部屋の香りに「最強のスプレー」。

エアーリフレッシュナーはいろいろと発売されていますが、〈KUUMBA(クンバ)〉から発売されているコイツは最強です。グラフィティ用スプレーみたいな見た目の通り、一気に空間の香りを変えてくれます。

擬音語で表現するなら「シュッ、シュッ」とか「プシュ〜」じゃなくて、「シャーッ!」。

それでいて、アロマオイルも配合されており、リラックスできる落ち着いた香りというギャップもたまりません。その噴射の勢いとは裏腹に、香り自体はやさしいんですよね。

香りのバリエーションも豊富なシリーズなので、迷っちゃいますが「SWEET RAIN」「HAPPY」「COOL WATER」といった名前からの想像で選んじゃってもOK。どれも間違いなく、いい香りです。

来客時の玄関先やリビングに、トイレのニオイ消しに。香りが持続するので、家中どこでも使えちゃいます。

公式オンラインショップで購入可能です。

A7705f21671a42c7b025aa3180fabac4c9235537F645e8271e85fdec2ba5554acd8a4e9d69b92944

ビー編集部
自分たちが使っているモノを紹介していきます。

Photo by 元家健吾

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

数ある〈KUUMBA〉の商品の中から“まず1アイテム”をオススメするなら、「FRAGRANCE FABRIC SPRAY(フレグランス ファブリック スプ...
〈プラウドメン〉の「スーツリフレッシャーCMミニ」は、シトラス・ムスクの香り。爽やかな香水のように上品です。
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
〈プラウドメン〉の「グルーミングシートCM」は、通常の汗拭きシートの二倍以上のお値段。それでもこのアイテムを選ぶ理由は、とんでもなく香りがいいから。
むしむしジメジメの梅雨モード。と同時に急増するのがかゆ〜いアイツ。蚊よけグッズは何を使ってる?昔ながらの蚊取り線香は、夏の風物詩としても◎。キャンドルタイ...
クリップの両端についたマグネットでモノを挟む、これ以上ないぐらいシンプルな機能の「Brunt Clip(ブラントクリップ)」。ただし、マグネットが強力です。
スマートフォンアプリを使って、香りを自由にアレンジできるデバイスが、「Indiegogo」で紹介されています。サンダルウッド、ネロリ、バニラ、ローズなどの...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
うだるような暑さ…。すでに部屋のなかでグッタリしている人も多いはず。でも、インテリアを少し「夏仕様」に変えてみれば、暑さをエンジョイできるかも。簡単に「部...
上質な陶器やフレグランスなどで知られる〈ASTIER de VILLATTE(アスティエ・ド・ヴィラット)〉の消しゴム。黒地に金の箔押しという高級感のある...
ANAをはじめとする航空会社や鉄道で採用されてる「A2Care」の除菌消臭スプレー。キッチン、リビングからバスルーム、トイレまで、どこでも使える汎用性と高...
水を入れて置くだけで機能する加湿器がコレ。寒暖の差が激しい季節には、風邪予防対策するためにも重宝しそうです。岡田心がデザインしたeco加湿器「マスト」は、...
あなたの部屋の雰囲気をガラッと変えてくれそうなアイテム、その名も「floating」。磁力によって空中に浮かぶ雲の形をしたスピーカーで、音楽と連動してLE...
ずっと探していた宝物と出会ったような感覚?なんて言ったらすこし大げさかもしれませんが、欲しかったものをようやく手に入れて、家に連れて帰ってきたときの、あの...
ふとした時に思い出す香りだったり。何気なく、ふわっと感じる香りだったり。香りは、つけるひとにとって、記憶と結びつく大切なものです。出かける前に、シュッとワ...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
部屋を模様替えする際などに取り入れている人もいる風水。海外でもそのムーブメントはあるようです。流派によって細かい違いはあるそうですが、ここではLaura ...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...