同じ格好をして撮った!「スリ族のポートレート」を一挙公開

ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(TBS系列)に出演したことで、知っている人も多いかもしれませんが、まずはそのプロフィールを写真集の撮影後記からおさらいしておきましょう。

将来の夢は
「マサイ族の戦士」だった!?

suri_001幼少時からアフリカとマサイ族の戦士に憧れ「大きくなったら肌の色を白・黄・黒から選べる」と信じてたそうで、10歳の時に現実に挫折(!?)。23歳の時にシャイな性格ながら一念発起し、英語も話せないままアフリカへ。

そこで少数民族と呼ばれる人たちと出会い「このカッコいい彼らのことを私が伝えなきゃ!」と、カメラを手に。

少数民族と仲良くするために
脱いだ!

suri_003しかし、少数民族の多くはプライドが高く、気難しかったそうで、彼らと仲良くなるためにヨシダ氏は「同じごはんを食べて、同じ格好になる」というコミュニケーションを選択。

着ている洋服を脱ぎ、彼らと同じ衣装を身につけることで、友達や家族のように接してもらうことに成功したそうです。

ここからは、ヨシダ氏が「同じ地球上に、こんな妖精のような人たちがいるのか」と両目をひん剥いたという、エチオピア南西部に暮らすスリ族の写真を!

suri_007suri_006suri_017suri_025suri_014suri_018suri_032suri_019suri_029suri_021suri_034suri_004suri_023suri_026suri_033suri_027suri_016suri_031suri_024suri_035suri_010suri_011suri_012最後も、写真集『SURI COLLECTION』撮影後記からの抜粋を。

「ファッションは自分の心を表現するための楽しいモノ。私自身がそんな彼らの姿を目の前にした時の形容できない浮遊感をこの作品集を通して、皆さんにも味わっていただきたいそして貧困、紛争、HIVという話題だけでない『アフリカ』に興味を持ってもらえたら、うれしゅうございます」

 


All photo by ヨシダナギ
Licensed material used with permission by いろは出版

 

あの頃の「憧れ」は、今も変わらないまま。
フォトグラファーのOmar Redaは、中央アジアに位置するキルギス族の笑顔と輝く瞳に魅了されました。世界中の人々の顔を撮影しながら旅をしていましたが、秘...
「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
パリ拠点のファッションブランド「CELINE」のデザイナーを務めるエディ・スリマン撮影による、TikTokスターのノエン・ユーバンクスをモデルとした新ポー...
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
フォトグラファーLéon Hendrickxさんがおこなっているプロジェクト『KINGS&QUEENS』。ドラァグクイーンのポートレートからは、「自分の道...
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
クラフト・ハインツの「Mayochup」が、アメリカに続いてカナダにも登場。でも、一部の人たちの間で“笑われ者”になっているのだとか……。というのも、商品...
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
ボツワナの都市ではなく、郊外に暮らす人々のライフスタイルにフォーカスするフォトグラファーLetso Leipegoさんの写真を紹介。
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
1000年以上も前から続く伝統的なタトゥーを引き継ぐのは、カリンガ州にあるブスカラン村に住むWhang Odさん。100歳になる世界最年長の彫り師であり、...
「スマスイ」の愛称で親しまれている兵庫県の須磨海浜水族園では、キモチ悪いけれどもどこかかわいい「キモかわ」な生きものを集めた企画展「キモかわ展」を11月7...
「東京国立博物館」の一部をCGで再現したバーチャルミュージアム「バーチャルトーハク」が来月19日(土)からのスタート。
新型コロナウイルスやインフルエンザはもちろんですが、今年は同時に、見分けのつきにくい「風邪」にも気をつけなければなりません。「風邪にかからないためにできる...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
画家ゴーギャンが「古城のよう」と表現したことで知られるポリネシア、モーレア島を拠点に活動する写真家夫婦ヴィルジニさんとサミュエルさんは、10年ものあいだポ...
この写真、点描画にも似ているんですが、なんかひと昔前のテレビを切り取ったような感じで、味わい深いんです。
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
2019年10月、ルワンダで史上初となる「完全アフリカ製」のスマホ「Mara Phone」がリリース。
「Y-3」が今月上旬から2020年春夏コレクションの第1弾「Craft」を順次展開中。注目は“暴走族”から着想を得た刺繍Tシャツやボンバージャケットだ。