「資生堂」の手荒れに配慮した「消毒液」が一般販売を開始!

以前、「TABI LABO」でも紹介した「資生堂」「手指消毒液(指定医薬部外品)」の一般販売がついに決定。8月上旬より販売を開始する。

この製品は、消毒による「手荒れ」の不安を解消すべく、化粧品会社の知見技術、そして設備を総動員して作られた消毒液。今年4月より医療機関向けに提供を開始が開始されたが、一般への販売が期待されていた話題の製品だ。

このたびの一般発売では、要望が多かった東京都の店舗から展開を開始。市場環境を考慮して販売エリアを拡大していく予定とのこと。

長年にわたってメイクやスキンケアのシーンを牽引してきたリーディングカンパニーによる消毒液がついに家庭に!毎日の消毒に「手荒れ」の心配がなくなるのは大変嬉しいことだ。

資生堂 消毒液 手荒れ
©資生堂
Top image: © 資生堂
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「資生堂」は、新型コロナウイルス感染拡大の抑制に向け、手荒れに配慮した消毒液の生産を開始。今後は月20万本を生産し、医療機関を中心に提供予定とのこと。
日本生まれのコスメティックブランド「SHIRO(シロ)」から、消毒用エタノールの代替品として、手指消毒に使用することが可能なハンドケアアイテムが登場。消毒...
新型コロナウイルス感染防止対策で手指消毒用エタノールの供給が不足しているなか、高まる高濃度アルコール需要に対応するため、「菊水酒造」(高知県安芸市)が高濃...
ニューヨークに本社を構えるスタートアップ企業「Air Co.」。空気中から二酸化炭素を抽出し、水と混合してウォッカを生成する同社が、すべてエタノールに切り...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
「hinoki LAB」から、除菌対策をしながらヒノキの香りを楽しめるアロマミスト「hinokiLABサニタリーアロマミスト」。手指にもマスクにも使えて、...
皮膚疾患用に医薬品を製造する「ゾンネボード製薬」より、肌に優しく、シーンや使い心地に合わせて選べる消毒スプレー「YASIORI」が新発売。PCやスマホを触...
まるで第3の皮膚で膜を張ったように手肌を保護してくれるうえ、保湿成分で潤いを保ち続けてくれるハンドクリーム「Hands A P.P.」。手荒れに悩まされて...
決して、とんでもない“ダメージ”をくらうわけではありません。が、地味にテンションが下がる「液だれ」。テーブルは汚れるし、なんだか次に使う人に対しても申し訳...
「niko and ...」から初のコスメラインが登場。服に合わせてメイクも変えられるミニマルサイズなら、毎日のオシャレがもっと楽しくなりそう!
コレクターが多い資生堂パーラーの洋菓子シリーズは、プレゼントを選びに銀座へ足を運ぶことも含めて、楽しい贈りものです。
「NEAL'S YARD REMEDIES(ニールズヤード  レメディーズ)」から、エタノールの代わりに手指の消毒に使用することができるハンドスプレー「ハ...
「香港国際空港」は、世界初となる全自動消毒ブース「CLean Tech」を導入。たった40秒ほどで消毒・除菌することができる。また、公共エリアを消毒・抗菌...
感染予防にはモノと手の衛生を「長時間持続」させることが重要。そこでおすすめは、48時間効果が持続する「手」の抗菌化が可能なハンドフォーム「EZ BARRI...
オーガニックエタノールを製造するメーカー「ファーメンステーション」から、美容成分が配合されたアルコールハンドスプレーが10月1日より登場する。
ニューヨーク市ブルックリンに拠点を置く「CLIP.BIKE Inc」が開発した「CLIP」は、どんな自転車にも電動アシスト機能を加えられるガジェット。20...
「プリングルズ」と「スーパーカップ」がコラボしたカップ焼きそばが登場。一度手を伸ばしたら止められないあの感覚が味わえるとか……。
「ふるさと納税ガイド」がまとめた「ふるさと納税でもらえるマスク・消毒剤の返礼品」。新型コロナウィルス発生やインフルエンザ流行の影響を受け、コンビニやスーパ...
「ダイドードリンコ」は、足で操作する自動販売機の実証実験を開始した。取り出し口の下にあるボタンを足で押し、商品を選択。商品取り出し口の下付近にあるレバーを...
電気も火も要らないエスプレッソマシン「ナノプレッソ」の紹介です。
イスラエルで即完売になったドリトスは、パッケージがタオル生地でできていました。食べるたびに手についた油やカスを拭けるってことです。
なんといってもこの「THE 醤油差し」を語る上で欠かせないのが、“液垂れがしない”ということ。高い技術力で蓋の部分にくぼみを作り、醤油がスゥッと戻っていきます。
新型コロナウイルスの影響で、2020年は世界的に献血が不足しているという。そこで、チェコの「赤十字社」が献血を促す啓発動画を公開