毎日100錠のサプリを飲むGoogleエグゼクティブ「寿命はコントロールできる」

未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来にはさまざまな憶測が飛び交います。ここで紹介するのは、未来ではなくいま、実際に変わった食事をしている人を紹介します。

Elite Dailyコラムによると、GoogleエグゼクティブのRay Kurzweil氏は、毎日100錠のサプリを飲む驚きの食事をしているとか。ここからは、その驚きの内容を見てみましょう。


 

1日10万円!?
毎日100錠のサプリを飲む67歳

F9405e03815ef134a5b76a0cc90ddce6b414667b

今年67歳になるGoogleエグゼクティブのRay Kurzweil氏はこの食事法のおかげで、まるで40代後半のようにピンピンしているとか。

まず、朝食についてはベリー類を多めに取って、スモークサーモンとサバ、ダークチョコレートを溶かしたエスプレッソとバニラ豆乳、さらにお粥を食べるのだとか。

食事内容だけ聞くと、砂糖もたっぷり摂取しているように思えます。しかし、注目すべき驚きの食事は、なんとこれらの食事に加えて1日に100錠のサプリメントを飲むというもの。費用は1日に1,000ドルかかり、朝に30錠、夜に70錠と分けているそうです。

サプリはそれぞれ体の色々な機能に働きかけるものを組み合わせて摂取しており、心臓や目、脳などに効果があるもの、性欲を促進するものなどがあるのだとか…。

9f3cd08752183a461a4d9df394d9b0128127dc8d

彼はダイエットをしながらたくさんのサプリを摂取することで、遺伝子が本来持つ寿命を否定したいと考えています。彼は父親を心臓発作で亡くしています。そのときの父親の年齢は58歳でした。彼は寿命とライフスタイルの関係について、このように話しています。

「社会通念として、寿命は80%が遺伝子によるもの、20%がライフスタイルによるものと言われています。しかし、あなたがより長く生きようと熱心にライフスタイルの改善に取り組むなら、90%が自分で操作可能になり、遺伝子によるものはたった10%になるでしょう」

彼は予想される寿命を上回って長生きすることはそれほど難しいことではないと付け加えています。なぜなら大昔の寿命はたいへん短く、何千年もの間トライ&エラーを繰り返したりしながら、人間は今日までその寿命をゆっくりと着実に伸ばしてきたのですから…。

 

Licensed material used with permission by Elite Daily

テレビやSNSでよく話題になる◯◯ダイエット…。けれどそれらは、実は健康に悪影響を与えているかもしれません。そんな間違えやすいダイエット法を、坂詰真二さん...
「カタチあるモノは必ず壊れる」という言葉の通り、モノには当然「寿命」があります。よくよく考えれば、まだ壊れてないから、と使いつづけている身の回りのモノたち...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
タイのフォトグラファーVisarute Angkatavanichさんが撮影したベタの写真は、私達が知っているそれを何倍も美しくしています。
想像していたテイストと違ったんです。ビックリしちゃいました。
わたしたちが知ってるようで知らない、生き物の生態。当然ですが、あのハムスターでさえ、意外な生き方をしているのです。あらゆるものの寿命が掲載されている、いろ...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
時代が移ろいゆくにつれて、どんどん便利になる世の中。たとえば、発達する医療。そのおかげでわたしたちは、長生きができるようになりました。現在の日本人の平均寿...
ジムで「プロテイン飲んでみませんか?」と勧められたとき、即座に「いいです」と断ってしまった。そのパッケージがすごくギラギラしていて「マッチョになりたい人の...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
体型維持のため、あるいは落ちない脂肪と格闘して、ダイエットの理由は人それぞれ。そして、その方法もまたさまざま。正しいダイエット法なんて、本当に存在するので...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
近年、目覚ましい発展を遂げるAI(人工知能)ですが、イギリスの医療研究機関MRC(Medical Research Council)の発表によれば、心不全...
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...