「資生堂」の手荒れに配慮した「消毒液」が一般販売を開始!

以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般販売がついに決定。8月上旬より販売を開始する。

この製品は、消毒による「手荒れ」の不安を解消すべく、化粧品会社の知見技術、そして設備を総動員して作られた消毒液。今年4月より医療機関向けに提供を開始が開始されたが、一般への販売が期待されていた話題の製品だ。

このたびの一般発売では、要望が多かった東京都の店舗から展開を開始。市場環境を考慮して販売エリアを拡大していく予定とのこと。

長年にわたってメイクやスキンケアのシーンを牽引してきたリーディングカンパニーによる消毒液がついに家庭に!毎日の消毒に「手荒れ」の心配がなくなるのは大変嬉しいことだ。

資生堂 消毒液 手荒れ
©資生堂
Top image: © 資生堂
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

「資生堂」は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向け、手荒れに配慮した消毒液の生産を開始。今後は月20万本を生産し、医療機関を中心に提供予定とのこと。
肌を清潔に保ちつつ、潤いも与えてくれる癒しのアロマミストを紹介。
クラウドファンディングで販売中の「SprayCare」は、接触せずに消毒できるウェアラブブルサニタイザー。手首から噴射する様子はスパイダーマンのよう。
日本生まれのコスメティックブランド「SHIRO(シロ)」から、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能なハンドケアアイテムが登場。消毒...
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
新型コロナウイルス感染防止対策で手指消毒用エタノールの供給が不足しているなか、高まる高濃度アルコール需要に対応するため、「菊水酒造」(高知県安芸市)が高濃...
手洗い、消毒の機会が増え、手荒れに悩む人が増えている昨今。ちょっとしたプレゼントとして活躍するのがハンドクリームだ。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...