LUSHの新作は「ワッペン」。

〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。

アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。

“REFUGEES WELCOME”

直訳すると、“難民歓迎”となります。

このワッペンには、さまざまな理由で故郷を追われた人たちを迎え入れようというメッセージが込められていて、売上は消費税を除いて全額が〈認定NPO法人 難民支援協会(JAR)〉に寄付されるそうです。

賛否があると思います。なので、万人にオススメするつもりはありません。

ただ、難民の受け入れに関して、近年日本でも話題になることが増えてきました。そのなかで〈Lush〉というコスメブランドがこういった問題提起することは意味があると思いました。

興味がある人は、公式オンラインショップをチェック。購入できるだけでなく、ブランドのメッセージもより詳しく書かれています。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
「LUSH 原宿店」で、世界中のどの店舗でも展開のない限定商品86種を含む全110種の「バブルバー」が発売。
「LUSH」が日本の自然の恵みをふんだんに使ったクリスマスリースや正月飾りのしめ縄など、季節を彩るスワッグ4種の販売を開始。
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!