パクリ社長に「カンフー奥義」制裁!特許庁による「商標制度」PR動画が爽快すぎる

「パ……パ……パクられた!?」

「経済産業省 特許庁」が、中小企業経営者向けに商標制度の普及&啓発のための動画を制作。これが話題の「商標拳」

もちろん「商標権」にかかっているわけだけど、独自のロゴマークネーミング(いわゆる商標)を守る権利の周知に動画を用い、それもカンフー仕立てのパロディで展開するという手法がハマった秀作。

しがない零細企業の中年社長がパクった先である「模倣商事」に問いただしにいくも、悪徳商人を前に蛇に睨まれたカエル。鷹の前のスズメ。このまま悪の前に屈してしまうのか? 運命を変える「商標拳」とは?

ビジネスに携わるすべての人に役立つ拳法。
続きは動画で!

@JPO Channel / YouTube

Top image: © 株式会社カヤック
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事