「ノルディック式屋形船」は、短い夏をめいっぱい楽しむ北欧の知恵です

美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本でもぜったいウケる!

水上での食事を満喫したい
そこに特化したボートです

まずは一枚の写真から。ガーデンテラスで優雅にシャンパンタイム、のようにも見えますが、コレ水上に浮かぶボートでのワンシーン。こう聞くと画面奥に写るような、優雅なプレジャーボートを想像しますよね、普通は。実際はさにあらず。ただひとつの特長は、中央にでーんと配された大きなテーブルです。もちろん食事やお酒を楽しむためのもの。日本で言うところの屋台船と手漕ぎボートが一体になったような感覚。

思い思いに料理やお酒を持ち込んで、水辺を徹底的に楽しむ。これが今夏、コペンハーゲンを熱くさせているアクティビティーなんです。屋形船より、よっぽど開放感あるでしょ?

モーター付きも免許不要
運河のどこでも好きな場所へ

最大8人乗りの「GoBoat」は、いわゆる池や湖にあるタイプの貸ボートですが、こちらはソーラー発電モーターによる動力付き。とは言っても、最高時速わずかに5キロほどと超ノロノロ。そのため船舶免許も必要ないんだそう。手漕ぎの方がよっぽど早い?いいんです、だって目的はとにかく、ゆったりくつろぐことにあるんだから。

コペンハーゲン市内を南北に伸びる運河には、数カ所貸し出し用のボート乗り場があり、ある程度エリアは定められてはいるものの、広い運河をあとは好き勝手に行き来して、お気に入りの場所を見つけて停泊したり、とかなりの自由度があるのも魅力。

船上ライブもあれば
水にドボーン!もOK

「カンパーイ!」なんてやっていると、その横を何倍も大きな観光遊覧船が通ったりも。また、楽器を持ち込んでの即興生ライブが開催されたりもするようです。

もちろんお酒を飲まない人だって楽しみ方はありますよ。バルト海の玄関口にあたるコペンハーゲンは、市内を南北に川と運河が縦断する水の都。1990年代後半までは廃油や産業廃棄物に汚染されていたようですが、政府主導でクリーン大作戦が敢行され、今では水質が大幅に改善。運河には汽水域特有の魚が戻り、泳げるほどキレイなんですって。

8月の終わりごろまでは、夜9時を過ぎてもまだ明るいコペンハーゲン。観光船に乗って運河を下る定番コースよりも、地元の人たちに混じってボートディナーを楽しむ方が、よっぽど満喫できる!

Licensed material used with permission by goboat
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
デンマークを拠点とする非営利団体「GreenKayak」が提供するアクティビティ。内容は、運河や川に落ちているゴミをカヤックを漕ぎながら拾うというもの。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
スペインの「マクドナルド」は「Big Good」と名付けられた特別なハンバーガーを発表。この商品は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けた農園を支援するた...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
「新型コロナウイルスが収束したら思いっきり旅行を楽しみたい!」。そんな方にオススメしたい「ひとときパス」は、宿泊券を先払いで購入し、その後に自由に宿泊日を...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
今月、「シンガポール政府観光局」は家庭でシンガポールを楽しめる「オンラインキャンペーン」をスタート。第1弾は「食」、第2弾は「アート」、第3弾は「ショッピ...
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。