お茶はポストに投函する時代です

「今の人って忙しすぎて、息するのすら忘れてるのよ」

と言ったのは先日参加したヨガ教室の先生だけど、そんな目まぐるしい現代人の生活にこそ、一服する時間が大切だ。それを“日本茶”を通して伝えようとしているのが、「VAISA」というチーム。しかも、VAISAの日本茶、ポストから送ることができるのだ。そーんなことしたらポストの中、ビタビタになるって? 大丈夫。乾燥茶葉10グラム入りの、個包装だ。そんなことより、この日本茶について、VAISAについて、知ってほしいことがありすぎる。忙しいとは思うけど、ちょっとだけ、一服しようじゃないの。日本茶で。

というか、パッケージが変。

VAISAの日本茶、ポストに投函できるなんて素敵だし、他にもいろいろお伝えしたいことがあるんだけど、その前にまずこの違和感を解消しておきたい。パッケージのイラストが、なんかおかしい。

チャンネーとサーフィン。

993b2a482536dc28fc397ce1dabc65d1cccde147

 

チャンネーとキャンプ。

Be512f249a2e9d28209493cf5eeb9ce7a40c0a47

 

チャンネーとスケボー。

2403246dcf13555ef465d51f3bac40f86887ae15

シチュエーションは普通だよね。でも、登場人物の時代設定がおかしいの。明らかにおかしいの…。

なぜに、江戸?

85ea3bf4b75eb9c0b33c434748ab6a20a9331e05

このキャラクター、その名を「バイサくん」というそうな。名前のまんまだけど、VAISAのイメージキャラクターだとかで。

「江戸時代に、当時は高級品だった日本茶を禅の教えとともに庶民に振る舞った商人がいて、その人を“売茶翁(ばいさおう)”といったんです。この人物の取り組みがVAISAのルーツ。バイサくんは“現代の売茶翁”となるべく、人と会話する時間、価値ある時間の大切さを伝えようと、全国を巡り日本茶を売り始めたんです」

とは、VAISAチーム談。

「バイサくんは日本茶へのこだわりがとても強く、こぼしてしまったり、苦くなってしまったときは怒鳴り散らします。渋めより甘めの日本茶が好き、だけどエナジードリンクも好き…」

うん。いろいろ突っ込みたいけど、今回は時間がないのであえてのスルーだよ。もうひとつ、すごく気になっていることだけ聞いておこう。もしかして、バイサくんのお隣りにいるのは…。

「まいこさん。昔旅人に日本茶を振る舞っていたという水茶屋の茶立女です」

 やたらカッコいい名目背負って全国巡り。…のついでにデイトかよ。(嫉妬)それにしてもバリエーション豊かなシーン設定。

「会社、プライベート。大勢の時間、一人の時間。みんないろんなスイッチやシーンがあると思うんです。時間って無限にあるようだけど、一瞬一瞬が大事。だから何をしている時間も大切にしてね、 応援するよ。って気持ちを日本茶に込めて、いろんなシーンをデザインしています」

 ちなみに商品名は「JAPANESE COMMUNI TEA」。ジャパニーズ・コミュニ・ティー。気づいてくださいよ。コミュニティーティー(=茶)がかかってますよ。ギャグですよ。ついてきてますか。

中身は、本物。

8744c904be8af8993cf4d03a3bf1e0d1105543a8

遊び心溢れすぎるパッケージに、肝心の味が心配になっていたそこの貴方。はいお待たせ。中身は拍子抜けするほどしっかり美味しい。こだわり抜いた静岡産の茶葉を使い、紹介した3種類ともそれぞれ違った味わいがある。例えばサーフィンのイラストのもの(里)は、一日中太陽の光を浴びて育った茶葉を使っているので、鮮やかな色が出るのが特徴。さらに蒸し時間をかけることで苦味や渋味を抑え、まろやかぁ〜な味わいに仕上げられているのだ。

なぜに、コーヒーじゃなくて日本茶か?

3dc25f485511c6333aed6e7e97f90938f69c9d20

今や、一服のお供といえば、コーヒー。なぜなら世の中は空前のコーヒーブームなのだ。その中で、あえて日本茶をすすめるVAISA。その心とは。

「ある日、お茶屋さんに日本茶の良さや課題、文化的背景などを教えてもらう機会があったんです。そこで、日本茶のある生活や風景が昔から日本人に根付いていることを改めて実感しました。例えば、“お茶の子さいさい”や“無茶苦茶”など、茶を語源とする遊びコトバが今も残っているように」

日本茶と日本人は切っても切れない関係なんだと知り、好奇心や敬意の念が生まれたのだとか。

「コーヒーに関して言えば、もはや現代では、当たり前となった“サードウェーブ”。生産地への配慮や価値などが注目されるようになり、コーヒーがカップに運ばれるまでのトレーサビリティ、豆の素材や淹れ方など、各々の工程にこだわるスペシャルティコーヒーが注目されてるのは、もはや周知の事実です。そして世界中でハンドドリップで一杯ずつ丁寧に淹れるスタイルがトレンド。同じ嗜好品でも、日本茶は少しコーヒーに先越されちゃったねっていう感じです。なので、日本茶はこれから。これからが面白い

