「会社に行きたくないんです」。そんな無気力やモヤモヤにおすすめの漢方がある——鎌倉の薬局三代目・杉本格朗

「若い」といえど、私たちはみんな多かれ少なかれ、「不調」を抱えながら生きているはず。それが、病名がつかないくらいのなんとなくであればあるほど、ほったらかしになったり、相談しても誰もベストな解決法をくれなかったり。

ミレニアルズのそのお悩み、もしかしたら「漢方」が救えるかもしれません。体の不調だけでなく、うっすら気づいているのに知らんふりしている「心」の不調だって、もしかしたら……。

第五回目のお悩みは、「無気力」。

アドバイザーは、世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船の「杉本薬局」三代目、杉本格朗さん

でも、誰かに効いた漢方が、万人に効くとは言えません。大前提として、人によって「どんな漢方が合うか」は違うから、まずは漢方薬局などで相談するのがベター。その前提の上で、「こんな解決策の一例もあるよ」といったような形で紹介したいと思います。

「会社に行きたくない」
おすすめの漢方は?

特に月曜日は、「ブルーマンデー」という言葉があるように、普段は元気なのですが、毎週月曜日に体調を崩して出社できない若者はわりと少なくないように感じます。もちろん、さまざまな要因があると思いますが、会社に出社する気持ちを楽にするというか、考えこみすぎないようにするというか、そういった漢方がもしあれば、教えていただけますか?

やる気を補う「補中益気湯」
モヤモヤを発散する「香蘇散」

【杉本さんのおすすめ】

土日休みの方にとって、月曜日はきついですよね。その気持ち、とてもよくわかります。何なんでしょうか、あの憂うつ感は。

まず、どうしたらやる気が出たり、憂うつ感を取り去れるかというところですね。漢方的にみると、やる“気”が“ない”わけですから、気が足りないということです。また、憂うつ感というのは、うつうつ、モヤモヤ、どんよりして、息苦しい感じで気の”毒”と捉えてみてください。

やる気を出すためには、気を補う必要があります。気とは、元気の気です。月曜日に限りませんが、普段からやる気が出にくい方は、気を補う漢方薬がおすすめです。代表的な漢方薬は「補中益気湯」といって、字のごとく、気を益す働きがあります。すごく疲れやすい方は、僕も普段飲んでいる「十全大補湯」もいいと思います。お休みの間にお出かけをしたりして、疲れが残ってしまった方は、お休みの間だけでも飲んでみてください。休み明けのやる気が変わってくると思います。

疲れてはないけど、憂うつ感があるなという方は、先ほどお話した毒が溜まっている状態。空気の入れ替えをするように、換気をしてあげましょう。こちらは気を補うのではなく、気を巡らせたり、発散することを目的として、「香蘇散」や「四逆散」を使ったり、「麝香」を使うとスッキリしてくると思います。

もちろん、やる気が出ないのも、モヤモヤもするのも両方だよという方もいらっしゃいます。もしかしたら、ほとんどの方がそうかもしれません。僕もそうです。そういう時は、気が補えて、尚且つ気を巡らせる漢方薬をお使いください。市販の漢方薬で、朝鮮人参、麝香、牛黄、羚羊角、沈香などの配合された、鳥山明先生のドラゴンボールでお馴染みの「仙豆」のような漢方薬があります。休み明けの朝、すっきりと起きられることで、気分よくスタートが切れますよ。

次回は、
「フェスやイベントを最高に楽しみたい」
におすすめの漢方を紹介します🎵✨✋

Top image: © Cosmic_Design/Shutterstock.com

関連する記事

世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三代目・杉本格朗さんを取材。漢方を取り巻くマイナスイメージを払拭するべく、音楽や映画のイベント...
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...
「フェスやイベントを、最高に楽しみたい!」そんなミレニアルズにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験談なども交えて回答。「...
ダイエット、美肌、生理痛、なんとなく調子が悪いなど、本シリーズ第1〜7回の悩み以外にも、若者が抱えがちな悩みはいろいろ。そんな時おすすめの漢方や、生活の中...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...
「彼氏やパートナー、会社の上司や同僚など周囲の人にイライラしてしまう」そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
すでに接種が始まった新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のワクチン。しかし、配給されているのは一部の富裕国のみ。こうした状況に、ノルウェーの「ユニ...
この自動販売機では、ドリンク購入前に脈拍数が計測され、その値が高ければ高いほど割引を受けられるという仕組みになっている。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...