美味しいも、かわいいも、犬のトートに詰め込んで。大分・日田温泉の自分勝手なお土産

また出合えるかもしれないけど、

二度と出合えないかもしれない。

 

旅先で、心が動く一品に出合った時、必ず考えることがこれです。で、結果的にばしばし買っちゃう。

旅の途中はあまりお土産選びに時間をかけてもいられないから、とりあえず「いい!」と思ったものをいろいろ買って、誰にあげるかはあとで考えます。厳選してもしなくても、喜ぶ人は喜ぶし、喜ばない人は喜ばないものですよね。ちょっとぐらい無駄遣いもよし。そのぶんは、またちょっと頑張って働けばいいだけです。

 

大分・日田温泉の旅から、私が持ち帰ったお土産をご紹介します。

1.秋田犬トートバッグ

©2019 TABI LABO

ということでまずはこのトートバッグから。出合いは、日田の映画館・リベルテでした。犬だかわいいな、と思ってよく見たら、牧野伊三夫さんが描いた秋田犬。つぶらな瞳やでっかいマズルも味わい深く、ばーんと踏みしめた太い前脚も好みで、ぐっときます。

 

今回ゲットした日田温泉のお土産は、このバッグに詰めて持ち帰りましたよ。A4サイズもすっぽりの、かわいくて使えるトートです。

2.日田案内

©2019 TABI LABO

で、同じくリベルテではこんなものもゲットしました。山や林業の現状を知り、日田で何かやろうという会である「ヤブクグリ」が発行している、日田の案内マップです。

 

「活動をする中で、日田の町に魅力的な場所を見つけて誰かに伝えたくなったので、ご案内することにいたしました」

 

そんなふうに書かれたこの案内マップには、お店や立ち寄りスポットだけではなく、木工所や丸太が買える場所の紹介などまで載っていて、ヤブクグリならではの面白さがあります。

©2019 TABI LABO

読み込んでいると、この案内マップは日田が好きな人たちが作ったんだなあということが伝わってきます。ちなみに私は日田をひと通り回ったあとに見つけたので、お土産に持って帰って答え合わせのように読みました。それもまたよし。これから旅する人は、まずこれを手に入れると、心強いかもしれません。

3.モミジ

©2019 TABI LABO

お次はこちら。過激なビジュアルで失礼します。

 

でもこれ、れっきとした日田の郷土料理。名前を「モミジ」といって、鶏の足を醤油や砂糖、生姜などで甘辛く似た食べ物です。なんでモミジかっていうと、見た目が紅葉の葉っぱに似てるから。お惣菜として、日田のお肉屋さんには結構普通に売られているようですが、持ち帰り用のチルドパックのものを、日田バスセンター内にあるお店、「元町拾八番地」で見つけました。

©2019 TABI LABO

パッケージもなかなかのインパクト。

 

食感はプリプリ、コリコリ。指の第三関節あたりがわりとお肉が付いていて美味しいです。地元では、子どもはおやつとして、大人はおつまみなどとしてモミジを食べるとか。本当に美味しいんですよ! 見た目はすごい、アレなんですけど。

©2019 TABI LABO
→日田温泉に泊まってみたい!

4.はらはら薬 翁丸

©2019 ETSU MORIYAMA

「“ハラハラ”と気を遣うストレスをサッと解消する上に、よく効いて副作用がないと、昔から定評を受け、300年間愛用され続けてきた」

 

そんな紹介文が添えられているこの「はらはら薬・翁丸」は、豆田町にある岩尾薬舗・日本丸館で見つけました。

 

健康の大もとは“おなか”にあり。

 

はらはら薬・翁丸は、上のはら(胃、胆のう、すい臓、ひ臓など)と下のはら(小腸、大腸)の両方の自律神経に作用して自己治癒力を高める生薬の中で、特に気剤(気を高める薬剤)を選りすぐって組み合わせた純漢方薬なのだそうです。

 