いよいよ、日本茶の時代到来でござる。

想像以上にアツアツだぁ

4e5bbe4bacc16d6c55e74d683bdd5728775c3f51
水出しでもGOOD。HAREとのポップアップイベントの様子。

「でも、本来の意図はコーヒーも日本茶も同じところにあると思うんです。FACE TO FACEの世界。価値ある時間をどう過ごすか。好きな子と話すときに美味しい日本茶やコーヒーを飲みながら、浜辺で話せたら素敵だし、波の音が聞こえてきたら、めちゃロマンチック。当たり前のことなんだけど、そんな世界観を、僕たちは“日本茶を通じて”広めていきたいと思っています」

最近では日本茶の「サードウェーブ」系のお店も増えてきたけど、VAISAが伝えたいのは、日本茶の良さに加えて自ら時間や行動をデザインすることの楽しさや大切さ。コンセプトとかこだわりとか、いろいろ伺ってみたら、VAISAの日本茶は、想像以上にアツアツだった。

肝心なことを言い忘れてたよ

ちなみにVAISAの日本茶をポストに投函するときは、パッケージの裏面に相手の住所と名前を書き、82円切手を忘れず貼ってイン。すると後日、赤色のバイクに乗って、相手にCHILLなひとときへの招待状が届くというシャレた仕組みだ。いつもハァハァしているアノ人とか、いつもゼェゼェしているアノ人にとかに送ってみよう。

明日もきっと忙しい。でも、これからはもう少しだけ、日本茶でも飲んで一服する時間を大切にしてみようかな、と思った次第。

D475dbeb915c18dad0b5b3f8a1264ba0c09c4e6a

【VAISA × THE NORTH FACE STANDARDコラボイベント開催!】

2017年9月30日(土)〜10月9日(火)、原宿のTHE NORTH FACE STANDARDにて開催されるコラボイベント「THE NORTH FACE STANDARD JAPAN WEEK "TEA & CHILL"」では、VAISAのお茶を直接飲むことができる。イベント詳細は、コチラをチェック。

Licensed material used with permission by VAISA
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
お茶がアツい!という人。世界中に増えましたよね。いまや、海外でも注目度が高い「日本茶」の味。とことん楽しむなら、神田・御茶ノ水にあるお店「GREEN TE...
2015年10月26日(月)に株式会社伊藤園から発売されたのは、私たちにはお馴染みの、“あのシリーズ”の新商品。その名も「お~いお茶 玉露」です。ただしコ...
冷たい水を入れてもドリップには10分とかからないそうです。使い方もシンプル。たとえば、コーヒーなら…もちろんお茶もいれられます。充電式ですが、ACアダプタ...
ここは、カナダ北西部にあるパングナータングという場所。いわゆる北極圏ギリギリのところで撮影された一枚です。カナダのフォトグラファー、マイケル・デイヴィス氏...
福島県南会津郡に位置する大内宿は、かつて会津若松と日光・今市を結ぶ南山通りの宿駅のひとつとして栄えた宿場町。国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定される...
外国人に「なぜ日本は○○なの?」と質問されても、パッと答えられない自分がいる…。そういう方も、決して少なくないと思います。ここでは、日本に関する雑学を集約...
コーヒーを飲んでいると、知らず知らずのうちにカップの底に付着する「茶色の染み」。もしアレがポストカードに付いてしまったら、普通は出すのをやめて捨ててしまい...
テキサス州ローレットに暮らす2歳のベクスリー・ノーベルちゃん。今年7月、彼女はお母さんに用意を手伝ってもらい、ティーパーティーを企画しました。ゲストはたっ...
連休が終わりに近づいていて、憂鬱に感じている人も多いだろう。しかし、こうポジティブに考えてみてはどうだろうか?これまでの生活習慣をリセットすることができる...
仕事に疲れて、家のドアを開けたら郵便物の山。請求書が混じっていたり、カードや光熱費の明細が入っていたり、思わず「はぁ〜」とため息が漏れそうな瞬間ですが、も...
世界遺産に登録されてからというもの、日本人だけでなく、外国人観光客にも人気の富士山。たとえ一度も訪れたことがなくても、この山にスピリチュアルなものを感じて...
どんなビジネスにも少なからず決まりがあるものだけど、紅茶の製作にも型があるそうで。「CTC」と呼ばれるその製法は、「Crush、Tear、Curl」の略。...
スターバックスに通うようになってもう何年も経つが、そのホスピタリティの高さには毎回感心してしまう。通勤途中にある店舗では、ブラックエプロンを身につけた、店...
好きな俳優さんは? と聞かれて「山田孝之」と答えておけば、質問者が男子であろうと女子であろうと、きっと95点だ。役柄が怖い、不気味、といった理由で苦手な人...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあり...
近年、アウトドア好きや料理好きに人気を博している「燻製」。チップや専用のグッズを買ってくる必要があると思いきや、そんなことはありません。お茶を飲んだ後の「...
7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計、しつらえ...
オーストラリアに乳児専用のスパがあるよう。なんでも、そこを訪れたベビーたちはみんな、見ているこちらもニンマリしてしまう程の満足そうな顔をするんだとか。私の...