「ノルディック式屋形船」は、短い夏をめいっぱい楽しむ北欧の知恵です

美しくも短い北欧の夏。陽光の下に身をおいてこの季節を楽しむためのアクティビティが目白押しのコペンハーゲンで、新たにこんなサービスが始まりました。これ、日本でもぜったいウケる!

水上での食事を満喫したい
そこに特化したボートです

まずは一枚の写真から。ガーデンテラスで優雅にシャンパンタイム、のようにも見えますが、コレ水上に浮かぶボートでのワンシーン。こう聞くと画面奥に写るような、優雅なプレジャーボートを想像しますよね、普通は。実際はさにあらず。ただひとつの特長は、中央にでーんと配された大きなテーブルです。もちろん食事やお酒を楽しむためのもの。日本で言うところの屋台船と手漕ぎボートが一体になったような感覚。

思い思いに料理やお酒を持ち込んで、水辺を徹底的に楽しむ。これが今夏、コペンハーゲンを熱くさせているアクティビティーなんです。屋形船より、よっぽど開放感あるでしょ?

モーター付きも免許不要
運河のどこでも好きな場所へ

最大8人乗りの「GoBoat」は、いわゆる池や湖にあるタイプの貸ボートですが、こちらはソーラー発電モーターによる動力付き。とは言っても、最高時速わずかに5キロほどと超ノロノロ。そのため船舶免許も必要ないんだそう。手漕ぎの方がよっぽど早い?いいんです、だって目的はとにかく、ゆったりくつろぐことにあるんだから。

コペンハーゲン市内を南北に伸びる運河には、数カ所貸し出し用のボート乗り場があり、ある程度エリアは定められてはいるものの、広い運河をあとは好き勝手に行き来して、お気に入りの場所を見つけて停泊したり、とかなりの自由度があるのも魅力。

船上ライブもあれば
水にドボーン!もOK

「カンパーイ!」なんてやっていると、その横を何倍も大きな観光遊覧船が通ったりも。また、楽器を持ち込んでの即興生ライブが開催されたりもするようです。

もちろんお酒を飲まない人だって楽しみ方はありますよ。バルト海の玄関口にあたるコペンハーゲンは、市内を南北に川と運河が縦断する水の都。1990年代後半までは廃油や産業廃棄物に汚染されていたようですが、政府主導でクリーン大作戦が敢行され、今では水質が大幅に改善。運河には汽水域特有の魚が戻り、泳げるほどキレイなんですって。

8月の終わりごろまでは、夜9時を過ぎてもまだ明るいコペンハーゲン。観光船に乗って運河を下る定番コースよりも、地元の人たちに混じってボートディナーを楽しむ方が、よっぽど満喫できる!

Licensed material used with permission by goboat
他の記事を見る
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
コペンハーゲンには2人のアーティストによって作られた「浮いている公園」があります。都市開発と温暖化の2つの問題にアプローチしつつ、イマドキの遊び場として音...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
2月12日、フォードのヨーロッパ支社が自動運転技術を使って、寝返りが好きなだけ打てるベッドを開発しました。
〈フライング タイガー コペンハーゲン〉のフライングディスクは、北欧発らしいカラーリングと税抜き300円という価格に惹かれます。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
ここまで慎重になるべき?と思うぐらい丁寧に書かれた、カレとの初旅行で気をつけるべき9つのこと。大好きなパートナーとの胸踊るワクワク旅行が最悪な形で終わらな...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
旅行に行きたい、と言いながら早半年…。ずるずると予定を先延ばしにしたくないなら、旅行上手な友だちに頼ってしまいましょう。「Elite Daily」のKri...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
2台のボートがスタジオ代わり!?オモシロアートプロジェクトの紹介です。
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...