世界で最後の一人と呼ばれた彫り師が「1000年の思い」を肌に刻む

かつて、戦士たちの誇りと女性の美しさの証となった伝統的なタトゥーが、1000年以上も前からフィリピンで守られてきた。

はるか昔から続く伝統文化を引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。彼女は、なんと100歳になる世界最年長の彫り師であり、カリンガ族のタトゥーを刻む最後の人間として注目されてきた女性なのだ。

肌だけではなく、「魂」に刻む

Image byFoster Visuals,

カリンガ族で彫り師はMambabatokと呼ばれる。数年前までWhangさんが最後のMambabatokになるのではと言われていたが、親類の孫娘が後継者に選ばれ、現在は師匠として技術を伝授しているそう。

長年に渡り伝統を守ってきた彼女のタトゥーを入れるため、毎日のように世界中の人々が村を訪れているという。たとえ次の世代に引き継いでも、彼女と先代たちが彫った多くの証はなくなることなく、これからも「魂」に刻まれ続けるのだろう。

幼い頃からタトゥーを彫り続けたWhangさんは、フィリピン政府から人間国宝の称号を贈られた。

大自然の中にある小さな村で伝統を守り続ける彼女の姿を、下の動画から見ることができる。

Licensed material used with permission by Brent Foster, (Instagram)
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
アメリカ・ポートランドを拠点にしている彫り師Kayla Newellさんによる作品です。昼と夜でデザインが変わるのがポイントです。
Ryan Kellyは、過去に自傷行為をした時の傷跡を隠したいという人のために、無償でタトゥーを彫っている。「Scars Behind Beauty」とい...
刺青の場所と図柄だけを見て、6人のうちの誰がその持ち主かを当てていくクイズゲーム。これがなかなか難しい。それぞれの刺青には、親友や家族との思い出やその人の...
ニューヨークのユニオンスクエア付近にある「Blue Stripes Cacao Shop(ブルー・ストライプス・カカオ・ショップ)」。チョコレートラバーも...
モルディブ・マレ国際空港の近くであるフルマーレというエリアに、スマートシティ「Ocean’s Heaven」は建設予定です。
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
スマホに保存したり、財布の中にしまっていたり、自分にとっての大切な写真は常に持ち歩きたい。そうすることで、いつも大好きな人たちとの思い出にひたることができ...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
2018年8月31日より国内90本限定で発売されていた「TID Canvas 002(ティッド キャンバス 002)」の紹介です。
Daniil Istominさんはハサミではなく「斧」で髪を切る……いや、“ぶった斬る”美容師です。
コントローラー型のタトゥーを読み込むと、『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』のプレイ画面が表示されます。赤いボタンを押せばキャラクターがジャンプ!
モスクワのタトゥー・アーティスト、Roman Melnicovさんによる、緻密で美しい煙のタトゥー。
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
ヴァージン・クルーゼズ(Virgin Voyages)がタトゥーにフィーチャーしたクルーズを出港させるようです。ちなみに業界初のサービス!
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
「Trace Face」は、愛知県瀬戸市の陶磁器メーカー、エムエムヨシハシの職人が作る手彫り型で作ったもの。堅いイメージのある陶磁器に、柔らかい雰囲気の手...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...
メンバーが1,000人いるバンドって!?
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...