他にも効能として、下痢、腹痛、吐き気、二日酔い、胸の張り、食あたり、胃弱、消化不良、食欲不振などがあり、調子が悪い時はもちろん、調子がいい時でも、毎日飲み続けると未病の予防になるそうですよ。自律神経の乱れはストレスが原因とも言われますが、特に毎日ストレスに囲まれて暮らす現代人には、翁丸、いいかもです。パッケージの翁のイラストも、ご利益ありそうな感じ。

5.レトロパッケージのお薬

©2019 ETSU MORIYAMA

飾りじゃないのよお薬は。

ということで、同じく岩尾薬舗・日本丸館で見つけた、飾りたくなるお薬が5つ目のお土産。こちら、効能云々というよりは、完全にデザインで選びました。パケ買いです。かわいいでしょ。この「セキトマル」とか。

©2019 ETSU MORIYAMA

ゲホーー。きゃーー。

 

他にも素敵なデザインのパッケージがいろいろとあったんですが、それに比べて今のお薬のパッケージは、ずいぶん味気ないんだなあ……と思ったりも。

左の二つは風邪薬、右の二つは解熱鎮痛剤です。一つ300円ちょっとでしたので、ばらまき用のお土産にいいかもしれません。年配の方が懐かしんで買って行くのかと思いきや、若い人が珍しがって買って行くことの方が多いんだそうですよ。

6.きこりめしTシャツ

©2019 TABI LABO

日田駅前にある大衆食堂、寳屋でゲットしたこの深緑色のTシャツ、よく見ると「日田きこりめし」って書いてあります。寳屋で食べられるきこりめしの、関連グッズです。イラストはこれまた牧野伊三夫さんの、きこりのおじさん。

 

だいたい洋服を選ぶ時は、こんなシチュエーションで着られるな、とか、あんな服と合わせられるな、とかを考えて買うのですが、このTシャツに関して言えばその工程は全部すっとばして、「ほしい」という気持ちのみでゲットしました。自分用のお土産です。

→日田に泊まるならコチラ

7.きこりめしに付いてるやつ

©2019 TABI LABO

で、その「きこりめし」に付いてきたこのノコギリ、お弁当の中に入っているゴボウを切るためのものですが、かわいかったので綺麗に拭いて持ち帰りました。イソイソとノコギリを紙ナプキンに包む私を、カメラマンはやや冷めた目で見ていましたが、寳屋のご主人曰く、使わずに持ち帰る人も結構多いそうですよ。

 

持ち帰ってどうするんだよ、と言われてしまうとアレなんですが、こんなふうにお仕事している人に切りつけて邪魔することだってできます。

©2019 TABI LABO

えい。

まあそれだけなんですが。

8.日田のマンホールと猫

©2019 ETSU MORIYAMA

杉といえばこの日田杉でできたコースター(左)とバッヂ(右)は、豆田にあるライフデザインショップ・エリアスで見つけました。

 

よく見ると、顔のパーツが「日田人」になっている猫のバッヂは、店長の仙﨑さんが、文章を書いていた時にたまたま「日田人」って文字が顔っぽいなと気がついて、ギャグで商品化したら人気が出てしまったという商品。猫グッズだかわいいなと手に取ったら、顔が日田人になっていて、商品の説明を読んだら日田杉。たたみかけてくるワクワクに、思わず「ほおぉー」。

 

それとこのめちゃくちゃ細かいデザインのコースターは、もともと福岡出身の仙﨑さんが、日田に来た時からかわいいと思っていた日田のマンホールをデザインして作ったもの。日田を流れる三隈川の名物・鵜飼いの様子が描かれています。本物はこちら。

©2019 ETSU MORIYAMA

市役所の水道課に連絡して許可をもらったところまでは良かったけど、途中大変すぎて諦めそうになりながらも、なんとか完成したというこのコースター。私も日田のマンホールかわいいなって思っていたので、完成して本当に良かったです。今回、本物の鵜飼いを見られなかったぶん、一旦このコースターで持ち帰りたいと思います。

9.日田かるた

©2019 TABI LABO

最後はこのご当地かるた。全国的には群馬の上毛かるたなんかが有名ですが、日田にもありました。絵柄を見ると、温泉や日田祇園山鉾、日田焼きそば、鵜飼いなど色々なものが網羅されていて、万が一旅にカメラを持って行き忘れても、思い出はこれがだいたいカバーしてくれるんじゃないかと思います(ホントか)。日田バスセンター内にあるお店、「元町拾八番地」でゲットできます。

