「彼氏とケンカしてイラッ!上司が無能でイラッ!もう嫌……」そんな悩みにおすすめの、漢方の飲み方がある——鎌倉の薬局三代目・杉本格朗

「若い」といえど、私たちはみんな多かれ少なかれ、「不調」を抱えながら生きているはず。それが、病名がつかないくらいのなんとなくであればあるほど、ほったらかしになったり、相談しても誰もベストな解決法をくれなかったり。

ミレニアルズのそのお悩み、もしかしたら「漢方」が救えるかもしれません。体の不調だけでなく、うっすら気づいているのに知らんふりしている「心」の不調だって、もしかしたら……。

第四回目のお悩みは、「イライラ、クヨクヨ」。

アドバイザーは、世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船の「杉本薬局」三代目、杉本格朗さん

でも、誰かに効いた漢方が、万人に効くとは言えません。大前提として、人によって「どんな漢方が合うか」は違うから、まずは漢方薬局などで相談するのがベター。その前提の上で、「こんな解決策の一例もあるよ」といったような形で紹介したいと思います。

「彼氏や上司とケンカした」
おすすめ漢方は?

若者は血の気が多く、何かと人間関係での衝突があります。そのほかにも、女子であれば生理前にイライラしたり、落ち込んだりということもあります。

杉本さんは以前、「イラッとするメールを読んだ時に、気分を落ち着かせる漢方を飲むこともある」と話していましたが、そのように、「気分の上下」をなだらかにできるようなおすすめ漢方の使い方はありますか?

「血」の状態を整えるものを。
動物生薬との組み合わせも◎

【杉本さんのおすすめ】

「漢方」と聞いて、女性やお年寄りが飲んでいるイメージを持つ方は多いと思います。実際に、薬局でも女性やお年寄りの割合は大きいと思います。その理由の一つに、婦人科のお悩みを持つ方が多いということはあると思います。

それから、イライラする、ケンカした、上司や部下、家族に腹を立てるといった方々もやはりいらっしゃいます。ストレス社会と一言で言ってしまうのは少し雑な気がしますが、たしかにニュースを見ていてもそういった記事が目立ちますし、自然の摂理、流れからずれてしまう生活になりがちです。

僕は漢方薬に、バランスを崩した体を自然の状態に戻す役割があると思っています。漢方の理論や素材はほとんどが、自然の摂理に沿って体系化されたものだからです。

今ではだいぶ落ち着いていますが、僕もいろいろと物事が上手くいかない時期に、イライラしたり、落ち込んだり、感情のコントロールが難しい時がありました。一日中、漢方薬を飲んでいた記憶があります。今思えば、自分の体で実験していたような感じですね。それと同時にその時期は、友達とお酒を飲みながら喋ったり、ひたすら運動したり、不快になる原因からなるべく離れることを心がけていました。

イライラした時に飲む漢方薬として、有名なのは「抑肝散」です。子どもにもよく使う漢方薬なので、聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。このイライラが、月経不順、月経痛や更年期などと重なると、「逍遥散」や「加味逍遥散」、「女神散」など、「血」の状態を整える効果のある漢方薬を選びます。

ちなみに、「逍遥」とは、“気分転換にぶらぶら歩く”という意味です。いかにも効きそうですよね。もちろん、婦人科でよく使われる漢方薬でも、男性に適応する場合もあります。また、「麝香」や「羚羊角」、「牛黄」といった動物生薬と合わせて服用するとより効果的。こういったストレスを緩和するような漢方薬の場合、頓服で効果を実感できるものもあるので、お守り代わりに持っておくこともできます。イライラしてしまったり、思い悩んだ時に、パッと服用できるように、カバンやポケットに入れておくと便利ですよ。

