「進撃しない巨人たち」は、愛に溢れていた。

巨人というのは、破壊したり、人を襲ったりするような、とにかく暴れまくる「怖いヤツら」というイメージでした。だけど、木でできた大きな彼らの表情があまりにも優しいから、見ていると心が和んでしまうんです。もちろん、進撃したりしませんしね。

6体の巨人を探しに行こう!

アーティストThomas Damboが、「Six Forgotten Giants」というプロジェクトの一環として、デンマークの郊外に巨人たちを誕生させました。

なんでも、コペンハーゲンの西部の森にはとても美しい自然が広がっているのに、人々に見過ごされているそう。だから、自分たちの暮らす土地の良さにもっと気づくことができるようにと、地元民でもあまり足を踏み入れない場所に6体の巨人を作ったのです。

小さな丘の上で、人々が訪れるのを待っているのは、「Hill Top Trine」という女性の巨人。

緑の茂る涼しい場所にいる「THOMAS ON THE MOUNTAIN」。彼と出会ったら、一緒にのんびりと過ごしてみるといいかも。

橋の一部になっている「OSCAR UNDER THE BRIDGE」。ここを渡るときは、立ち止まってゆっくり景色を楽しんでみよう。

「Little Tilde」という、小柄な巨人。彼女は、木の間から見る美しい眺めに見とれているそう。

子どもたちが出会ったのは、木のヒゲを生やす「Teddy Friendly」。湖を守るようにいつもここにいます。

「SLEEPING LOUIS」が眠るのは、見つかりにくい隠れた場所。

巨人たちはみんな、地元の廃木材で作られています。どこまでも優しい彼らと出会ったら、友達になって一人ひとりの名前を呼んでみたい。

Licensed material used with permission by Thomas Dambo, (Facebook), (Instagram)
「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニ...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
食品加工会社「ゼネラル・ミルズ」のマスコットキャラ「グリーンジャイアント」。緑の大巨人の友だち・リトルスプラウトの秘密とは?
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
コペンハーゲンを拠点とする建築事務所・EFFEKTが、高さ600mにもなる遊歩道のコンセプトデザインを発表しました。樹木で作られた螺旋階段を登れば、雄大な...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
世界的なビールブランドの発祥地、コペンハーゲンにあるインターナショナルスクール「European School Copenhagen」。この学校が建つ場所...
コペンハーゲンから約10キロのところにある街ビズオウア。ここに人工島をつくるという大規模なプロジェクトが考案されています。自然か開発、それともそこに住む人...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
イギリスのリンカン大聖堂にディスプレイされた馬の彫刻。実物大の迫力もさることながら、驚かされたのはその素材なのだ。答は、なんとA4サイズの紙なのだ!?これ...
デンマークの首都コペンハーゲンに食産業の異端児がひっそりと佇む。ヨーロッパで初めての、「ゴミ」を食材として利用するレストラン。いかにもデンマークらしい、自...
世界中でスポットライトが当てられている食料廃棄問題。デンマーク発のレストランチェーン「Sticks’n’Sushi」は、そんなムダを少しでも減らすべく、余...
コペンハーゲンに次ぐデンマーク第二の都市オーフス。風光明媚な海岸線が続くこの街で、今年、彫刻作品を展示するアートイベント「Sculpture by the...
「Mass Suit」は胴体から腕や脚へとつながる合計8本のチューブによる負荷で、全身を鍛えようというトレーニングマシンです。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
森の中に入って目をつむると、つぼみが開いていくように、感覚が研ぎ澄まされていくのが分かります。頬を撫でる風、緑のにおい、鳥の声。自然のものに触れると、ほっ...