【脳活アクション】簡単にしあわせを感じられる「5つの方法」

どうすればこのクタクタの体を幸せな気持ちで満たしてあげられるのか。「Spirit Science」によれば、簡単なことで脳内物質を操作できるのだそう。

必要なのは、分泌すると幸せを感じられる上に雰囲気まで良くなると言われているエンドルフィン。そのためにできる基礎的なアクションとは?ライターのVegard Paulsenが書いた記事を紹介します。レッツ脳活!

01.
ランナーズ・ハイになろう。

1f2ce1f8146b16514144288b6f5d9935771dfb2f

走るの?え〜めんどくさい、なんて言わないで。

過酷なトレーニングではなく、適度なワークアウトでOK。運動は「基本のき」とは言え、見た目にも現れるし、生活には欠かせませんよね。それに、エンドルフィンを出すにはコレが一番!だとか。『Endorphins and exercise』という調査結果を見ても、効果は前向きだった模様。

痛みを和らげたり、報酬系を刺激し、若々しい心持ちをキープするために良いとも言われています。新しい脳細胞(とくに海馬)の成長を促し記憶力を向上させたり、感情のコントロールがしやすくなったり、自律神経を整える、なんて話も。

02.
笑っているときほど、
エンドルフィンが分泌中。

お腹がよじれるほど笑いが止まらなくなった経験がありますよね。あの時って、じつはエンドルフィンが出ていないと、痛くてたまらないのだそうです。けいれんするほど笑い転げても大丈夫なのは、脳内物質で痛みをごまかしているのだ説。一理ありそう。

たとえば、コチョコチョくすぐるだけで強制的に爆笑を生んだりもできるでしょうか?どうしても分泌したい!という緊急事態にいかが?ただし、くれぐれもやり過ぎてケンカにならない程度に…。

03.
ときどきでいいので、
「18時間だけ」絶食してみる。

47f657afa313323b0ecabab6057e5b9783769688

18時間何も食べずにいるだけで、エンドルフィンが出る!?らしいんです。体にとってはストレスフルなことですが、その反動なのか分泌が促進されるとのこと。

アンチエイジングやメンタルにも◎、なんてよく言われていますが、ときどきでいいのなら、気軽に試せるかもしれませんね。無理のない範囲で試してみよう♪

04.
近所のマッサージ屋さんを
チェック!

年齢を重ねる毎に、そのありがたみが増してくるのがコレ。ボディメンテナンスは相性などもありますが、整体に行ったら慢性痛がスッキリ消えた!なんてこともあるものです。ちょっとしたアドバイスをくれることだってなきにしもあらず。

案外、近所に評判の先生がいたりして。

05.
奮発して、ごちそうを食べる。

84323895b04d279b822f2fc2cf70d2e7eaeae7e2

科学的なことを言わなくたって、「うまい!」の一言が出たらしあわせ倍増中なのは確かでしょう?食べるものが直近の体調にも影響するなんて話もあるくらいですから、ときには躊躇してしまうくらいの予算を、料理に懸けてみてもバチはあたりません。良い食材を使い、手間のかかったものをいただきましょう。たまにはね。

手軽なブーストのオススメには、チョコレートやスパイシーなど。食べすぎに注意!

Licensed material used with permission by Spirit Science
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ただただ、ボーッとした時間を過ごす。これ近年の脳科学によると、とっても重要なことだそうですよ。
茂木さんの著書『脳を使った休息術』(総合法令出版)は、そのタイトル通り、「いかに脳を休ませるか」について書かれた本。こちらは、今までとは少し趣向が違うこと...
「脳トレ」が年末の流行語大賞にノミネートされたのが、ちょうど10年前。当時は、今ほどチョコレートと脳の“蜜月な関係”について、科学が触れることは少なかった...
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
マンダリン・オリエンタルホテルグループは、XOJETというプライベートジェットのチャーターを専門にする企業とタッグを組んで、リッチなサービスを展開。
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
アメリカ・シカゴ大学病院の研究によって開発されたのは、脳でコントロールできる「義手」です。研究データからは、脳の構造が変化していることも明らかになったのだとか。
オーストラリア・モナシュ大学が行った最新の調査で、脳内の特定の部位の密度によって、共感する力に違いがあったそうだ。科学誌「Science Direct」に...
女性の脳内で起きている変化って、想像するよりもずっと大きなものなのだとか。神経精神医学に詳しい、Laura Brisendine博士は『The Femal...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...
最近本気が出ない!とこぼしているそこのあなたへ。「I Heart Intelligence」に掲載された、脳の本領を発揮し機能の向上が期待できる9つの方法...
「男と女の脳は違う!」なんて話をよく聞きますが、男女の生物学的な差は、実際のところ知性にどれだけの影響を与えているのでしょうか。男女差は本当にある?それと...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
トゥルク大学の研究によって開発されたアプリでは、脳梗塞の一因となる心房細動を読み取れるようになっている。その精度は96%を誇る。スマホを胸に当てるだけ、と...
毎日、目の前の仕事をこなすことで精一杯になっていませんか?新しい発見やちょっとした喜びなど、刺激のある生活をしないと、脳にサボり癖がついてしまいます。ヤフ...
実年齢だけじゃ、人の“本当の年齢”はわからない。いろいろな人と話してみて常々思うことだ。が、人のことをとやかく言う前に、まずはあなたもトライしてみて!案外...
「女性が生まれ変わる、40日間プログラム」の創設者であり、講師や作家としても活動するTamara Star氏。そんな彼女が、自身のウェブサイト「Daily...
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...