僕は、漢方薬だけでなく、カウンセラー、メンタルトレーナーと呼ばれる方に定期的に話を聞いてもらうことで、日々、自分のメンテナンスをしています。今ではトレーナーさんとも、本当にたわいもない会話をすることが多いですが、荒れていた当時は気に入らないことがたくさんあった気がします(今でもたまにはあります……)。

家族でも友人・知人でもない方に身の上話をする時間が、僕にとってはいい時間になっています。

(※不眠、イライラなどの精神症状に使う漢方薬は重なるものが多いので、コチラの記事も参考にしていただくといいと思います)

次回は、
「会社に行きたくない」
におすすめの漢方を紹介します👩‍💻👨‍💻✋

Top image: © Cosmic_Design/Shutterstock.com
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三代目・杉本格朗さんを取材。漢方を取り巻くマイナスイメージを払拭するべく、音楽や映画のイベント...
「フェスやイベントを、最高に楽しみたい!」そんなミレニアルズにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験談なども交えて回答。「...
ダイエット、美肌、生理痛、なんとなく調子が悪いなど、本シリーズ第1〜7回の悩み以外にも、若者が抱えがちな悩みはいろいろ。そんな時おすすめの漢方や、生活の中...
「ニューバランス」が、10月19日(月)〜25日(日)にオンラインランニングイベント「NB FuelCell 10K CHARGE」を開催する。
「会社に行きたくない」「やる気が出ない」「モヤモヤする」、そんなミレニアルズの悩みにおすすめの漢方を、神奈川県鎌倉市大船の薬局三代目・杉本格朗さんが、経験...
彼氏や上司とケンカしてイライラ、明日が不安で眠れない等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の...
働き方改革の進む中でもやってくる「踏ん張りどころ」。集中力の低下、疲労、肩こり、眼精疲労などに対処して、「徹夜仕事を生きて乗り切りたい」。そんなミレニアル...
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...
彼氏や上司とケンカしてイライラ、明日が不安で眠れない等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の...
キアヌ・リーブスがアメコミ作家としてデビュー。原題は『BRZRKR』。ロサンゼルスに拠点を置くアメリカンコミックやグラフィックノベルの出版社「BOOM! ...
そのケンカ、これらの理由に当てはまる?
正月に飲むお屠蘇(おとそ)は、実はみりんや日本酒に漢方を漬け込んだ薬膳酒って知ってましたか?一年の邪気を払って新しい年を健やかに過ごせますようにという意味...
日本の女子たちが抱える「プチ不調」の新しい味方になってくれるかもしれない、台湾発の漢方ライフスタイルブランドDAYLILY(デイリリー)。お茶やフェイスマ...
大仏といえば、「奈良の東大寺」と「鎌倉の高徳院」が、言わずと知れた有名どころ。それに続く、日本三大仏に名乗りをあげているのが「岐阜大仏」。…それにも関わら...
今クラウドファンディングで資金調達をしながら、これから開業しようとしているクスリを全く販売しない薬局「Poetry Pharmacy」。代替品は、詩です。
ハリケーンの発生頻度を抑える壮大な計画を北欧の国・ノルウェーを拠点にするスタートアップ「OceanTherm」が進めている。その計画とは、海の底に空気を放...
ドイツの職人による手作りのミニマル財布が応援購入サービス「Makuake」にて予約を受け付けている。
会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、社内における男性上司との人間関係の築き方。男心を研究し、試行錯誤を繰り返して発見した3つ...
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
台湾から初上陸、漢方を扱うライフスタイルブランド「DAYLILY」。「COREDO室町テラス」内の「誠品生活日本橋」にオープン。
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
LINEで身体の悩みを薬剤師に相談し、自分にあった漢方薬を自宅に配送してもらうオンライン漢方相談サービス「わたし漢方」。ダイエット、肌トラブル、不眠、月経...
“東京初“表参道の薬膳スープ専門店「Soup+」を監修し、「もうやんカレー」のあとがけスパイスを監修した漢方薬剤師・久保田佳代さんが作る漢方入りチョコレー...