一流のビジネスマンがよく使ってる「コンシェルジュ」。想像以上に便利だった!

なんとなくその存在は知りつつも、うまく使いこなせていない人が多い、クレジットカードの「コンシェルジュ」。

ですがコレ、時短にもなるし、その分を自分の大切な時間にあてられるし、余計なストレスから解放されるしと、かなり便利なサービスなんです!

とくに、最近話題の金属製クレジットカード「ラグジュアリーカード」は、コンシェルジュのクオリティが高いと評判。

→さっそくチェック!

……と、ここまで言っても「やっぱり自分で手配したほうが早いしラクじゃない?」と思う方もいるでしょう。もう少し具体的にそのメリットを紹介していきますね。

01.
まったく勝手がわからない国でも
レストラン予約がラク!

大前提として、ラグジュアリーカードのコンシェルジュは、24時間365日対応です。そういう意味では「秘書以上に気軽に相談できる」と語るユーザーも。さらに、あなたが国内にいても海外にいても日本語でサポートしてくれるので、時差や言葉の壁にイライラすることもありません。

よく聞くのが「初めて行く、まったく勝手が分からないような国でのレストラン予約やホテル手配で助けられた」という話。

ビジネスで頻繁に出張をする国や友人がたくさんいるような環境ならまだしも、風習もカルチャーも分からない国で、めんどうな調べものや手配をしてくれるコンシェルジュの存在はどんなに心強いことか! しかも24時間OK。

さらにラグジュアリーカードのコンシェルジュは、よくありがちな音声ガイダンスやカード番号の確認などもなく、オペレーターにダイレクトにつながるのでスピードも一級品! ノーストレス!

→気になる!

02.
「東京 ヴィーガン」で検索するよりも
早い! 精度も高い!

たとえば、海外からヴィーガンの友だちが遊びにきたとき——。たしかに「東京 ヴィーガン ディナー」などで検索すれば、該当レストランはヒットするでしょう。

でも、さらにそこからクチコミをチェックしたり、個室はあるのか、そもそも予約は取れるのかなどを見ていくと、意外と手間がかかってしまうことも。さらにもうひとり友人が加わることになって、また好みが違って……。最初は楽しかったリサーチが、いつのまにか “作業” になってしまったり。

コンシェルジュなら、電話でそれらの条件を伝えるだけ。費やしていた時間は、もっと他のことに使いましょう。もちろん、会社の部内での打ち上げや友だちと行くような、飲み放題の格安のお店だって探してくれます。

「今夜、10人で入れるお店を探してるんですけど」
「海外で食べたあの料理がおいしくて、日本にも系列店があったはずなんだけど」

こんな相談でも、丁寧にサポートしてくれるはず。

→もっと知りたい!

03.
コンシェルジュのおかげで
「宿無し」を回避できた

ギリギリのタイミングで決まった出張。

いざビジネスホテルを予約しようと思ったら、予算内に収まるところはすべて満室……。追加でエリアを広げて調べたり、電話で確認すれば空いてるかもしれないけれど、出張の準備すらバタバタ。

身に覚えがある人も多いでしょう。

こんなときも、コンシェルジュに相談しましょう。「ネットではすぐには見つからなかったけれど、ちゃんと条件に合うところを手配してくれた」という声も聞きます。

土地勘がないところや海外のホテル探しって、意外と手間がかかりますからね。

04.
海外出張でフライトがキャンセル……
そんなときも安心

出張時のトラブルは、そのままパフォーマンスにも直結するもの。イレギュラーな対応をしているうちに、本来のビジネスの目的が手薄になってしまっては元も子もありません。

たとえば、急なフライト欠航のアナウンス。

タイトなスケジュールで動いているときこそ起きがちなトラブルですが、つい慌ててしまいますよね……。社内にいる他のメンバーに対応をお願いしたり仕事の調整をしてもらったりと、追加で発生するタスクに振り回されることだって大いに予想できます。

そんなときは「事前にコンシェルジュに代替案を出しておいてもらう」という方法がオススメ! 言われたことだけをやるのではなく、半歩先に提案をしてくれるはず。

不意のフライトキャンセルにも落ち着いて対応できれば、大きな支障なく仕事を進めることだって可能ですよね。

→詳しくはコチラ

05.
モテる!

あえて、言いましょう。コンシェルジュをさりげなく使いこなせば “モテる” と。デート相手のとなりでコンシェルジュに電話して、スマートにレストランを予約してみては?

きっとこの演出は「Google」にはできない。

財布に忍ばせておきたい
“金属製” ブラックカード

こんなふうにコンシェルジュを活用してビジネスライフを充実させたいなら、ラグジュアリーカードの「ブラックカード」は必須な存在。世界的なトレンドでもある金属製のカードで、マット仕上げの質感は、会計時に誇らしくなるくらいカッコいいんですよね。

また「Mastercard」の最上位クラス「ワールドエリート」なので、世界中で使えるのも嬉しい。さらに、空港ラウンジのプライオリティパスやホテルのアップグレード優待といった、ステータスカードなら抑えておいてほしい特典もちゃんと付いてます。

年会費100,000円(税抜き)も、月額にしたら約8,300円で「自分の秘書を持てる!」と考えたら、決して高くないと思いますよ。

関連する記事

使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
「ジョニーウォーカー」の最高峰ブルーラベルから、200周年の数量限定ボトル「ジョニーウォーカー ブルーラベル レジェンダリー エイト」が発売された。
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...