元ホームレスのチョークアーティスト「ちょっといい話」

飲食店の外で見かけることが多いチョークアート。今日のおすすめメニューなどの情報を目で追ってしまう人は少なくないはず。クオリティーが高いものであれば特にね。

例えばこういうのとか……。

©ArtMikio
©ArtMikio
©ArtMikio
©ArtMikio
©ArtMikio
©ArtMikio

これらを描いたのは、Cosmin Mihai Moraruさん。3年ほど前、うつ病に苦しむホームレスだった時期に始めたという。

きっかけは、ある日通りを歩いていた時に、カフェの店員がブラックボードの看板の前で絵を描くことに苦戦している姿を見た時のこと。美術を学んだ経歴があるMoraruさんは、声をかけて手伝うことにしたんだとか。

以後、Moraruさんはチョークアートに熱中するように。

©ArtMikio

以来、Moraruさんは精神的に安定するようになったんだとか。

「絵を描くことが楽しかったし、どうせなら多くの人が本気でやろうとしていないことに没頭してみたいと思いました」とは本人の弁。

「大好きだと思うことにチャレンジしてみてください。一度始めたら諦めないでください。自分を信じることが大切です」

苦しいことを乗り越えてきた彼だからこそ、聞いていて納得できる力強いメッセージ。Moraruさんには、目の前にあることを一生懸命やりきる大切さを教えてもらった気がします。

Top image: © ArtMikio
スウェーデン・ストックホルムに拠点を置く広告制作会社「Clear Channel」は、2018年11月にホームレスの人々に向けたプロジェクトを実施。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
これまでメンタルヘルスの記事を書く度に、実は気になっていたことがある。啓発団体やキャンペーンなどが、「何かあればココへ」とサポート団体やコミュニティーに繋...
どうして身寄りをなくした高校生ホームレスが、どん底から世界中を飛び回るウェディングフォトグラファーに転身することができたのか。それは、彼の夢叶えるまでの”...
霧に包まれた暗いジャングルを旅する人。神秘的な感じもする世界は、「うつ病」と戦うために生まれたものなんです。ポーランドを拠点に活動するアーティストのDaw...
ドイツで貧困問題が深刻化する中、ベルリンのあるクラブが、2019年1月と2月、週1でホームレスのためにスペースを開放します。彼らはここで暖をとり、睡眠をと...
カナダに住むAdrian Pearceさんは、約48年間も元カノからのプレゼントを開けずに持っていました。ついに開けることになった理由、それは奥さんが痺れ...
ホームレスシェルターに求められるのは、安全で衛生的で場所を取らないこと。それらのニーズに応えるように作られたのが、デザインスタジオ「Framlab」のビル...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
アメリカの動画メディア「Cut」の人気の「真実かショット」シリーズで、元恋人同士が行う第2弾。別れた理由、今の関係の話、そして将来の話などと、本音で語り合...
ヘルシーもウェルネスも、訳すとどちらも「健康」という意味なんですが、ヘルシーが身体的な健康に対して、ウェルネスはもう少し意味が広く、クオリティオブライフだ...
オーストラリアのメルボルン市議会は、市内にある図書館で新たなサービスを展開するため、常勤のソーシャルワーカーを雇用した。このサービスは、ホームレスといった...
フロリダ州のサラソータ市では、政策の一環として、路上に公共のピアノが設置されている。これだけでも素敵な話だが、ここで取り上げたいのは、そのピアノで美しい演...
4,000万円以上の寄付を集める、「GoFundMe」のクラウドファンディングが話題に。きっかけは、全財産が20ドルだったホームレス男性が、ある女性を助け...
メイクアップアーティストのMay Sumさんは、商売道具のコスメをメイク道具として使うだけではなく、口紅そのものを彫り鑑賞物に生まれ変わらせてしまったのです。
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
「日常も旅になっている」と言うのは、ファッションモデルとしてだけでなく、詩や写真分野でのクリエイティブ活動でも多くの支持を集めるラブリさん。彼女の頭の中に...
これからも進化していくバーチャルダンスパーティー「We Come In Peace」。ニューヨークを拠点にするアーティストTin NguyenさんとEdw...