旅が好きなら、バッグも「モレスキン」がおすすめ

「モレスキン……あのノートのですか?」

正解です。

「モレスキンに……バックパックなんてあるんですか?」

そのリアクションも正解です。

 

「黒いハードカバー×ゴムバンド」の手帳で有名なイタリアンブランド「モレスキン」に、バッグのラインアップがあることは日本ではまだあまり知られていません。とはいえ2011年の登場以来、グローバルではバッグも人気があるんです。

四角さは手帳さながら
モレスキンの「バックパック」

このバックパックには、ノートとの共通点がいくつもあります。

たとえば、モレスキンのノートも「旅」の間にササッとメモが取れるようにと開発されたものですが、このバックパックのコンセプトもまさに「旅」。

また商品名も「THE BACKPACK」と一切ムダを削ぎ落としたようなシンプルさで、手帳と同じ哲学を感じます。

フォルムデザインも手帳のカタチを継承していて、角の丸い「四角」が特徴的。

3種類並んでいるのは、それぞれ形状は同じでも、素材が違うからです。左から「テクニカルウィーブ」「リップストップ」「キャンバス」となっていて、活躍するシーンも変わってきます。

【style1:キャンバス】
高山直子さんがモレスキンと
ゆったり旅

まず1つめ。「キャンバス」のコンセプトは、ゆったり旅です。

モデル業だけでなく、まつ毛エクステサロン・ネイルサロンを5店舗経営する高山直子さんに使ってみてもらいました。ちなみに直子さん「連休があったら絶対どこかに行きます。ずっと家にいたことは……たぶん1度もない!」というほどの “旅好き” 。

「見た目はカジュアルだけど、背中のメッシュのところにクッション性があって疲れにくい仕様になっていたり、肩ベルトも厚みがあって高級感があるので、旅好きの友だちへのプレゼントにいいな、って思いました。

スーツケースにつけられるバンドがついてたり、飛行機の持ち込み用にも使えそう。汚れにくそうな造りもいいですね」

「肩ベルトのマチがしっかりしているので、フィットします」
「旅だけじゃなく、普段使いにもいいですね。カジュアルで」
高山直子

raisier代表、la Balanceディレクター、モデル
株式会社Fraisierの代表として、まつ毛エクステサロン、ネイルサロンを東京大阪で5店舗展開。同時にファッション誌やカルチャーマガジン、テレビ番組出演など「女性の美のトータルプロデューサー」として活躍の場を広げ、2016年には初のスタイルブック『NAOKO balance』を双葉社より出版。

【style2:テクニカルウィーブ】
堀口英剛さんがモレスキンと
ガジェットライフ

2つめに紹介する「テクニカルウィーブ」は、ガジェット好きのためにタフな素材を採用。

日常のさまざまなモノを紹介するブログ「monograph」編集長の堀口英剛さんは「以前、四角いバッグを探していたとき、モレスキンのレザーエディションを取り寄せて使っていたこともあります」というツワモノ。

「もともと、モレスキンの『考えを邪魔しないシンプルなデザイン』が好きでした。大学生の頃は手帳も使ってたんですが、その世界観がバックパックにもきっちり踏襲されていて驚きました。機能や容量って追求したらキリがないんですけど、モレスキンのものづくりは『あとはユーザーに任せた』っていう余白があるところも好きなんです。

あと、バックパックなのに直立で置けるって便利ですよね。底のところだけ違う素材になっているので、多少汚れても大丈夫なのが嬉しいです」

「素材が丈夫なので、アウトドアにも使えそうです」
「ジッパーも金具が見えないようになっていたり、細かいこだわりがいい」
堀口英剛
株式会社ドリップ 代表取締役CEO、monograph編集長
早稲田大学商学部卒業後、Yahoo! JAPANに入社。大手広告代理店の担当営業を務める。学生時代に始めた日用品を紹介するブログ「monograph」に読者が集まるようになり、2017年に独立、株式会社ドリップを設立。現在は知見を活かし製品開発分野に進出。

【style3:リップストップ】
中村洋太さんがモレスキンを
ビジネスユース

「リップストップ」は、分刻みで移動しながらアクティブに活動するような人に向けて作られていて、まさに適任だと思ったのがプロライターの中村洋太さん。

ツアーコンダクターのキャリアや、国内外を自転車や徒歩で旅した経験を経て、現在はビジネスメディアにも携わるというマルチな活躍。 “移動を楽しんでいる” という言葉がしっくりきます。

