ソムリエいらず!?「ワインの適温」を教えてくれるスマート温度計

同じワインなのに、レストランで飲んだ味と違う…。そんな経験があるなら、それは温度のせいかも。「Kelvin(ケルビン)」ならおいしかったあの味を家でも楽しめますよ。

「温度管理」が
とっても大切な飲み物

Medium 8bc6fd3597c53e089c73931094457dfe4eca9e6e

ワインは熱や光、振動に弱い繊細なアルコール。特に温度管理は大切で、高すぎたり、低すぎたりするとフルーティーさがなくなってしまったり、渋く感じたりしてしまいます。

ソムリエがベストなタイミングでサーブしてくれるのは、銘柄、ブドウの品種ごとに「適温」を把握しているから。

素人では大変かも…

主な品種でも、おいしい温度にこれだけの開きがあります。

Medium c79fdb5fd74fdc47e00b71bfd159dd1ceb5489b4

でも、心配いりません。100種類以上の推奨温度が判断できる「ケルビン」は、ソムリエと同じ働きをしてくれるアイテムなんです。

着けて、選ぶだけ。

Medium eaacad49930129b0f4edb76f38b9bd05ee44ad30

使い方は簡単。ワインボトルに装着、スイッチオン。

Medium 8e37c57ac375e83d4993883c630237a7ebd1ece6

ワインの種類を選んでタップ。適温や産地の情報が出るので、選択してYESボタン。Bluetoothと接続します。

Medium 0c7496e6e4c414313e63367d0e1951291b928cdb

スマートフォンに赤の表示が出た場合は、温度が高いので冷蔵庫へ。

Medium 4c89cef681c9ccd0cb4d86385cb37c3a11377642

青は温度が低すぎるので、室温で置いておきましょう。

Medium 65b0c6a189e26b7a33b2898ac98be584ee41640c

あとはアプリが教えてくれます。

Medium 33d2b85e931507cf35aa3f58f96bc1eea1ae4446

ちなみに適温は緑。かんぱーい!

Medium b116e7236535e66e51a51fd522238ed9b336e205

現在もっともおトクなプランは、4,200円で本体と充電器がついてくるもの。お届けは2016年10月を予定しています。

おうちデートやパーティで大活躍しそう!ワインに凝り始めた人へのプレゼントにもいいですね♪気になった方はこちらから詳細をチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Makuake
淹れたてのコーヒー美味しさを、いつまでもキープし続けるためには、最適な温度を維持すること。この目的のためだけに開発された、コーヒー好き必見のサーモマグをご...
ちょっといいレストランで食事をしようとするとき、避けては通れないのが「ワインの注文」。どうせならかっこよく、まるで詳しい人かのようにオーダーしてみたいです...
よほどのワイン好きでなくたって、なんとなくでもワインの良し悪しの判断基準が、自分のなかにあるもの。けれど、それを見つけるための代償として、ジャケ買いしたり...
これまで、タンブラーや水筒を使うことで可能だったのは、一度入れた飲み物を「保温」すること。しかしこの「Yecup 365」なら、温めたり冷やしたりと自由に...
よく「若いワイン」を安物のワインとイコールで認識している人がいるけれど、それってじつは大いなる誤解。こんなことワイン好きからすれば釈迦に説法だけど、若いと...
ワインにはポリフェノールを筆頭にビタミンやミネラルなど多くの成分が含まれていることで知られています。その他にも様々な健康効果があるようですが、もちろん飲み...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
酔っ払いたいけど、体重が気になるあなたへ。飲むお酒をワインひと筋にしてみてはいかがでしょうか?ビールほどむくまないし、酔っ払っても上品さがキープできるワイ...
クラウドファウンディング「Kickstarter」に登場後、わずか半日で目標額を突破し話題をさらった新製品が、この弁当箱。もちろん、ただのそれではありませ...