住民の努力が環境を変えた!10年でCo2を40%減らした街

イギリス北西部、チェシャー州に位置するアシュトン・ヘイズ。この街は、住民たちの協力のもとで「Co2削減」の試みがおこなわれ、なんと10年で約40%もの削減に成功したという。

驚きなのは、このプロジェクトに法的な拘束力や政府の後押しなどは一切なかったということ。京都議定書で、2008〜2012年の間に削減目標とされた先進国の数値が「5.2%」だったことを考えると、この街のプロジェクトがいかに素晴らしいものだったのかが、わかるはず。

「一人ひとり」ではなく
「街全体」で取り組むこと

Medium bc4f6140a4031a1da3aed981b9442cc3bfc54f0d

この街に住む、ジャーナリストであり水文学者のガーリー・シャーロック氏は、この活動を街の人たちに広めた中心人物だ。

彼は、Co2削減について考えるイベントの講義に参加したとき、一人ひとりでCo2削減を目指すよりも「街全体」で協力してやれば、もっと大きな結果が得られるのでは、と考えた。

その後シャーロックは、住民の半分以上が出席する街の会議で「Co2削減プロジェクト」を提出し、2006年より実際に動き出すこととなった。

小さな心がけが
1年で20%削減という成果に

Medium 4c401c966389ba6cb409df2a869ed5538ac204a8

まず街の人たちは、Co2削減にむけて、小さなことから心がけるようになった。例えば、

・家の屋根にソーラーパネルを設置する

・洗濯物は外干しする

・LED電球へ買い替える

・できるかぎり電子機器の電源は消す

・エアコンを極力使わない

・車を使わず、徒歩か公共交通機関を使う

このように、街の人たちが変えた行動は些細なことばかり。しかし、それぞれが心がけていった結果、プロジェクトの採択後、わずか1年で約20%削減することに成功した。

隣の人が取り組むと
「じゃぁ、私も」と連鎖した

街全体の人々が「Co2を削減する」という共通のゴールに向かうことで、事実、街の人たちの結束力は日々強くなっていった。

隣の家の人がCo2削減に取り組むと、じゃあ私も、といった風に、その意識が連鎖的に街全体へと広まった。シャーロック氏はCo2削減プロジェクトがここまで広まった理由のひとつとして、政治家ではなく、街の人々によって決められたアイデアだからなのでは、と語っている。

子どもたちの役割は
次の世代へ受け継いでいくこと

Medium 23a6675674a0314db3b0acac8b66a747ac4aecdd

子どもたちも積極的に活動している。主要な会議は小学校で行われるので、子どもたちはいつもその場でCo2削減のためのアイデアをスピーチする。そして、小学校の屋根にはプロジェクトメンバーから寄付されたソーラーパネルが設置されている。

子どもたちの重要な役割は、

・みんなで協力すれば、いかに簡単にCo2削減ができるか
・街全体にどれほど大きな影響を与えるか
・プロジェクトに参加することで直接感じた知識

を、次の世代へと受け継いでいくことだという。そして今、この活動を知った他の街も「アシュトン・ヘイズに続け」とばかりに動き始めているという。

Licensed material used with permission by Garry Charnock
カナダの企業「Carbon Engineering」が開発したのは、空気をフィルタリングすることで二酸化炭素濃度を削減することができる新しいシステムだ。加...
「Science Daily」に、中国海洋大学と雲南師範大学の科学者によって開発されている、太陽光と雨粒の両方から発電可能なソーラーパネルが紹介されました...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
韓国の企業が開発した「Clean CUBE」は、ゴミの処理や収集を見直した、スマートなゴミ箱。太陽光のエネルギーを使ってゴミを圧縮し、従来の約8倍の量を収...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
再生可能エネルギーのひとつとして注目が集まる太陽光発電。起伏に富んだ日本の国土では、あの黒いパネルを無数に設置できる発電所の敷地確保は、意外に困難なんだそ...
「持続可能な社会」に向けて、世界の様々な企業がエコな活動を進めていますが、アメリカのEnGoPLANET社が開発したのは、「太陽光」と「通行人の歩く力」が...
「再生利用可能エネルギー」という言葉自体はよく見かけるようになりました。が、まだまだ有効活用しているよ、という人は少ないですよね。でも、世界的には着実にそ...
スペイン・バルセロナの建築家André Broessel氏がデザインした「Rawlemon Solar Energy Generator」は、球体型のソー...
ミシガン大学(MSU)の研究チームが、太陽エネルギーを捕捉することができる透明な太陽電池パネルの開発に成功しました。サイエンス・テクノロジー分野で大きな注...
「ペルーで政府主導のとあるプロジェクトが、貧困地域に暮らす人々のライフスタイルを一変させようとしている」。ライターJustin Gammill氏はペルー政...
鹿児島県鹿屋市と大崎町にまたがる事業用地に、太陽光発電所を建設する計画が発表された。およそ200万m2の広大な敷地に設置されるのは、約340,740枚の太...
再生可能エネルギーで生活できる街をつくろう。という計画は、実験段階ではあれど世界中で始まりつつあります。フロリダ・フォートマイヤーズもそのひとつ。エジソン...
「本日は〇〇航空をご利用いただき、誠にありがとうございます。当機は羽田発ホノルル行きです。なお、フライトには廃材を再利用したバイオ燃料を使用しております。...
地球環境を考える上で、人間の食は欠かせない要素だ。たとえば、肉食は菜食に比べ、環境への負荷がかなり高いというのは、よく知られている通り。それをなんとかする...
経済産業省の発表によると、日本における太陽電池生産額は約1兆円マーケット。民家の屋根にパネルを設置している風景も目新しいものではなくなりましたよね。小型、...
「Co.Exist」の記事よると、フランス政府は「620マイル(約1,150km)のソーラーロード建設」を予定していて、もし実現すれば人口の8%にあたる約...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...