「ノートPCがしっかり収納できるポケットもありますし、仕事で使う一眼レフのカメラもすっぽり入ったので、思った以上の収納力に驚きました。このタイプならジャケットスタイルにも合うし、取材やインタビューだけでなくそのまま打ち合わせにも行けそうですね。

フリーランスなので基本的に朝の満員電車とは無縁だったんですが、最近朝活を始めたこともあり、乗る機会が増えたので前掛けができるバックパックはちょうど欲しいと思っていたんです。自転車に乗るときも便利ですしね」

「上の持ち手がしっかりしていました。打ち合わせのときにこれは嬉しい」
「自転車移動のときは、やっぱりリュックタイプが最高です」
中村洋太

プロライター、BizTERRACEマガジン副編集長
旅行情報誌の編集とツアーコンダクターを経て、プロライターとして独立。これまでに自転車で西ヨーロッパ一周、アメリカ西海岸縦断、台湾一周を達成したほか、東海道五十三次600km徒歩の旅も。現在はビジネスメディア「BizTERRACEマガジン」の副編集長も兼務。

→詳しくはコチラ

※撮影に使用しているのはサンプルのため、実際の商品とは仕様が異なる場合がございます。

Top image: © 2019 TABI LABO
他の記事を見る
チェコが誇るアウトドアブランド「ティラック」、世界中のクライマーから愛される北欧アウトドアブランド「フーディニ」、イギリスを代表するアウトドアメーカー「カ...
この石をお湯で温めて、肩コリにぐぅっと押し当てると、じんわりと体の奥まで染み入るような熱伝導を感……
集中力ゼロ。もうダメだ。そんな緊急事態にはアロマパワーです。嗅覚から得るエネルギーは絶大なのです。
これ、転がすタイプのお灸なんです。
いつでもどこでも上質な国産蜂蜜を。とくに風邪気味で喉がイガイガするときは、個包装のはちみつを1本持って出かけると安心です。
問答無用の説得力です。まだ医療が充実していなかった時代、薬湯は治療にも使われていたと言われています。東大寺の復興造営に携わった人々も、薬草を敷いた蒸し風呂...
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
Hana Everydayがデザインしたバッグ、その名も「Daddy Bag」を紹介。父親が使うことを考えたバックパックに仕上がっています。
Kickstarterでクラウドファンディング中の「Hot Pocket」。シュラフ用バッグであり、電気ブランケットとしても使えます。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
カラフルなアフリカンプリントをあしらった「RICCI EVERYDAY」のバッグや小物は、Nsubrua(水の波紋)をあしらっていて、街の雑多感の中でも、...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
専用の背面パッドを併用することで、ノートPCやドキュメントホルダーまでも収納できるようになった。こうなってくると、ちょっとそこまで用じゃない。通勤でも、(...
「確かにオーバースペックかもしれない──」。これほど男子をそそる言葉があるだろうか?元ノースフェイスのバッグデザイナーとバイクレーサーが共同で立ち上げたメ...
ニューヨークを拠点に活動する現代アーティスト、トム・サックスとスポーツブランドのナイキがコラボしたレインポンチョ。ウエストバッグに収納されたポンチョは、コ...
ロンドンのメーカー「FYB」のハンドバッグは、あちこちを忙しく飛び回る女性のセキュリティ問題を、しっかりとサポートするためにつくられた製品です。
海外旅行に行くとき、どんなバッグを持って行きますか?何かと荷物も多いから、移動用はバックパックの一択、という人も多いでしょう。でも日本ならまだしも、海外で...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
デザイナーが一つひとつ丹精込めて手縫いするティー「バッグ」。伝統に甘んじない、老舗紅茶ブランドの新たな取り組みです!
〈REVELATE DESIGNS(レベレイトデザイン)〉の「フィードバッグ」は、ハンドルに付けるドリンクホルダーのような役割。ただし、自転車用ボトル以外...
「7ven」はオーストラリア、メルボルンの〈ALPAKA(アルパカ)〉のメッセンジャーバッグ。最大の特徴はポケットの多さ。ディティールを語りだすと止まらな...
スイムブランド〈SPEEDO(スピード)〉とスポーツライフスタイルショップ〈NEUTRALWORKS.〉のダブルネーム。