彼らは、ずっとわたしの「ヒーロー」です

 

「自分にとってのヒーロー」と聞いて、誰が思い浮かびますか?

まさにそう呼ばれる、幼い頃に憧れたテレビの中の人たちでもいいですし、たとえば、いつでも自分を奮い立たせる言葉をくれた人、自分にとってはまぶしいほどの光を放っている人。自分の人生を「よいほうへ」と、大きく変えてくれた人。

彼女にとっての「ヒーロー」は


5歳の頃、アフリカ人へ強烈な憧れを抱き「いつか自分も彼らのような姿に」と夢見ていたというフォトグラファーのヨシダナギさん。大人になり単身アフリカへ渡ると、エチオピアをはじめとする世界中の少数民族を撮影し、発表してきました。

 

4850346597810176

 

発売中の『HEROES』(ライツ社)は、あの頃の「憧れ」に、今もなお胸を熱くする彼女によるベスト作品集。2冊目にしてベストと言い切られた本作の序文には、自らにとっての「ヒーロー」と称する被写体について、そして彼らを写すことについて、このように書いています。

太古のままの生活を営むもの、観光資源としてその姿や様式をかろうじて維持しているもの、そのすべてがこの時代に生まれてきた私にとっては愛おしく、幼少の頃より心を深くとらえて離すことはありません。


この世界で奇跡的に現存する雄大で勇ましく、凛々しくも美しいHEROたちの姿を皆さまにも少しだけご紹介できたら幸いです。


(『HEROES』序文より抜粋)

 

5269725189767168

「青の民」と呼ばれる遊牧民族「トゥアレグ族」(アルジェリア)

4783436644483072

妖精のようにファッショナブルな民族「スリ族」(エチオピア)

5811602154586112

1974年に外部と初接触をした謎多き民族「エナウェネ・ナウェ族」(アマゾン)

5900761917554688

重厚な仮面をつける神秘の民族「マッドマン」(パプアニューギニア)

5410039892279296

世界でもっとも有名な戦士「マサイ族」(ケニアおよびタンザニア)

 

「ヒーロー」とは、もしかすると、自分には永遠に手の届かない存在かもしれません。それでも触れてみたくて追い続けるうちに、想像もし得なかった場所へと自分を連れていってくれる。そんなこともあるようです。

ヨシダナギさんが辿りついた、彼らが生きる場所。彼女だけがとらえることのできたヒーローの横顔。ひとりでも多くの人にページをめくってみてほしい作品集です。

紀伊國屋書店 新宿本店にて、
出版記念講演会も開催


5月21日(月)には、東京・紀伊國屋ホール(紀伊國屋書店 新宿本店4F)にて『HEROES』出版記念講演会を開催。ヨシダナギさんご本人が、現地で体験したエピソードや、少数民族撮影の裏話の数々を携えて登壇。講演終了後には、サイン会もあるそうですよ。

 

イベント情報
『「HEROES」刊行記念 ヨシダナギ講演会「ヨシダ、紀伊国屋ホールに立つ」』
日時:5月21日(月)19:00 開演(18:30 開場)
場所:紀伊國屋ホール (紀伊國屋書店新宿本店4F)
入場料金:2,160円(全席指定)
チケット取り扱い情報:下記にて発売中。
〈店頭販売〉キノチケットカウンター (新宿本店5階/店頭販売 受付時間10:00~18:30)
〈オンライン〉キノチケオンライン
(24時間受付)
問い合わせ:紀伊國屋ホール 03-3354-0141(営業時間 10:00-18:30)

All photo by ヨシダナギ
Licensed material used with permission by ライツ社

ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
フォトグラファーのJosh Rossiさんは、心臓病やガンなどの病気と戦っている子どもたちをスーパーヒーローに変身させ、写真を撮っています。なぜなら彼らこ...
本書のテーマは「さらけ出すこと」だという。
ケース内に収納された真空ガラス管に食材を入れて太陽の熱を集め、火が通るのを待つだけ。アウトドアファンが待ち望んだ自然派クッカー「GoSun」に新シリーズ登場。
「人間を超越した美しさ」と賞賛されるロシア人ドールアーティストによる作品です。
世界各国の若者の部屋を6年間にわたり撮影。フランス、スイスなど世界各国で続々出版。「ナショナルジオグラフィック・ポーランド」が絶賛し、いま、全世界で話題沸...
ランドスケープフォトグラファーLudwig Favreさんによる、カリフォルニアに行きたくなる写真集『CALIFORNIA』。
フォトグラファーのヨシダナギさんがNAKEDとともにつくりだした空間は、彼女がアフリカで見た景色や人、動物を音や映像などで表現している。西武渋谷店A館で、...
夫にすがりついて陣痛に耐える女性の背中、メスで切開される膣、膣から頭をのぞかせる嬰児。出産の壮絶さをストレートに表現した一冊です。
アムステルダムを拠点に活動するフォトグラファー・Patrick Mordiさんは、ある日写真を撮ることへの情熱を失い、その楽しさを思い出せない日々を送って...
「この前、帰りが遅かったでしょ?」「バスケの試合は残念だったね?」見ず知らずの人にプライベートな質問を浴びせられ、戸惑い怖がる子どもたち。でもこれ、実は……。
集合としての「強さ」と「美しさ」。
フォトグラファーPhillip Haumesserさんは、使い古された「Canon EOS Rebel T2i」と「PENTAX 50mm f1.7」を、...
発売後間もなくして完売した「初のジャパニーズヒップホップ写真集」が重版決定!著者にお話を聞いた。
62羽の、イケメン鶏だけを撮影した結果。新たな世界の扉、開かれる。
2014年、これまでとは全く異なるヒーローが誕生していたことに、気づいていただろうか。それは、人工知能が搭載されているキャラクター、ベイマックスのことだ。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
子どもができたら毎日がお祭り騒ぎ。ここで紹介するのは、そんな妊娠中や子育て中の女性に起こりうる、生々しい瞬間を表現した写真集です。決して脅かすわけではあり...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
Nancy Borowickさんの両親は同時にガンを患った。すでに離れた臓器にも転移が進行しているステージ4の状態。写真家であった彼女は二人が亡くなるまで...
写真を撮ることにした。
ひたすらに純粋無垢。ファンタジー溢れる。ピュアで胸キュン。これらの写真の良さは色々な言葉で表現できます。が、正直言うと、あえて説明する必要もない気がしてい...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...