バーガーショップに長蛇の列。その理由にコメントが殺到!

2016年5月15日にFacebookに投稿された後、2万シェアを超え、コメントが殺到したのがコチラのポスト。テキサスのバーガーショップで起きた、ある事件とは?

以下、その内容を紹介します。

バーガーショップの店員と、
その利用客のやりとりに感動!

こういうことを投稿するのは初めてだけど、今夜見たことをシェアしたいと本当に思った。

彼氏と「Whataburger」のドライブスルーに行ったら、全然順番がまわってこなくて、しびれを切らして店内に入ることにした。

中は長蛇の列。でも、時間はもう深夜一時過ぎ。お腹は空いていたけど、我慢して並ぶことにした。でも、なかなか前に進まなかった。

何人か働いている人が見えた。時間がかかっているのはなんでだろう?と疑問に思った。けれど、前のカップルに順番がまわってきたとき、その理由がわかった。

女の子が注文内容を伝えると、受付の店員は彼女に笑顔を送ってこう言った。

店員「私は耳が不自由なので、ゆっくり話していただけますか?」。

女の子「あ、もちろん!」。

彼女は店員の言うとおりにもう一度注文を始めた。だけど、やっぱり聞き取りづらいようだった。すると、女の子はペンと紙を手に取り、注文を書き出した。ためらいや苛立ちは見せずに、彼の仕事を親切にサポートしていた。

私は、自分の注文を終えたあとも、並んでいる利用客が彼にどんな反応をしているのか、その様子を眺めていた。もし、短気な人が現れて文句をつけ出したら、みんなもっと待たなければいけなくなるし、ガマンできなくなってしまう。でも、そんな人物はひとりも現れなかった。

みんな彼に合わせて、文字で注文していた。一言のクレームをつけることもなく、ただ彼に微笑みかけていた。

この話を共有する理由は2つある。

1つ目。耳に障がいがある彼には仕事があり、常にコミュニケーションが必要とされる環境で働いている。

彼は、フェアな職場を与えられ、快く、笑顔で努力を続けている特別な人間だ。それって、とてつもなく感動的で注目するに値する。「Whataburger」に敬意を。

2つ目。世界はとてもひねくれていて、毎日他人をいじめるような人間を目にする。うまく伝えられないけれど、ここで大勢の人々の小さな親切を目にして、どんなに心が洗われたことか。それぞれが持っているプライドや、自分が抱えている問題、空腹、そういうことを忘れられる出来事なんてそうそうない。でも、この日は自分のことではなく、他人のことばかり考えていた。目が覚める思いがした。私は、この瞬間に起きた出来事を忘れない。

Licensed material used with permission by Kolbie Sanders
1976年ミネソタ。冒険とハンバーガーをこよなく愛するH.RockwellとJ.Wattのふたりは、アドベンチャーバーガーというショップを開いた。『BUR...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
森のバターことアボカドを使った商品は、いまでも多くの飲食店の稼ぎ頭。中でもハンバーガーショップでの貢献度の高さはピカイチでしょう。そう聞いて、いまあなたの...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
「社交不安障害」とは、自身への否定的な評価に強い不安を感じてしまう精神疾患の一つ。かつては「社会不安障害」と呼ばれていましたが、2008年により実態に近い...
プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argent...
ただの快楽の手段としてだけでなく、セックスは優秀なコミュニケーション手段なのです。あまり得意じゃないなと感じている人はこんな意見を考え方を参考にしてみては...
コーヒーチェーン、スターバックスの店員さんの接客対応が素敵なことは、ヘビーユーザーでなくとも周知の事実かもしれません。そのホスピタリティを体現するエピソー...
パリやロンドンで、数年前にちょっとした話題となった「スシバーガー」が、今になってアメリカで熱を帯びているらしい。ヘルシーさをウリにするものから、明らかにハ...
この動画の撮影者Laura Dellさんは、母シャノンさんに初孫を見せるため、サプライズを仕掛けました。おばあちゃんになることを知った時の、シャノンさんの...
米国版『GQ』において「2010年のベストバーガーオブザイヤー」に、また『TIME』では「史上もっとも影響力のある17のバーガー」に選出。ア...
リハビリ機能を名目にした施設ではなく、障害を抱えていても健常者と同じように肉体を鍛えるためのトレーニングジム。言われてみればこうしたジムは確かに少ない。こ...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
誰にだって眠れない夜はあるものです。大事なプレゼンの前日、人生の転機、つらいことがあった夜。そんな日は、不安な気持ちがなかなか消えず、モヤモヤしてしまうこ...
2人の子を持つドリュー・アンは、とても困っていました。スーパーに行くと、自由に走り回りたい盛りの2歳の弟から目を離さないようにしながら、体が不自由なお姉ち...
スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
アメリカ・ニューハンプシャー州にあるアニマルシェルター。ここでは、ペットに食事を用意できないほど貧しい家族や高齢者に、ペットフードを寄付していました。しか...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...