仕事が「デキる」「デキない」を判断される5つの差

ビジネスマンにとって、同期・同僚はスタートラインが同じ。でも、どこかで差がついてしまうのは、何故なのでしょう?

「デキる」を評価するのは、会社の上司や周囲なわけで、何がどう見られて判断されているのか5つの事例から、その違いを探ってみましょう。これ、ご家庭内や日常生活にも通じることかもしれません。

 

 

01.仕事、会議、打ち合わせ…スタート時間守ってる?

社会人として必要なスキルのひとつは、何といっても時間厳守でしょう。会議、訪問、打ち合わせなど5分でも10分でも余裕をもつことで資料の見直しなどもできます。「ちょっと…」というこちらの遅れは、先方には長く感じるもの。もちろん業務上の管理にも同じことが言え、プレゼンの時間や、何時までに仕上げるべき仕事なのかなど、スケジュールを管理できるという事は、自己管理が徹底されているということで、仕事がデキると評価されやすいものです。

02.身だしなみ整頓できてる?

「人は第一印象が9割」とか、よく聞こえてくるほど、身だしなみは大事です。ただ、「おしゃれ心」も失ってはいけません。シンプルなスタイルにしても、丈やウエストの絞り具合などを研究して、自分が美しく、スマートに見えるものを選ぶようにしましょう。靴に鞄、名刺入れや時計など細部のディテールにも、シンプルだけどスマートさに注意して整えておくのも必要。身だしなみが行き届いた人は、知性を感じさせます。このような部分に、周囲は仕事が「デキる」だろうと好印象を抱くんです。

03.今日の予定・作業に優先順位つけてる?

朝、早く出社して仕事をはじめるより、効率よく仕事を進める方法。それは、まず「今日の絶対に終わらせたいこと」を考えること。そして、それを終わらせることを最優先します。やらなくてもいいことに時間を取られず、今日絶対マストなことだけに集中して仕事を進めましょう。もちろん、そのために重要な会議など忘れてはいけません。予定の優先順位も、ちゃんと自己管理・コントロールができているか、評価する側からはチェックされています。

04.仕事中についついスマホをチェックしていない?

SNSやメールの通知など、周囲には気が散るものがたくさんあります。スマホをチェックしてしまうと他のことにも気を取られて、集中してやれば30分で終わる仕事も1時間かかってしまう場合も。また、会議や商談の場で、相手の目の前でスマホをチェックする姿があまり印象よくありません。着信や通知はどうしてもあるものですし、「時間を見るくらいだから…」と思っていても、同席している人から見ると、不安・不満を感じさせたりしてしまうかもしれません。

05.かかってきた電話に出れている?

社会人としてて働き始めたばかりの頃は、 電話が鳴るたびにヒヤヒヤしたりなんてこともありますが、着信は、会社もしくはアナタに「用がある」という意味なのだから大事。気づかなかった・商談中だった、というのも仕方ないですが、急ぎの重要な連絡だったりすることもあるので、着信はスマートに逃さないでおきたいです。その場で出られなくても、すぐに返信することも忘れてはなりません。対応スピードは、電話をかけたほう、何かお願いをするほうからは、確実に評価されています。

 

時間は守りたいし、身だしなみも、通知のチェックも、自己管理も、ちょっと不安かも。いや、ちゃんとしたい! 

なんて思ったビジネスマンのアナタ。上手いこと助けてくれたりしないかなあ…なんて何かに頼る面倒くさがりなタイプじゃありませんか? もし、そうなら、北欧デザインのこんなアイテムもチェックしておくとスマートに対応できるかも。

これ、そんな問題を解決してくれるスウェーデン発の「KRONABY(クロナビー)」というコネクトウォッチです。

時間を見るため以上に、「デキる」スマート感をくれる時計

これ、スマートフォンと連動してメール通知や運動量の把握などあらゆる機能を有しながら、分針を備えた昔ながらの上質のアナログ時計の姿をした「コネクトウォッチ」なんです。
使い方は非常にシンプルで、スマートフォンアプリから、アナタのライフスタイルに合わせて機能を設定。あとはサイドにある3つのボタンで操作するだけ。アラームや重要なメールの受信などは無音の振動で本人にしかわからないようスマートに通知し、会議や商談中でも、応対相手に悪い印象を与えることを避けられます。さりげなく着信をOFFになんてこともできるので、スマホに触れることもありません。画面を見て気が散ることもなく、仕事に集中しやすくもあります。置き忘れた電話の場所を探せたり、思わぬ心配も回避できるなど、あらゆることが可能です。

クラシカルで優美な北欧時計らしいデザインは、ビジネスの場でも嫌味なく上質な印象を担保。シンプルさゆえにスマートなスタイルを演出してくれるし、オフの場に着けてもスタイリングの邪魔になることはない。電池式のバッテリーは、通常使用で2年程になるため、毎日の充電のストレスからも解放されます。まずは簡単なところから「デキる」自分であるためにテコ入れしたいと思うならば、この時計は選ぶ価値アリですよ。

〈無印良品〉にはいくつか腕時計がラインナップされていて、どれもシンプルな時計に当てはまると思うんですが、なかでも食指が動いたのがこの「Wall Clock...
「LunaR」は、秒針を持たない2針のアナログタイプのスマートウォッチです。しかも、透明なソーラーパネルによる、自動充電が可能なんだとか。
「Humism」は時が経つにつれて、ゆったりと変化していくようになっている。本来なら時計を見ているはずなのに、移りゆくデザインを見ているうちに時間を忘れて...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
「HafH」はコーリビング(Co-Living=Community Living)を目的とし、住居とコワーキングスペースの両方を提供する新しい住居サービス...
「Quotes Watch」は名言をディスプレイに表示してくれる時計。専用アプリもリリースされる予定で、自分の気分に合わせたカテゴリーを選べるようになると...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
〈klokers〉の「KLOK02(クロック・ゼロツー)」です。使い方はシンプル。上部が時刻表示で、下部にある窓が世界24都市のタイムゾーンを表示していま...
「Calendar Watch(カレンダーウォッチ)」の機能はとてもシンプル。スマホやPCで管理しているスケジュールを写真のように盤面に表示してくれます。...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
手首が細くてぴったりの時計が見つからないって人にオススメなのが〈G-SHOCK〉の「G-SHOCK MINI」です。なかでも「GMN-500」というモデル...
この時計を購入したのは、30歳ぐらいの時。もともと亡くなったおじいちゃんの遺品に〈OMEGA(オメガ)〉の腕時計があって、それをずっと使っていたんだけど、...
現代人には、「不確かな時間」こそ必要だ。
ただただ“明るくて、表示をシンプルにしたら、わりと洒落た雰囲気になった”って感じ。そこがおもしろいと思います。チープだとか、おもちゃみたいだとか、この時計...
あなたの周りにいる、仕事が「デキる人」と「デキない人」。この差は果たして能力だけなのでしょうか? 答えは “NO” です。いくつかの記事をまとめてみて分か...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
世界を24に分割する「タイムゾーン」にインスピレーションを受けて開発されたという「KLOK02」。フェイスの真ん中の窓には時刻、右小窓には都市名が表示され...