一流の人が実践する「いい香り」の選び方と使い方「4箇条」

例えば、同じ服を身につけ、同じ店に行き、同じものを食べていたとしても、どこか洗練された佇まいの人と、そうでもない人がいます。その差はきっと、香りの違いです。「香り」を上手に使いこなせるのは、成熟した大人の証。香りとの付き合い方が「一流の人」とそうでない人を分けるのです。

一流の人が実践する「香りとの付き合い方」とは?

 01.
香りは「組み合わせて」いい

香水だけでなく、メイクや柔軟剤、人が一度に身につけている「香り」の種類は想像以上に多いもの。よく「混ざった香りは不快」というのが一般的な常識としてあちこちで語られていますよね。でも、それは一つ一つの香りが強すぎるからなんです。香りの上級者が選ぶのは、もっと「優しい香り」。一つ一つ吟味された優しい香りであれば、混ざり合って不快な臭いにはならないし、組み合わせることでより魅力的な香りを生み出すことだって可能なんです。

02.
香りで「記憶」にアクセスする

今、香りのトレンドは「人に嫌われない」ことに主眼が置かれています。「清潔感」を演出するのは「消臭」「無香」が最も手っ取り早いし、香りのついた柔軟剤なども、入念なリサーチを元に「最も人気のある香り」が導き出される・・・つまり、言い換えれば無個性、香りの大衆化が起こっているのです。

しかし、一流の人にとっての「香り」は、自分のアイデンティティを確立するもの。香りは人々の記憶に残りやすく、自分を印象的に相手の記憶に刷り込むための大切なツールなのです。例えばビジネスシーンでは名刺に香水をさりげなくふりかけておくなど、工夫次第で相手が抱く印象は大きく変わるもの。目に見えるところ以外への気配りが、やがて大きな成果につながるのです。

03.
香りは「身にまとう」ように

とても印象的なのに、決して強すぎず不快にならない。絶妙の距離に近づいたときだけ「ふわり」と香る──そんな経験はありませんか?その秘密は、香りのつけ方にあります。彼らは香りを直接体に「つける」のではなく、「身にまとっている」のです。

日本語では一口に「香水」と言っても、実は「パルファム」「オーデコロン」「オードトワレ」など細かく分類されていて、それぞれ濃度や持続時間が違うので、当然つける量もつけ方も変わってきます。一流の人はそれをしっかりと把握していて、どんな香水でも「ふわり」と香るよう身にまといます。

香水だけではありません。最近じわじわと注目されている「ルームフレグランス」を生活に取り込み、ほのかに香り付いた部屋の空気に日常的に触れることで、まるで自分のオーラのように香りを「身にまとう」という上級者も。

04.
香りは「スイッチ」としても使う

160421_otsuka_002恋愛、ビジネスシーン、あらゆる人間関係の中で、香りは「人にどう思われるか」を考えて使うことが多いもの。でも、「誰か」のためではなく「自分のため」に香りを使うこともマスターしたいところ。アロマテラピーなどが確立されているように、香りは人の感情に影響を与えやすいと言われています。一流の人は、香りの特性を活かして自分の「スイッチ」を切り替えるのです。

例えば自宅や会社、生活動線上に異なる香りをいくつか配置してみましょう。朝起きてリビングルームに入った時に嗅ぐのは目が覚める香りでスイッチオン。会社のデスクでは集中力を増す香り。帰宅して最初に嗅ぐ玄関の香りはリラックスできる香りでスイッチオフ。シャワールームの香りはさっぱりと清潔感のある香り。ベッドルームにはナチュラルに眠りを誘う香り・・・このように一つの家の中でもあらゆる香りを組み合わせることで、気持ちの切り替えがしやすくなるんです。

香りの4箇条を体現し
世界の一流に選ばれる
フレグランス「CULTI」

160421_actus_001ここまで見てきた、一流の人が実践する香りの4箇条。実はそれを体現しているブランドがあります。それが、イタリア・ミラノ発、世界のVIPから選ばれる「香り」のブランド『CULTI(クルティ)』です。CULTIの創業者アレッサンドロ・アグラティは、「香りがライフスタイルをもっと豊かにしてくれる」という信念のもと1990年にブランドを立ち上げ、以来暮らしを彩る「香り」のアイテムを発信し続けてきました。その独特の世界観は、やがてV.I.P.を中心に密かなブームを巻き起こし、今やイタリア国内で直営店を持ち、各国にファンを生み出すブランドへと成長したのです。

呼吸するように香る
ウッドスティック式
ルームフレグランス

160421_actus_002中でも『CULTI STILE(クルティ スタイル)』『CULTI DECOR(クルティ デコール)』の2ラインからなる、ウッドスティック式のルームフレグランスはCULTIの代名詞として知られています。選べる香りの種類は全11種、その特徴は何と言っても「どこまでも優しい香り」。ウッドスティックを通じて呼吸するようにゆっくりと香るので、部屋ごとに香りを変えるのもアリだし、香りを組み合わせて楽しむこともできます。香りを身にまとい、スイッチを切り替えるのにまさにピッタリのアイテムなのです。

洗練されたボトルデザインや、森の木々を思わせる籐のスティックが嗅覚だけでなく「視覚」も楽しませてくれるCULTIのルームフレグランス、日本ではインテリアショップの『ACTUS』が唯一の正規販売店。気になる人はお店をチェックしてみては?

CULTIルームフレグランス
好きな香りをプレゼント!

actus_campainちなみに。今ならCULTIルームフレグランスの中でも人気の香り6種類の中から、好きな香りを選んでもらえるトライアルキャンペーンも実施中。使いごたえ充分のルームフレグランス250ml(8,100〜8,640円相当)が60名にプレゼントされるチャンスですので、この機会にぜひ下記よりご応募ください。(アンケートで「TABI LABO見た」とお答えください)btn_skysc_160406_01

PCはコチラ

CULTIルームフレグランスが手に入る唯一のオンラインショップ、『ACTUS Online Shop』コチラ

Sponsored by ACTUS

家を出る前に、香水をシュッとひと吹き。もしココが湿気の少ない欧米なら、それだけでニオイ対策は十分でしょう。でも、日本の夏は高温多湿。職場に着く頃には、ほと...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
TABI LABOでは、月に1回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。男性の皆さん必見です! 今回のテーマは「香り...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
すれ違ったときや側にいるときに、ふわっとイイ香りを漂わせたい。そう思って香水をつけても、汗で流れたりしてなかなか持続しないことがあります。でもこれなら、肌...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
香りが生むストーリーを大切にするボディケアブランド、SABON。そのなかでも、キッチンにあるようなジャム瓶やワインボトル、プルトップ缶などのフードパッケー...
一流の人の周りには、不思議と人が集まるものです。よく見ていると、一流は何気ない気配りがとても上手なことが多いのです。拙著『一流になれる人、なれない人の見分...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「一流」と呼ばれる人たちは、私たちとは根本的な何かが違うのでしょうか。実は、当たり前のことを続けているだけなのです。ここでは、誰でもできる、チャンスを引き...
雑誌の編集者を経て、ブランドプロデューサーとして活躍中の渡辺佳恵さん。6年来アドバイザーを務める雑誌『美的』 (小学館)は、雑誌が売れない時代のなか、7年...