彼らは、ずっとわたしの「ヒーロー」です

 

「自分にとってのヒーロー」と聞いて、誰が思い浮かびますか?

まさにそう呼ばれる、幼い頃に憧れたテレビの中の人たちでもいいですし、たとえば、いつでも自分を奮い立たせる言葉をくれた人、自分にとってはまぶしいほどの光を放っている人。自分の人生を「よいほうへ」と、大きく変えてくれた人。

彼女にとっての「ヒーロー」は


5歳の頃、アフリカ人へ強烈な憧れを抱き「いつか自分も彼らのような姿に」と夢見ていたというフォトグラファーのヨシダナギさん。大人になり単身アフリカへ渡ると、エチオピアをはじめとする世界中の少数民族を撮影し、発表してきました。

 

 

発売中の『HEROES』(ライツ社)は、あの頃の「憧れ」に、今もなお胸を熱くする彼女によるベスト作品集。2冊目にしてベストと言い切られた本作の序文には、自らにとっての「ヒーロー」と称する被写体について、そして彼らを写すことについて、このように書いています。

太古のままの生活を営むもの、観光資源としてその姿や様式をかろうじて維持しているもの、そのすべてがこの時代に生まれてきた私にとっては愛おしく、幼少の頃より心を深くとらえて離すことはありません。


この世界で奇跡的に現存する雄大で勇ましく、凛々しくも美しいHEROたちの姿を皆さまにも少しだけご紹介できたら幸いです。


(『HEROES』序文より抜粋)

 

「青の民」と呼ばれる遊牧民族「トゥアレグ族」(アルジェリア)

妖精のようにファッショナブルな民族「スリ族」(エチオピア)

1974年に外部と初接触をした謎多き民族「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)

重厚な仮面をつける神秘の民族「マッドマン」(パプアニューギニア)

世界でもっとも有名な戦士「マサイ族」(ケニアおよびタンザニア)

 

「ヒーロー」とは、もしかすると、自分には永遠に手の届かない存在かもしれません。それでも触れてみたくて追い続けるうちに、想像もし得なかった場所へと自分を連れていってくれる。そんなこともあるようです。

ヨシダナギさんが辿りついた、彼らが生きる場所。彼女だけがとらえることのできたヒーローの横顔。ひとりでも多くの人にページをめくってみてほしい作品集です。

All photo by ヨシダナギ
Licensed material used with permission by ライツ社

ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
モデルの鈴木えみさんのほか、「幸也飯」で話題になった料理研究家・寺井幸也さんのケータリングや、生演奏も。
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
1982年から建築写真家として活躍しているREINHARD GÖRNERさんは、図書館の空間美を紹介しているフォトグラファー。彼の写真は、図書館に興味がな...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。出産の壮絶さをストレートに表現した一冊です。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
12月1日〜25日の間、『FANZA(ファンザ)』が特別企画『TOKYO・LOVE・TREE』を実施します。「一緒に見るだけでお互いに惹かれ合う」をコンセ...
集合としての「強さ」と「美しさ」。
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...