ジム嫌いでも大丈夫!日常生活にある「21のエクササイズ習慣」

運動はしたいけど、ジムはいつだって混んでるし、周りの目も気になるしちょっと苦手…。そんなあなたに「Pure Wow」にまとめられていた、楽しく続けられてカロリー消費にもなる21個の「遊び」を紹介します。

意外と日常生活の中にも「エクササイズの要素」はたくさん転がっているものですね。

01.犬の散歩

514d0ced766dabea66244127cb2705aad109316b

ただし、ワンちゃんをあなたのペースに合わせてついてこさせること。

02.公園やビーチの清掃ボランティア

気分もいいし、自然な筋力アップにも期待!

03.友だちと公園でフリスビー

ひとりで黙々と腕立て伏せをするよりも、楽しく全身運動ができること間違いなし。

04.食後の散歩

夕食後、テレビの前のソファにどっかりと座り込むのはやめて、30分ほどブラブラと歩いてみましょう。ゆっくりでも大丈夫。

05.庭のお手入れ

Bb0a2a2e54a37059ea5b38db95a7d5fca95812bf

よく見ると、庭に雑草が生えていますよね。そこに、苗木を植えてみては?引き締まったカラダと素敵な庭が同時に実現できるかも。

06.川や湖でカヌーにチャレンジ

自然を感じられるアクティビティに挑戦してみましょう。じつは想像以上にタフで、全身がクタクタになるスポーツなんです。さらに気分もリフレッシュ!

07.子どもの外遊びに付き合う

子どもや甥っ子、姪っ子と遊んだ経験がある人には分かるはず。彼らの体力は無限大です。そばで見守っているだけではなく、鬼ごっこの鬼役になってみては?想像以上のエクササイズになりますよ。

08.ハイキングをする

まずは近所でいいので、コースを選び、さっそく今週末はハイキングに出かけましょう。

09.ビヨンセになりきって踊る

あるいは他の「アガる」ミュージシャンでも構いません。リビングで動画を見ながら、15分間ホンキで踊りまくってみましょう。

10.バレーボールに挑戦

F33188dbc4394c82e24bb58170f11164137bf72f

庭や公園でも構いません。バレーボールをやってみましょう。慣れない球技にチャレンジすることや、思いっきりジャンプすることで、普段つかっていない筋肉を刺激できるはず。

11.通勤を、自転車に切り替える

毎日の車通勤をやめて、週に一度くらいは自転車で通勤してみては?

12.楽しく続けられるフラフープ

ストイックな腹筋が苦手な人は、代わりにフラフープをやってみてください。楽しく「くびれ」をつくることができますよ。さて、何回続けられるでしょうか?

13.プランクを3分間やる

テレビCMの間、Facebookのチェックをやめて、床の上で3分間のプランクにチャレンジしてみましょう。スキマ時間でうまく体幹を鍛えられますよ。

14.プールでカロリー消費

必ずしもずっと泳ぎ続ける必要はありません。ウォーキングでも、横泳ぎでも、鬼ごっこでも…とにかくプールのなかで運動することは、全身運動とカロリー消費に効果的。

15.ヨガに一ヶ月挑戦する

3faa5abadce7f1d645148b141fa1825cdd0abe55

YouTubeの『Yoga With Adriene 30日間ヨガキャンプ』を試してみては?一ヶ月間続ける自信がなければ、まずは好きな部分だけでもいいので始めてみましょう。

16.原点は公園にあり。子ども時代に戻って遊ぶ

誰もいない公園で子どもの頃のようにアスレチックに挑戦してみましょう。うんていや鉄棒は、とてもタフなエクササイズになります。ちなみに滑り台も、20年前と変わらず楽しめるものですよ。

17.雪が降ったらソリすべり

雪の上で遊ぶのって、ものすごく体力を使いますよね。滑り終わったら、また丘の上まで駆け上がるのをお忘れなく。

18.側転をしてみる

もう何年もチャレンジしていないのでは?慎重に、慎重に、広いスペースで側転に挑戦してみてください。筋力、バランス感覚、柔軟性、いろいろなものが必要になることに気が付けるはず。

