ホテル系カードなのにビジネスマンにとって“切り札”となる5つの理由

最初にお伝えします。1年のうちに1,2度でも系列のホテルに泊まるような機会がある人には、まず「元が取れる」カードなのは間違いありません。と、今からご紹介するのはクレジットカードのおハナシ。

ビジネスマンの“切り札”としての魅力

世界を飛び回るようなエリートビジネスマンに特に人気が高いアメックスカード。提携カードも数多くあり、いずれもステータスの高いクレジットカードではあります。その中でも、アメックス定番の一流ホテルの優待サービスなどに、引けを取らない魅力を持つのが「スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード」。マリオット・インターナショナルの会員(ロイヤリティ)プログラム「スターウッド プリファード ゲスト」との提携カードで、SPGはその頭文字。

通称「SPGアメックスカード」と呼ばれるこのカードについて、先に「元が取れる」とは書きましたが、具体的なコスト面でのメリットは、ググってもらえればすぐに詳しい情報が手に入るでしょう。ですが、そのこと以上にここで知っていただきたいのは、第一線で活躍するビジネスマンの“切り札”としての魅力です。

01.「ハイステータス」の自信と余裕

ビジネスマンにとって、商談の場などで自信をもった振る舞いが出来ることはとても重要。もちろん自信は成果を積み重ねて身につけて行くものですが、長いキャリアを重ねなくとも、高いステータスを得ることで、心に余裕をもつのもいかがでしょう。
この「SPGアメックスカード」に入会すると、SPGの会員として、年間25泊以上のプログラム参加ホテル宿泊を必要とする「ゴールドエリート」の資格が得られます。参加ホテルでの数々の優遇特典を受けることができるようになるのですが、世界130ヶ国・約6700軒のホテルで利用できるので、どこへ出張に行っても同じように高いサービスが受けられ、仕事に集中できる環境が手に入ることに。
すでに活躍する先輩ビジネスマンたちに追いつける、いや、追い越せるレベルのステータスは、心にも身体にもアナタに自信と余裕をもたらしてくれるはずです。

02.「ゴールドエリート」だから得られるおもてなし

©︎Marriott International

【セントレジスホテル大阪】すべてのお客様にバトラーサービスが提供される

高いステータスというのは、その格が感じられるサービスを得られることを意味しています。チェックイン時の空室状況によって、より良いお部屋へのアップグレードもあり、休息の時間がひとつ上質なものになることも。また、外資系ホテルならではの「無駄に干渉しない」心地よさで、次のビジネスチャレンジへ英気も養えます。
滞在するホテルや部屋のランクによっては、クリーニングやシューシャインのサービスを提供してくれるところもあり、商談の場でチェックされやすい足元などの見た目からも優位になって臨めます。

03.ホテルレストラン&バー15%割引

商談先との会食の場所として、セレクトに間違いないのがホテルレストラン。マリオット・インターナショナルのロイヤリティプログラムが展開する「Member Dine More」というキャンペーンを利用すれば、ゴールドエリート特典として、アジア太平洋地域にあるマリオットグループのホテル内、2200軒以上のレストラン&バーで飲食費が15%オフに。
そんなケチなことを……と思うようでは、ひとつのビジネスにおけるコスト意識の足りなさの表れになってしまいますよ。知っているのかいないのかで、いろんなところに差が出るものです。

04.レイトチェックアウト

「SPGアメックスカード」を持つことで、ホテルによっては14時までのレイトチェックアウトのリクエストに対応してもらえることも。これなら仕事のあとに一度ホテルに戻ってゆっくり荷物の整理ができたり、気持ちにも余裕をもって過ごせます。週末をまたいでのスケジュールならば、ひと仕事終えた自分にご褒美と、このサービスを使ってゆっくりするのもいいでしょう。
自宅で過ごす週末とは違う環境で、仕事以外のことを考える。こんな有意義な時間を持つのも、ビジネスマンの嗜みとして必要ではありませんか?

05.3つの会員プログラムの統合で
さらに広がる特典オプション

©W ブリスベン(オーストラリア)

【Wブリスベン】2018年9月、オーストラリアに初めて上陸したばかり最新ホテル

アジア太平洋地域をはじめ世界に数多くのプログラム参加ホテルをもつSPG。ビジネスでの利用はもちろんですが、パートナーやファミリーとの利用にも選択肢がたくさん。2018年8月より、SPGと同様、高級ホテルを世界中に展開するマリオット リワードと、ザ・リッツ・カールトン・リワードのプログラムが統合され、ゴールドエリートとしての特典を利用できるホテルの数も、前述したとおり世界130ヵ国で29ブランド・6700軒以上もの数に拡大されました。
プライベートの休暇をラグジュアリーに楽しみたいというときだって、「SPGアメックスカード」ならばグローバルなサポートを期待できるわけです。

ステージをあげていくアナタのご褒美に

入会しただけでSPGおよびマリオット リワード(ザ・リッツ・カールトン・リワードを含む)共通の会員資格 「ゴールドエリート」となれる「SPGアメックスカード」。利用できるプログラム参加ホテルが多くなったとなれば、出張などのビジネス利用で貯まるポイントも増えやすくなり、ラグジュアリーなホテル宿泊とのポイント交換など目指し、日々の仕事にも活力が生まれるのでは。
また、毎年のカード継続毎に、参加ホテルで利用できる一泊一室(2名まで)の無料宿泊特典のプレゼントもあり、一年後の自分へのご褒美なんていう楽しみもできるかもしれません。
さらに!継続の特典として、エリート会員資格を次のステージに上げるための宿泊実績が5泊分ももらえるサポートがあり、ステータスを「プラチナエリート」へスピーディにアップできる可能性も。
なんだか、この「SPGアメックスカード」を保有すれば、ビジネスマンとしてのステージアップもスピーディに……なんて気もしてきます(笑)。

2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
サンフランシスコを拠点とするクラウドファンディング「Indiegogo」。日々たくさんの面白いアイテムが飛び出すこのサイトで、今月一番人気だったアイテムが...
財布の中でかさばっていたカードの役割をすべて担ってくれるのが「OraSaifu」です。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
〈moeco(モエコ)〉の「FLASH ICカードケース」。合計199もの本物の電子部品が使われていて、LEDが光るギミックも!
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
クレジットカードやキャッシュカード、ポイントカードにマイレージカード。何枚も財布に入れて持ち歩くと、かさばって面倒ですよね…。そんな悩みを解決するために、...
イラストレーターのNoritake氏がディレクションを担当し、〈HIGHTIDE(ハイタイド)〉と一緒に作っている〈OLL(オール)〉のカードスリーブ。シ...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
ブルーチーズと発酵バターのソフトクリームが楽しめるフランス生まれのチーズ&バター専門店beillevaire〒106-0046 東京都港区元麻布3丁目11...
「Airlander 10」は最大5日間も空を飛び回れる航空機です。
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
一般人ではテントを設置できない場所で眠りにつけるという“特別な夜”を提供しているんです。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
〈VICTORINOX(ヴィクトリノックス)〉の「スイスカード」。ポケットにもスリムに収納できます。26gと超軽量で中身もハサミ、ボールペン、爪楊枝までと...