【お悩み別ミレニアル漢方図鑑②】ノンアル派にだって、飲みすぎる日はあるのだ(二日酔い、むくみ)

「若い」といえど、私たちはみんな多かれ少なかれ、「不調」を抱えながら生きているはず。それが、病名がつかないくらいのなんとなくであればあるほど、ほったらかしになったり、相談しても誰もベストな解決法をくれなかったり。

ミレニアルズのそのお悩み、もしかしたら「漢方」が救えるかもしれません。体の不調だけでなく、うっすら気づいているのに知らんふりしている「心」の不調だって、もしかしたら……。

第二回目のお悩みは、「飲みすぎ」。

アドバイザーは、世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船の「杉本薬局」三代目、杉本格朗さん

でも、誰かに効いた漢方が、万人に効くとは言えません。大前提として、人によって「どんな漢方が合うか」は違うから、まずは漢方薬局などで相談するのがベター。その前提の上で、「こんな解決策の一例もあるよ」といったような形で紹介したいと思います。

「ヤバイ、飲みすぎた〜」
おすすめの漢方は?

最近ミレニアル世代の間では、選択肢の一つとして、お酒を飲まない「ノンアル派」も増えてきています。しかしそんなノンアル派の生活にだって、お付き合い上、お酒を交えたコミュニケーションが発生することもあるし、それこそお酒が好きな人は定期的に「飲みすぎ」の状態に悩まされているもの。

「お酒に飲まれない」対策として前もって飲んでおける漢方や、うっかり飲みすぎてしまって気持ち悪い朝、鏡に写るむくんだ顔に絶望した朝などにおすすめの漢方はありますでしょうか?

肝臓を保護し、熱くなった体を
クールダウンしてくれる「牛黄」

【杉本さんのおすすめ】

お酒でなくても、水分の摂りすぎは、むくんだり、下痢をしたり、めまいや頭痛が起きることがあります。

お酒を飲む際に、僕が一番おすすめする漢方薬は、「牛黄(ゴオウ)」という牛の胆石を使った漢方薬で、牛黄は確保される量が少なく、大変貴重で高価な生薬です。肝臓を保護してくれる働きや、お酒によって熱くなった体をクールダウンする働きがあり、お酒の席では必需品です。高価なので、普段使いとピンチな時と、コンディションによって服用量を変えていくといいと思います。

そのほかにも、水分代謝を良くする「五苓散」や、頭にのぼった熱を冷ます「黄連解毒湯」といった漢方薬、健康食品の「田七人参」などもよく使われます。

漢方薬局の仲間と食事をすると、皆がポケットから何かしら漢方薬を出して飲む光景があたりまえのようにあります。お酒の飲みすぎはいけませんが、そういった席では体を労りながら、思いっきり楽しい時間を過しています。

次回は、
「明日が不安で眠れない」
におすすめの漢方を紹介します😪✋

Top image: © Cosmic_Design/Shutterstock.com
彼氏や上司とケンカしてイライラ、明日が不安で眠れない等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の...
「会社に行きたくない」「やる気が出ない」「モヤモヤする」、そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...
世界のミレニアル世代やZ世代から生まれた「ノンアルコール」ブーム。ドイツ発のプロテインビールや、ノンアルワイン、モクテルなど多様化するノンアル飲料。アメリ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「フェスやイベントを、最高に楽しみたい!」そんなミレニアルズにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験談なども交えて回答。「...
「彼氏やパートナー、会社の上司や同僚など周囲の人にイライラしてしまう」そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗...
ダイエット、美肌、生理痛、なんとなく調子が悪いなど、本シリーズ第1〜7回の悩み以外にも、若者が抱えがちな悩みはいろいろ。そんな時おすすめの漢方や、生活の中...
働き方改革の進む中でもやってくる「踏ん張りどころ」。集中力の低下、疲労、肩こり、眼精疲労などに対処して、「徹夜仕事を生きて乗り切りたい」。そんなミレニアル...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三代目・杉本格朗さんを取材。漢方を取り巻くマイナスイメージを払拭するべく、音楽や映画のイベント...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
スウェーデンでノンアルコールスピリッツを製造するメーカー「Gnista Spirits」が、今、“パーティー好き”が応募資格の求人募集をおこなっている。
メディカルクリニックの院長・馬渕知子さんは、著書『朝のコーヒー、夜のビールがよい仕事をつくる』(クロスメディア・パブリッシング)のなかで、医学的な視点から...
「Rebel Coast Winery」による、カリフォルニア産ソーヴィニヨンブランを使ったワインには、アルコールが入っていません。だから、いくら飲んでも...
日本の女子たちが抱える「プチ不調」の新しい味方になってくれるかもしれない、台湾発の漢方ライフスタイルブランドDAYLILY(デイリリー)。お茶やフェイスマ...
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
今回は代々木上原にある「No.」のオシャレノンアルコールカクテル。わざわざ酔っぱらわなくてもオシャレな雰囲気でおいしいカクテルが飲めるらしい。っちゅうこと...
ノンアルコール飲料の需要は年々高まっており、イギリス・ロンドンでは新しいジャンルとしてバーやカフェなどでも「MOCKTAILS(モクテル)」というノンアル...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
株式会社ツドイは、本格的ノンアルコールドリンクのみを提供する「Bar Straw」をオープン。第1回は9月4日(水)19:00〜22:00に神楽坂「かもめ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??