19.スキップをしてみる

側転をしたあとは、同じ場所までスキップで戻ってみましょう。自宅のなかでのエクササイズだけでは味わえない、躍動感のある動きを味わえます。

20.オフィスでこっそりエクササイズ

イスに座ったままでもできるエクササイズを取り入れると、血流も改善します。

21.お買い物は歩いていく

15c3f267717dc16987fe7a54bb4881082f817a31
スーパーへは歩いて行きましょう。今晩の献立の食材を全部持って帰れば、上腕三頭筋が引き締まってきますよ。
 
Licensed material used with permission by Pure Wow
ジムといえば、身体を動かしてアクティブに汗を流す場所。でも、ジムでゆっくりと身体を休めてリラックスする、という逆転の発想のクラスがイギリスで誕生しました。...
通勤時間を有効に使いたいーー。本を読んだり勉強するのは一般的ですが、新たに「体を鍛える」という選択肢が加わるかもしれないのがロンドン。ジムを備えたバス「R...
最近デートに退屈さを感じていませんか?もっと言えば人間関係が面倒くさいときはありませんか?つねに何かに“縛られている”現代社会において「ストレスから開放さ...
何をするにしても、苦しいばかりではなかなか継続できませんよね。もちろん、エクササイズも然りです。でも、ここで紹介するジムのプログラムはとにかく楽しそう!ま...
運動は健康にいいなんて今や常識だし、ボディメイクだってもっとしっかりしたいし…そうは思っていても、ジムに行くのはお金も時間もかかるもの。かといって、家でエ...
「スポーツジムやフィットネスクラブに通う」「近所をランニングする」など、健康維持や肉体改造のため日常的に運動をする人が増えていますよね。じつは今、運動前後...
現代人のみなさん。仕事に追われて運動不足になってませんか?ストレスで食べ過ぎたりしてませんか?そんな人たちに読んでもらいたいのが『あなたは半年前に食べたも...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
「マフィン・トップ」という言葉を知っていますか?じつはこれ、ジーンズの上にのる「はみ肉」のこと。ポヨンっとした様子がまるでマフィンみたい、ってところに由来...
個人的な話で恐縮ですが、年末から通い始めたジムへの足がもう遠のき始めていて、自分に嫌気がさしている今日この頃。仕事が忙しいとか、睡眠時間を確保したいとか理...
仕事帰りにジムに行ってトレーニング。そんな生活を送っている人は少なくないだろう。でも、クタクタになった後に、栄養バランスを考慮した食事を準備するのはハード...
ほぼ毎日と言っていいほど、ジムに通っている僕。「今日は胸の日」「明日は背中の日」といった具合に、その日ごとに鍛えるパーツを決めて重点的に筋トレをおこなって...
見た目の華奢さを大きく左右する肩幅を少しでも狭くしたい!そう思っている女性は少なくないですよね。何を隠そう、私もそのうちの一人。いままでは、矯正や整体にで...
女性なら誰もが憧れる、ぷりっとしたお尻の作り方をお教えします。米フィットネストレーナーのAlex Hurwitsさんが「Elite Daily」で紹介して...
下着からはみ出した、背中の贅肉。普段自分では見えない部分だからこそ、気になっている人も多いのではないでしょうか。背中に贅肉が付きすぎると、老けて見えるだけ...
米ヒルトン・ホテル&リゾーツにワークアウト専用の客室ができたそうです。これ、簡単に説明すると、全身の筋肉を鍛えられてしまうほどの、様々なトレーニンググッズ...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
「仕事が忙しくて…」「時間がなくて…」なんて言い訳をするのは、カンタン。でも運動して手に入るスタイルは感動ものです。夏はまだ先、なんて思っていると、あっと...
これは、「Simple Organic Life」に掲載された小顔エクササイズ。意識を集中すべきところは顎の下から首にかけて。では、早速始めましょう。ST...
大音量のミュージックに乗って暗闇でバイクをこぐ「FEELCYCLE」や、同じくBGM&暗闇で行う格闘系フィットネスクラブ「b-monster」のように、昨...