人間のための「巣」をつくり続けて40余年。

「なんで巣が好きか?さぁ、気づいた時には好きだった。鳥の巣を見つけると、なんだかハッピーになるだろう。そんな感じさ」。

“人間の巣”をつくり続ける職人、Jayson Fann

制作へと突き動かすのは、いつでもシンプルな「好き」らしい。その衝動を抑えきれなくなったのは、小学生のとき。

クローゼットの扉を全部取り外して、ふかふかの布団を敷き詰め、巣に見立てて寝床にした。それだけじゃ満足できなくなり、家のありとあらゆるモノを使っては、鳥の巣を再現することに夢中になっていた。

美術や音楽といったアート志向の強い両親のもとで育ったわけでもない、けれど巣を見た時から、彼の人生は一転してしまったワケだ。

胸いっぱいの「好き」を
ただ抱いて生きる。

風を感じて、光を浴びて、「巣の中にいると魂が蘇ってくる」。そう語る彼の作品は、いつからかアートとしても、遊び場としても、広く注目されるようになっていた。

彼の“至福スペース”はオーダーされるようになり、これまでアメリカ国内でつくってきた巣の数は、じつに50以上。カリフォルニア州には『Big Sur Spirit Garden』と呼ばれる、彼のつくった様々な巣が販売されている場所もある。

使っている木材は、すべてユーカリの木。成長速度が早く、増えすぎてしまわないように、カリフォルニア沿岸の自生しているものを伐採してきている。

これをカットして形を整え、パズルのように組み立ててひとつの巣をつくりあげていくそうだ。製作にかかる時間は約1ヶ月。時には先生になりながら、子ども達と一緒に自然学習を行なっている。

気づいたら、仕事になってたんだよ(笑)。

好きだけでは食べていけない。というセリフをよく聞くけれど、本気で“遊び”を極めたら、仕事に変わっていくものだ。

今や「巣の職人」として名を轟かせ、彼の生き方や哲学は、人の心を育み続けている。

Licensed material used with permission by Jayson Fann
他の記事を見る
これを見てパッと思い出したのは、2008年北京五輪の際に話題を呼んだメインスタジアム、通称「鳥の巣」。あの巨大な建築物を、かな〜〜〜りコンパクトに、そして...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
夢に蜘蛛が出てくると、凶夢と解説をしているケースもありますが、実際には夢の中にいるあなたの印象によって、吉夢・凶夢に分かれることをご存知でしょうか。現実の...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。
ある日、62歳になる父が、昔アメリカの西海岸へ1年間旅をしたときの写真を見せてくれた。押入れの奥から取り出された写真アルバムのなかには、今まで知らなかった...
アメリカ・カルフォルニア州のロングビーチにある「クイーン・メリー号」は、“地球上で最もお化けが出る場所トップ10”に選ばれている幽霊船です。実際に幽霊を見...
男女平等の権利を訴える活動は、いま世界各国で行われています。アメリカの独立記念日に際して行われたキャンペーン「#PasstheERA」では、デザイン業界・...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
多くの人にとって、20代、30代の頃の悩みのひとつに、「上司との関係」が挙げられるのではないでしょうか。ただし、それだけに限らず、「人間関係」はしばしば悩...
奇妙な形に刈り込まれた植木の数々。
2017年9月に論文を公表したのは、カルフォルニア大学のAlan S.Cowenさん。神経科学の分野で、機械学習を学んでいる大学院生だ。彼によると、人間の...
韓国の英字新聞「The Korea Times」の記事によれば、同国にあるアメリカ大使館は、1980年から現在までの約40年間、賃料を払っていないとのこと。
ヨーグルトドレッシングがかかった赤玉ねぎとビーツは、太陽の光が当たると宝石のようにキラキラ光るから、公園でのピクニックにぴったり。
これまでにも、さまざまな国の変わったお家や意外な場所にある建物を見てきた。例えば、巨大な岩の上や断崖絶壁に建てられたもの。でもそのほとんどは、何か硬いもの...
1985年に福岡で創業し、現在は世界12の国や地域に展開するラーメンのグローバルブランド『一風堂』。彼らが大切にしているのは「変わらないために変わり続ける...
アメリカ五大湖のうちのひとつであるエリー湖に、人間と同じような権利が与えられることになりました。
ここで紹介するのは、2017年にオランダのコメディー番組が制作した風刺動画。極端な論調ではありますが、厳しく銃規制がされている日本に暮らす人が見たら、ナレ...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
30代後半〜40代前半の男性を「40男」と定義付け、「彼らはある問題を抱えている」と語るのは男性学の第一人者、田中俊之さん。ここでは田中さんの著書『〈40...
「40男には、現実を直視できていない人が多い」と明言するのは、男性学の第一人者である田中俊之さん。ここでは彼の著書『〈40男〉はなぜ嫌われるのか』より、世...