「海」といえば原宿! は今週まで

5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、今週末は原宿に行ってみて。

というのも、GALLERY TARGETで、フランス出身のイラストレーター、ジャン・ジュリアンさんが、日本初の個展を開催中。過去に、スマホ中毒やSNS依存といったモチーフの風刺イラストが話題になりましたが、今回のテーマは海。とってもリラックスした雰囲気でグッドです。

ジャンにそう伝えたら、うんうん、今回はそうなんだよ、と頷いてました。期間は今週の土曜日までなのでお早めに。

© 2018 小川真吾
© 2018 小川真吾
© 2018 小川真吾

「世界中のどこにいても海は同じに感じる、自分の故郷を思い出させる旅の友みたいに。この展示は変わりゆくようで、変わらない海の対比性を表現している」

──GALLERY TARGET「同じ海」by Jean Jullienより

もともと海は大好きなんだけど、作品を見てみょ〜にしっくりきた印象が。描かれている人々や風景の、のんびりした感じが居心地良いと言いますか。

展覧会の名前は同じ海。ジャンは海を見て故郷を思い出すそうです。この絵には、彼が生まれ育ったフランス、今住んでいるイギリス、幼少期から影響を受けていた日本の共通点が描かれています。そこには彼が過去に体験した思い出も。

作品を見ながら、去年までを思い出したり、今年はどうなるかな〜ってぼんやり考えたり。大体いつの間にか始まってて、あっという間に終わっちゃうんですよね。

「同じ海」by Jean Jullien

5月12日(土)- 26日(土)

この度GALLERY TARGETでは、フランス出身、ロンドン在住で国際的に活躍するアーティスト、ジャン・ジュリアンによる日本で初の個展を行います。何気無い毎日の出来事をユニークな筆使いで個性的に、面白可笑しく描くスタイルは世界中のファンを多く魅了し、今世界が最も注目するイメージメーカーの1人として認識されています。幼少期から日本文化への関心も深く、アーティスト活動において日本から受けた影響は計り知れない彼にとって、今回の個展は感慨深いものになっております。

個展のタイトル『同じ海』から分かるように今回の展示は、彼の生まれ育った海沿いの町ナントの海、彼が今住んでいる海に囲まれた島国『イギリス』、そして日本という島国の共通点を通し、繋げていく過程をオマージュした内容になっています。ジャン・ジュリアンは「世界中のどこにいても海は同じに感じる、自分の故郷を思い出させる旅の友みたいに。この展示は変わりゆくようで、変わらない海の対比性を表現している」と語っています。彼の壮大なる海にまつわる体験や思い出を詰め込んだ作品をオリジナルドローイングとペインティングにより構成。期間中は、今回の個展の為に特別に製作をした様々なコラボレーション商品も展示予定です。

Top Photo©2018 小川真吾
Licensed material used with permission by GALLERY TARGET, Jean Jullien Studio

関連する記事

写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
『Sigalit Landau SALT YEARS』の本で紹介される写真がおもしろい。死海でこれでもかというほど“塩漬け”された物が写っています。死海の...
スピリッツにソーダ、そしてレモンを絞る。今までのサワーから一歩進んだ、フレッシュフルーツにこだわりをもつ「Sour」。2016年に京都でオープンしたサワー...
充電せずにマスクを除菌してくれるマスクケースとマスクのセット「iLe INSTマスク」が「Makuake」に登場。
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
ゴールデンウィークの東京・原宿に期間限定で「釣り具屋」がオープン! 人気ブランド「 CHALLENGER」がバスフィッシングにフォーカスした理由とは?
サンフランシスコ発、世界一履き心地がいいスニーカー「allbirds(オールバーズ)」原宿を動画で紹介。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
AIライティングレコーダー「VOITER」は、最大集音距離10mの2つのマイクと、360度から集音できる6つのマイクを搭載し正確な録音を実現。またネットワ...
ロシア人アーティストAlex Shtanukさんは、巨大な“銀の海”を出現させるためにIndiegogoでクラウドファンディング中です。
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
「HELLY HANSEN」より、海から山までマルチパーパスに使える防水透湿ウェアが登場。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
原宿・キャットストリートの近くに9月にオープンしたばかりの讃岐うどん専門店「麺散」の仕掛け人に聞いたお店と料理に込めたこだわりの数々!
ノルウェーの建築事務所「Snøhetta」が手掛けた東京初のレストラン「Tokyo Burnside」が、原宿にオープン。タッグを組んだのは、ニューヨーク...
手作りパイと自家焙煎のコーヒーが魅力ウッドデッキに囲まれた原宿のパイ専門店THE DECK COFFEE & PIE〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ...
人が多い夏場のビーチではまだ新型コロナウイルス(COVID-19)の感染リスクが気になるところ。そんな問題を解決するクリエイティブなアイテムを紹介。
WEBサイト『海の見える駅』制作者で、これまで全国各地300駅近くの「海の見える駅」を訪れてきた村松 拓さん(インタビューはこちら)。前回は、村松さんおす...
原宿に移動式キッチンカー「JD SERVICE」がオープンし、原宿フリークをざわつかせるフードが登場。濃厚なチーズと絡む旨みたっぷりな肉と、サクッとした歯...
食の複合施設「JINGUMAE COMICHI(じんぐうまえ こみち)」が東京・原宿に9月11日よりオープン。
NYで話題、くるくるロールアイスが日本上陸ROLL ICE CREAM FACTORY〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目28-12 ジャスト原宿...
『海の見える駅』というWEBサイトをご存知だろうか。全国各地、厳選された『海の見える駅』を掲載しているこのWEBサイト。運営しているのは、村松 拓さんとい...
花とゾンビをテーマにしたアート展「FLOWER ZOMBIE(フラワーゾンビ)」が原宿「Joint Gallery」にて、10月24日〜27日の4日間限定...
原宿のランドマークとして親しまれた「JR原宿駅」が、2020年の東京オリンピック・パラリンピック後に解体されることが決定した。
原宿駅前プロジェクトは、未来を紡ぐ“たまり場”として名称を「WITH HARAJUKU」に決定。ライフスタイル雑貨、スポーツ、アパレル、コスメなどの路面店...
メニューはエスプレッソドリンクのみあの人気カフェが黒を基調にした2号店を原宿にオープンCHOP COFFEE CAT STREET〒150-0001 東京...
ハワイで8年連続人気No.1を獲得原宿に上陸したオアフ島生まれのサラダ専門店ALOHA SALADS〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目31-5h...