聴覚障がいを持つ映画監督、耳が聞こえないのは障害ではない。

私は耳が聞こえないことを
障がいだとは思わない。

そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。
学校では友達の輪に入ってお喋りをすることができず、家に帰っても家族が楽しそうに見ているテレビを一緒に楽しむことができない。唯一の楽しみは、父親が毎週借りてくれた字幕付きの洋画だった。

movie about communication

しだいに今村さんは映画監督になりたいという夢を抱くようになり、19歳の時にアメリカ留学。映画制作を学んだ。1年後に帰国し、ドキュメンタリー映画の制作をスタート。
聞こえる人と聞こえない人の間に立ちはだかる「障がい」という壁を取り払おうと、ろう・難聴者を取り上げた作品を30本近く制作してきた。

これまでの作品を通して彼女が学んだ事は「聞こえる人との会話が難しい」のは ”聞こえないから” ではないということ。海外旅行で言葉の通じない国へ行き、「現地の人との会話が難しい」のと同じ。現地の人と手ぶり身ぶりで一生懸命コミュニケーションをするのと同じように、聞こえない人も聞こえる人との会話をあきらめず、どうしたらお互いにスムーズにコミュニケーションができるのかを考えながら、筆談、ジェスチャーなどの方法を実践していくことが大切なのだという。

自転車で日本縦断をして、
出会った人たちとの
ふれあいを映画にしたい!

movie2

そして、今回撮るのは、自転車で日本を横断し、訪れた地域で出会った人たちとの交流を記録した映画。

去年、今村さんは初めてクロスバイク(スポーツ自転車)を購入。自転車では行けないと思っていたところでも、自分の力で行けてしまうことに驚き、感動したという。
母と祖父が亡くなって、生きる気力を失い、映画製作に対する意欲も湧かなかったときですら、自転車に乗ると元気が出てきたそう。

movie3

その「コミュニケーション」と再度、向き合う元気をくれた自転車で日本を縦断し、訪れた地域で出会った人たちとの交流を通して感じたこと、考えたことを映画にしようと思ったという。

悩んでいる人たち、
自分を変えようとしている
人たちのためにも

movie4

コミュニケーションに悩んでいるのは、耳が聞こえない人たちだけではない。彼女の作品を観た健聴者からも「コミュニケーションについて考えさせられた」という意見も多く寄せられた。この映画が、そんな悩みを持つ全ての人へのエールなれば…と彼女は言う。

現在、今村さんはこの映画を製作するための費用をREADYFORで募っている。彼女の新たな挑戦にぜひ、協力をお願いしたい。

btn_readyfor_150423

耳の聴こえない人はどうやって気になる人をデートに誘ったり、誘われたりするの?耳が聞こえる、手話ができない人との恋愛は?など、普段は聞けない聴覚障害者の恋愛...
アレハンドロ・ホドロフスキー。カルト映画の巨匠とされるチリ出身の監督は、今年、88歳を迎えた。とはいえ、この年齢になっても精力的に映画をつくり続ける姿は、...
映画を学ぶために12歳で単身渡英した後、ロンドンで暮らしながら海外アーティストのミュージックビデオ制作などで活躍するようになった映画監督・木村太一。自主制...
マレーシアのクアラルンプールにある、スターバックス。コーヒーの豊かな香り、一杯ずつバリスタが淹れる光景、一見普通の店舗と同じように見えるかもしれませんが、...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
メイク方法を紹介しているビューティーブロガーCatherine Martinezさん。聴覚障害者の人たちとの壁をなくすために、手話を使って動画を配信しています。
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、本日11月14日(土)に公開となった。「すべての問...
誤解を恐れずにいえば、「変な」恋愛映画を観た。何が変かというと、原作となったのは詩集なのだ。しかも、現代詩集として異例の27,000部の売上を記録している...
旅から生まれた映画がある。題名は『ブランカとギター弾き』。全編を通してフィリピンを舞台に制作された作品だが、監督は日本人。今年8月に公開されるこの映画がい...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
『黒帯KURO-OBI』『ハイキック・ガール!』など、凄いアクション映画を日本から世界に送り出すことを可能にした映画監督西冬彦。海外の映画を買い付けるバイ...
4月公開予定の映画、『ザ・トライブ』は、カンヌ国際映画祭批評家週間で3冠を受賞した作品で、セリフも字幕もなければ、ナレーションやBGMさえない異色の衝撃作...
イギリス・マンチェスターに住むヨルダン・ボルトンさんは、映画に出てくる小物などを集めてアイコニックなポスターを制作するアーティスト。映画好きなら、見ている...
目が見えなくても映画を楽しめることを伝えたい!松田高加子さん。視覚障害のある人が映画を楽しむ時の補助ツール・音声ガイドの制作を手掛けている「虹とねいろプロ...
コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソー...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...