彼らは、ずっとわたしの「ヒーロー」です

 

「自分にとってのヒーロー」と聞いて、誰が思い浮かびますか?

まさにそう呼ばれる、幼い頃に憧れたテレビの中の人たちでもいいですし、たとえば、いつでも自分を奮い立たせる言葉をくれた人、自分にとってはまぶしいほどの光を放っている人。自分の人生を「よいほうへ」と、大きく変えてくれた人。

彼女にとっての「ヒーロー」は


5歳の頃、アフリカ人へ強烈な憧れを抱き「いつか自分も彼らのような姿に」と夢見ていたというフォトグラファーのヨシダナギさん。大人になり単身アフリカへ渡ると、エチオピアをはじめとする世界中の少数民族を撮影し、発表してきました。

 

 

発売中の『HEROES』(ライツ社)は、あの頃の「憧れ」に、今もなお胸を熱くする彼女によるベスト作品集。2冊目にしてベストと言い切られた本作の序文には、自らにとっての「ヒーロー」と称する被写体について、そして彼らを写すことについて、このように書いています。

太古のままの生活を営むもの、観光資源としてその姿や様式をかろうじて維持しているもの、そのすべてがこの時代に生まれてきた私にとっては愛おしく、幼少の頃より心を深くとらえて離すことはありません。


この世界で奇跡的に現存する雄大で勇ましく、凛々しくも美しいHEROたちの姿を皆さまにも少しだけご紹介できたら幸いです。


(『HEROES』序文より抜粋)

 

「青の民」と呼ばれる遊牧民族「トゥアレグ族」(アルジェリア)

妖精のようにファッショナブルな民族「スリ族」(エチオピア)

1974年に外部と初接触をした謎多き民族「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)

重厚な仮面をつける神秘の民族「マッドマン」(パプアニューギニア)

世界でもっとも有名な戦士「マサイ族」(ケニアおよびタンザニア)

 

「ヒーロー」とは、もしかすると、自分には永遠に手の届かない存在かもしれません。それでも触れてみたくて追い続けるうちに、想像もし得なかった場所へと自分を連れていってくれる。そんなこともあるようです。

ヨシダナギさんが辿りついた、彼らが生きる場所。彼女だけがとらえることのできたヒーローの横顔。ひとりでも多くの人にページをめくってみてほしい作品集です。

All photo by ヨシダナギ
Licensed material used with permission by ライツ社

関連する記事

「自分とちがう人ほど、おもしろい。かっこいい。」。そんな想いをずっと心のなかに持ち続け、これまで世界中の少数民族を撮り続けてきたヨシダナギ氏。彼女の審美眼...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
裕福なイギリスの家族が、自分たちの専用フォトグラファーを募集中。仕事内容は、旅行に付き添いひたすら彼らの「思い出写真」を撮るというもの!旅費はすべて負担さ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
世界各地の廃墟となっている城・教会・修道院等の美しい遺構の写真集が発売。世界遺産に登録されているスケールの大きな歴史的な遺構から、どのような経緯で打ち捨て...
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
フォトグラファーPascal Mannaertsさんは、10年間にわたり世界中を旅して、「朝8時の写真」を撮影し続けました。朝8時だけでこんなにも多様性が...
自分で焼いてつくる、BBQ専用おせんべい「Baker」
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」の重版が決定!著者にお話を聞いた。
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の世界感を直接体感できるイベント「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が、2021年も日本各地で開催される。
アメリカ合衆国の北フィラデルフィアのに位置する、ケンジントン。そこは、バッドランドとも呼ばれ、薬物中毒者が集まる場所。あまり口にされることのない、闇に包ま...
フォトグラファーのMatthieu Bühlerさんの被写体は母と子。
新型コロナウイルスと戦う医療従事者たちへの支援として、ロンドンの大手ブルワリー「CAMDENTOWN BREWERY」がオリジナルビールを「ヒーローのため...
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
ひっそりとロシアの北西部で開催されている「Until The Ice Melts」という写真展。ま、目立たないのも無理はありません。写真を鑑賞できるのは分...
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。出産の壮絶さをストレートに表現した一冊です。
ミックさんは外国人ではなく、日本人のフォトグラファー。四十路の関西人だ。
ヨーロッパの廃墟に放置されたピアノを探す、フォトグラファーでありピアニストのRomain Thieryさん。廃墟と壊れたピアノが作り出す、独特の世界観をどうぞ。
集合としての「強さ」と「美しさ」。
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
とってもめんどくさくって、つらい。痛くて動けないことだってあるし、オンナをやめたいと思うことだってある。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。