靴のなかで脱げて、くしゃくしゃになる!「アノ靴下」を、脱げにくくした驚きの方法とは?

つま先と踵のみを覆うフットカバー。春夏にヒールやパンプス、スニーカーと合わせるのが定番ですよね。とっても便利なこのアイテム、各メーカーからいろいろなタイプが発売されていますが、なかでも今年早くも話題となっているのが「無印良品」のもの。

150317_20150313_2997無印良品のフットカバー(単体価格1足 370円 いっしょ割引3足で1,000円※すべて税込み価格)

一見何の変哲もない、ごくごくフツーのフットカバーですが、このアイテムは、約3200人もの女性の意見が反映されたスグレモノ。「無印良品ってそんなこともやっているの?」という声が聞こえてきそうですが、そんなリアルな女性の意見の抽出をしたのが、無印良品が行った「フットカバー改良プロジェクト」。その様子はwebサイト「くらしの良品研究所」で発信されています。

「くらしの良品研究所」とは?新たな商品開発や既存商品の点検に役立てるべく、ユーザーとコラボレーションしながら行う商品開発の様子を発信しているwebサイト。商品についてユーザーからのリクエストも受け付けている。

フットカバー最大の不満!
「靴の中で脱げてくる」

無印良品がまず行ったのは、フットカバーに関する調査。世の女性たちが既存のフットカバーにどんな不満を持っているのかを調べたところ・・・。

muji_graph

※対象:フットカバーを着用したことがある20代~40代の女性、3169名にアンケートを実施

グラフにある通り、なんと70%以上の人が靴を履いている時に「フットカバーが脱げる!」という不満を持っていることが判明。歩いているうちに、靴の中で脱げたフットカバーがくしゃくしゃになって脱げちゃう・・・ほとんどの人がそんな経験をしているんですね〜。

そもそもどうして
フットカバーって脱げちゃうの???

無印良品によると、従来のフットカバーは、靴を履く時や歩いている間に、かかとから生地が滑り落ちてしまい、土踏まずの辺りでくしゃくしゃになってしまうパターンが多いことが判明。かといって、履き口を強く締め付けると、かかとやつま先が痛くなったり、かゆくなったり・・・。
世の中の多くのフットカバーは、そんなジレンマを抱えていたのです。

改良された無印良品の
フットカバーは“ココ”が違う!

「脱げにくいフットカバーを!」。そんなユーザーの悩みを聞いた無印良品は、アンケートリサーチのみならず、一般女性にグループインタビューなどを実施。ただただ脱げないだけでなく、「つま先が痛くならない」「靴をはいたら見えない」というニーズも抽出。その意見をもとに、改良に改良を重ねたのが、冒頭のフットカバーというワケだ。
従来のフットカバーとの違いとは?

01.
脱げにくい&履きやすい
秘密は「履き口の素材」にアリ!

150317_20150313_3003

靴の中でも脱げないように、履き口にはゴムのように滑りにくく、伸縮性のある糸を採用。脱げにくいだけでなく、履きやすさ抜群です。

02.
さらに、編み目の違いが、
ストレスを解消する!

150317__20150313_3014

従来は脱げにくさを解消するため、締め付けられていたつま先部分は、横幅を広く取り、編み目も大きくなりました。これによって履き心地もゆったりとして、長時間履いても痛くなりにくい!

約97%が
「脱げにくい!」を実感!

発売前に再度、ユーザーにテストで使ってもらったところ、65%が「脱げなかった」、31.7%が「普段履いているものよりも脱げなかった」という結果が! 合計約97%が従来のフットカバーよりも満足したというわけです。
さらに「痛み」に関しても、91%が「感じなかった」と答えています。

muji_002

日常のちょっとした「使いにくさ」や「イラッとするところ」を徹底的に研究して、商品に反映していく・・・無印良品のアイテムの裏には、そんな開発ストーリーがあるんです。
その努力の結晶、まずはこのフットカバーで体験してみてください。 ホントに「脱げにくい」ですよ!

暮らしについてユーザーと一緒に考える
そんな「くらしの良品研究所」について

muji_btn02

Sponsored by 無印良品

あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
靴下の柄の好みから自分の性格が丸わかり! 米メディア「LittleThings.com」でイラストと共に掲載された性格診断がこちら。サクッとできるので、試...
「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
たとえば、2週間の海外旅行に出かけるとすると、荷物の量はそれなりに多い。中でも衣服が占める割合は大。トップスやパンツはある程度着回せるとはいえ、実際に肌に...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
足の裏が“第二の心臓”と言われるのは、心臓から送り出された血液がカラダを巡り、また心臓へと戻るための循環ポンプの役割を担っているから。カラダの各機関に直結...
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
いきなりですが結論から。当たり前ながら、めっちゃ溶けます。以下がその様子。あえて何かを説明するまでもないでしょう。シンプルすぎる動画とはいえ、思わず見入っ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
なめらかな風合いが魅力のスエード靴。特に淡い色はその美しさとはうらはらに、雨ジミや泥汚れが付くと落としにくいという厄介な一面も。今回はそんなスエードのお手...
言うまでもなく、靴は身の回りに溢れているもの。でも、そんな靴の存在が強く印象に残っている「夢」は、あることを暗示しているのだそう。ここでは、シチュエーショ...
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...