 

さて、そんなわけで私流の日田温泉土産のご紹介はここまで。

参考にしてもいいし、参考にしなくてもいいです。どうか、誰にも真似できない、自分らしいお土産セットを持ち帰ってきてくださいね。

【各商品の購入先はコチラ】

LIBERTÉ(リベルテ)」(『秋田犬トートバック』『日田案内』)

住所:大分県日田市三本松2-6-25 日田アストロボール2F
TEL:0973-24-7534
営業時間:9:00〜22:00*閉館時間は作品によって変更あり
定休日:なし
公式HP:http://liberte.main.jp/

日田バスセンター 元町拾八番地」(『モミジ』『日田かるた』)
住所:大分県日田市元町18-1日田バスセンター内
TEL:0973-22-7681
営業時間:7:00~19:00(1/1、12/31、棚卸し日に関しては変更あり)
定休日:なし
モミジ販売元:株式会社タイセイフーズ

岩尾薬舗 日本丸館」(『翁丸』『レトロパッケージのお薬』)
住所:大分県日田市豆田町4-15
TEL:0973-23-6101
営業時間:10:00〜16:00
定休日:不定休
公式HP:http://www.iwaoyakuho.com/

寳屋」(『きこりめしTシャツ』『ノコギリ』)
住所:大分県日田市元町13-1
TEL:0973-24-4366
営業時間:11:00〜21:00(オーダーストップ)
定休日:なし
公式HP:http://takarayahita.com/takaraya.asp

Areas(エリアス)」(『日田のマンホールと猫』)
住所:大分県日田市豆田町7-20
TEL:050-1048-7757
営業時間:9:30〜19:00
定休日:不定休
公式HP:http://www.hi-count.net/
公式SNS:https://www.facebook.com/LifeDesignShopAreas

→日田温泉の宿はコチラから
Top image: © 2019 ETSU MORIYAMA
取材協力:日田旅館組合
【特集】そぞれ!九州のポカポカな温泉街
大分県は、全国一の源泉数と湧出量を誇る別府温泉をはじめ、「行ってみたい温泉」で常に上位にランクインする由布院温泉など魅力的な温泉がそろっています。趣ある町...
シュワシュワ〜っ。まるでラムネの中に全身を浸けているような気分の温泉があるらしいのです。その名もずばり「ラムネ温泉館」。さすがに甘くはない(笑)ようですが...
シンクロと大分県のバラエティ豊かな温泉を掛け合わせたユニークで斬新な「シンフロ」動画で世界を沸かせた大分県が、今回またも本気で挑んだ動画は、温泉で繰り広げ...
大分県では昔から、お刺身などを食べたときに残った “切り身の端っこ”をタレに漬け込んで保存する食文化がありました。ちょっと不思議な名前の料理「りゅうきゅう...
まだまだ知らない日本の歴史や文化ってたくさんありますよね。本や映像で学ぶこともできますが、機会を見つけて現地まで足を運んでみませんか? 日本の歴史がたくさ...
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
日本各地に伝わる郷土料理には、それぞれの地域の特色がよく出ていて、これだけを食べ歩くのも楽しいものです。ここで紹介する「吉野鶏めし」は大分県の地元めし。そ...
厳島神社、鳥取砂丘、出雲大社など、人生で一度は訪れてみたい観光スポットが「国立公園」の区域内に位置している中国地方、四国地方。日本を代表するような魅力的な...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
あなたの身の回りにも一人や二人は存在している、自分勝手な人。付き合いが浅いうちは気付かなくても、少しずつ自分勝手な人に振り回される回数が増えて困っている人...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
カバのマークに、ころんとしたフォルムのカバ型カラメルソースの容器……。静岡・熱海の小さなプリン専門店で作られる「熱海プリン」がかわいいです。
パッケージで微笑む女の子がかわいい福岡の「お子さまめんたいこ」。出汁が効いた唐辛子抜きの明太子で、お子さまと言わず辛いものが苦手な人にもぴったり。おにぎり...