「LUSH」が“泡風呂の無限の可能性”を発信する!

来店客の声とともに商品や店舗が進化し続ける「Lush Labs」のコンセプトショップ「LUSH 原宿店」で、“泡風呂の可能性”を追求する新たな実験がスタートした。

その内容は、世界中のどの店舗でも展開のない限定商品86種を含む全110種の「バブルバー(泡風呂を作る入浴料)」の発売だ。

それぞれが独自の香り、形状を持ち、ふんわりと積み重なる泡の下に煌びやかなプラスチックフリーラメのお湯が広がるタイプや、自然由来のバターをふんだんに含んだクリーミーな泡で肌を包み込むタイプ、パフュームを纏った香り豊かなタイプなど、世代や性別を越え、好みやライフスタイルに合わせた商品選びができる。

これまで同店舗が注力していたのは「バスボム」の販売。湯船で色鮮やかに溶けるバスアートの魅力や、厳選された自然の恵みの原材料などによる心身への働きかけなど、その魅力を幅広く世界へ発信してきた。

しかし、至福のバスタイムは、決してバスボムだけが作り出すものではないのかもしれない。

LUSHは、泡風呂は子どもが楽しむもの、特別な日に使う贅沢なものといった日本人が抱くイメージを払拭し、風呂文化が根づく日本でも幅広い層の人々が楽しんで利用できるものだと信じ、このたびのアクションをとったようだ。

すでに82種が販売開始されており、残る28種は12月18日(水)発売。

© 株式会社ラッシュジャパン
Top image: © 株式会社ラッシュジャパン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「LUSH」が日本の自然の恵みをふんだんに使ったクリスマスリースや正月飾りのしめ縄など、季節を彩るスワッグ4種の販売を開始。
8月31日、「LUSH 新宿店」でスパサービスが開始。早速、新宿店限定のトリートメント「ザ エナジャイザー」を受けてきました。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
「HERMÈS」主催のスカーフデザイン国際コンペ「LE GRAND PRIX DU CARRÉ HERMÈS」の最終結果が3月1日に発表された。優勝者は日...
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
「LUSH SPA」の新トリートメント「テールズ オブ バス」が日本初上陸。バスタブを使用した、待望のフルボディトリートメントです。
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
リキッドが当たり前のマウスウォッシュ市場に、新たにタブレットタイプが登場した。見た目も色もさながらお菓子。これをひと粒口に頬張り、カミカミしながら水をふく...
香りやボトルのデザインじゃなくて、背景にあるストーリーに惹かれてパフュームを購入したのは初めてです。なんせ名前が「RENTLESS(レントレス)」です。意...
ドイツ生まれのワイヤレススピーカー「ARiNA」が販売開始。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
♨︎  ♨︎〈その5〉SABONの「Bath Form」(バブルバス)を使ってみたよ♨︎ 大人バブルのメモ ♨︎反省しています。大人バブリーな泡風呂をつく...
ラテアートのようにスキルを競い合うほど進化したカルチャーにはならないかもしれないけれど、「泡」を媒体として飲む人同士をつなぎ合わせる「ビアアート」に、“ノ...
韓国発のスキンケアシリーズ「JM solution」から、化粧水・美容液・乳液すべてのスキンケアのステップをひとつにできる「JM solution オール...
昭和に流行し、今でもお祭りなどの景品でよく見かける「あるおもちゃ」が今、密かに大流行しているという。その「あるおもちゃ」とは......?
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
水深5mまでなら“無限”に潜水することが可能な、スタートアップ企業「exolung」の最新デバイス。特別な訓練やライセンスが不要なので、誰でも手軽に水中散...
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
たぶん、史上最高のバスタイム。
中国の杭州市に、空前のリラックス方法がありました。「火鍋風呂」です。四角い浴槽の中を9つに区切り、その一つひとつにレタスやトウモロコシ、唐辛子などを入れて...