよ」などと言われると、それこそ「上から目線」で「んなことわかっとるわっ!」となってしまうのは、おそらく読み手であるこちらの心が無意識のうちに荒みきってしまっているからに違いありません。

ともあれ、肝心要(かんじんかなめ)は、何事も真っ正面から受け止めようとせずに、ときに受け流すスキルも覚えること。

「初めまして」からいきなり相手の心のトビラをこじ開けるのが仕事でもあるライターの端くれとしては、本書に書かれているようなタイプ別の対処法を実践するより、四の五の言わずに場数を踏むほうが絶対鍛えられますよ、ということだけは「上から目線」で断言したいと思います。

ちなみに、著者が本書内で紹介している社会心理学者テイラー&ブラウンの研究によれば、精神的に健康な人は「自分のことを実際以上に肯定的にとらえる幻想をもち、なんとかなるさと楽観的に構える傾向がある」とのこと。それを名づけて「ポジティブ・イリュージョン」と呼ぶそうです。

ポジティブ・イリュージョン──。

なんだか響きからしてバカっぽくて、いろいろどうでもよくなる素敵な言葉のように思うのですが、みなさんはどうですか?(笑)

『「上から目線」の扱い方』から学ぶべきは......

ポジティブ・イリュージョニストになろう!

『「上から目線」の扱い方』(榎本博明 著、株式会社アスコム)

written by chogetsu suzuki

Top image: © 2019 TABI LABO
誰もがきっと一着はもっている「グレーのスウェット」の色味に隠された秘密とは?!
好きな人に振り向かれたり誰かに「好き」と言われると途端に信じられない、気持ち悪くなる、逃げたくなる。そんな心理の原因は、自分への自身のなさにあるのかも。自...
「麻衣~Soul Dress~」は、着物ドレスと呼ばれる洋装+和装ミックスのジャンルの中でも、新たな台頭を見せるこの着付け。着物をリメイクしたドレスではな...
カジュアルファッションの大定番アイテムであるパーカの「フロントのポケット」にはこんな秘密があったんです!
「なぜラッピングなのか?」は、わからないのですが。
4月20日に発売されたばかりの『人生やらなくていいリスト』の著者である四角大輔さんは、元大手レコード会社勤務のアーティストプロデューサー。本書では、彼のサ...
誰かが向き合ってコミュニケーションを取らなければ、社内全体の雰囲気が悪くなってしまいます。オハイオ州立大学の行動科学史教授であるGleb Tsipursk...
さいの目にカットされたそれぞれの食材。これなんだかわかる?
アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
だから、彼女たちは「可愛い」のか。
SNSはセルフブランディングをする最適なツールか、それとも偽りの自分を世界にさらけ出す恐怖のツールか。もちろんそれは「使いこなす」あなた次第。ライターのB...
みんなに祝福される、結婚式。ウェディングドレスを着るとき、女の子はおとぎ話の「お姫様」になることができるのです。「そして2人はずっと幸せに暮らしました」と...
ここで紹介するのは、アメリカ・オレゴン州の動物園が年に1度行う“動物たちの健康診断”で撮ったレントゲン写真。
文化や慣習が違えば、仕事の進め方だって異なる。海外で働くには、その国の国民性を理解することが大切と言われます。フランクフルト在住のHisai Toruさん...
「人間は考える葦である」と書いたのは、17世紀のフランスの思想家パスカルだった。要するに、人間は葦のようにか弱いが、思考する能力をもつ偉大な存在だというこ...
自殺未遂をする数時間前に撮影をしたセルフィーだとして、SNSに投稿したZoeさん。その表情は和やかで、とても自らの命を絶とうとしているとは思えない。記事で...
単純に、「すごい」ってなるはず。
イギリスでマッサージ師をやっているHitesh PatelさんのFacebook投稿が話題となりました。カッサ療法で行った美容師さんの背中が、均等に血行が...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「迷える青少年」に向けた指南書をご紹介します。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は、自分の将来に悩む、すべての「働く人」に向けた一冊です。
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は 「一流の男」になるための虎の巻(?)をご紹介します。
あなたは人と話すとき、どこを見ていますか?普段、自分がどこを見ているかなんて意識したことはないかもしれませんが、心理学を応用すれば、目線によってその人が何...
状況や相手のタイプによって、どれが一番スマートな誘い方なのかは変わってきます。けれど、ここでOKをもらいたいな〜という時には、この心理的テクニックを覚えて...
愛犬と一緒に写真を撮りたいけど、なかなかカメラに目線を向けてくれない…と嘆く愛犬家たちに朗報です。米サンディエゴのClever Dog Products社...
昔、私はとある大学で心理学の教授を務めていました。私は自分の教えるテーマ、心理学が大好きだったので、皆がこの授業に夢中になるはずだと思っていました。しかし...
偶然出会った本のなかから人生の道しるべになるかもしれない金言・名言を探す旅。今回は Facebookを生み出した若き天才について書かれた一冊をご紹介します。
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
「女心は秋の空」とは変わりやすい秋の空模様のように、女性の気持ちは移り気ということを上手に表現したことわざですが、その言葉通り、意中の女性の気持ちが全くわ...
「心理学」と聞くとちょっと固いイメージがあるかもしれませんが、じつは幸せになるための考え方や成功の秘訣、コミュニケーションのコツなど、身近な問題解決のヒン...
わずか100円程度(1ドル)で、MacBookをタッチ対応にする技術が開発された。
ひょっとして、彼は私に気がある?それともただの友達と思っている?好きな人だからこそ、彼の一挙一動にドキドキしてしまいがち……。そんなあなたにこそ役に立つ!...
元カレからメールがきた。元カレが夢に出てきた。遠距離で仕方なく別れたけれど、どうしても彼氏を諦めきれない。やっぱり友達関係じゃ満足できない。色んな理由で、...
“100人の100歳越えによる100歳になるアドバイス”をまとめたWEBサイトの紹介です。
アートを買うきっかけってどんなとき?購入する背景は様々だし、金額もピンキリ。富裕層とそうでない人で感覚の違いもある。中目黒高架下の並びにあるギャラリーで、...
食生活や運動がより長く生きるために不可欠なのは、もはや当たり前のことになっています。ここでは、100歳まで生きるために必要なことを紹介している「AsapS...
Long-Bin Chenさんは、20年以上も古本と向き合って、アートを作り続けてきたのだとか。いろいろなスタイルに挑戦するも、結果はまずまずといったとこ...
あなたはプレゼンを終えた時、大成功だったと思うことが多いですか?それとも「違うことをやればよかった、言えばよかった」と後悔することが多いですか?後者の場合...
地位が高いわけでもなく、経験や知識があるわけでもないのに、自分で勘違いして他者への優位を示そうとする人がいます。つまりは「上から目線」ということですが、そ...