アメリカで大人気「ファッションサブスクリプション」って?【ショップ7選】

サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあたります。

月額料金を支払い、商品を受け取るというところまでは同じ。ちょっと違うのは、ショップ側にこちらの好みなどを伝えた上で、専門のスタッフがセレクトしたアイテムが届けられるというところ。

The Business of Fashion」によると、2014年の収益が業界全体で50億ドル(約5,126億円)あったというのですから、非常に大きなマーケットと言えますよね。

この中で人気を博しているのが、ファッション系のサービス。月々の定額料金もしくは無料で服を送ってくれ、気に入ったものだけお金を払ってあとは送り返す、というスタイルが基本。レディース、メンズともにさまざまなショップがありますよ。

01.
Trunk Club

985d4a9ab2c110c62313a94d34557852dd36e576

2009年創業の老舗で、アイテムの平均価格は200ドル(約20,000円)程度。専属のパーソナルスタイリストがその人に合わせたスタイルを選んでくれるのが特徴です。シカゴ、ワシントンD.C.、ロサンゼルスなどにある同社の「クラブハウス」でスタイリストと直接会って服を選んでもらうこともOKな、直接のつながりを重視しています。

西海岸を中心に展開するデパート「ノードストローム」がパートナーなので、「サルヴァトーレ・フェラガモ」、「セオリー」、「Rag & Bone」など、提案ブランドの幅が広いのがポイント。

それだけに、アイテムがハイプライスという意見もありますが、アメリカのファッション誌「InStyle」は「サブスクリプションサービスの中でベスト」と評価しています。

10日間試したら、気に入ったものだけお金を支払い、あとは返品するシステム。実はメンズからスタートしました。

02.
Unlimited

1efb875fd5cfa5ec2f83ae161d99abd5e494cccd

2016年スタート。月額139ドル(約14,000円)で「マルニ」「ダイアン・フォン・ファステンバーグ」などのハイブランドを3アイテム好きなだけ借りられるというもの。

ワンピースからハンドバッグ、アクセサリーまで取り揃えているので、トータルコーディネートもできちゃう。ウエディングやデート、パーティなどのオケージョン別でも選べるので、イベント時には使い勝手が良さそう。

03.
FYTSO

7e163edc08ae5603cab80daf3b9281aca1958b76

2015年からサービスを開始。アイテムの平均価格は50ドル(約5,000円)から。アスレチックウエアやギアを専門に扱っていて、届くアイテムはスポーツブラにウエア、シューズまで。「アンダーアーマー」や「NIKE」、ライフスタイルクロージングブランドの「prAna」などを届けてくれます。色の変更などにも対応しているほか、もし返品したい場合はボックス到着後3日以内に送り返せばOK。欲しいものにだけお金を払うシステムです。

それだけではありません、健康的なライフスタイルを提唱するウエブマガジンを展開していて、30分間のシンプルなエクササイズやヘルシーな食べ物、フィットネスガジェットなどを紹介するなど、コンテンツも豊富。

04.
allure BEAUTY BOX

328219386352cb25f72625af400f37cdb88bd9cf

2015年にスタートした、アメリカのビューティマガジン「allure」のボックス。月15ドル(1,500円)でエディターが選んだ化粧品サンプルを5〜6種類送ってくれるというもの。「BOBBI BROWN」や「PHILP B」、「juice BEAUTY」など有名ブランドのアイテムが入っているのが美容雑誌らしいところ。

ここからは、メンズ用サービスも紹介していきましょう。

05.
Bombfell

326d670567003c14c7b5aaa10b15c72e6ba59004

2011年からビジネスを展開。1アイテムの平均価格はだいたい89ドル(約9,000円)。デリバリーは基本月1回で、取り扱っているブランドは「Grayers」や「Ben Sherman」、「Original Penguin」など。届いたら10日間試して、欲しいものにだけお金を払い、そのほかは送り返すという仕組み。

FacebookやLinkedInなどのSNSからソーシャルデータを分析し、その人に合ったフィット感やスタイルをシステム的に提案、最終判断は人のスタイリストが行うというテクノロジーがユニークなポイント。実際にサービスを利用している人のレビューが豊富なのも安心です。

06.
Manpacks

D8e29d83265ddd92a3d3c6648f533a9f2b7b70e2

2009年創業した、アメリカ初の男性必需品サブスクリプションサービス。

月1回の配送で商品は15ドル(1,500円)から。男性のベーシックアイテムと言えるTシャツや靴下から、シャンプーやソックス、デオドラントにコンドーム(!)まで、生活必需品を送ってくれます。

ワンアイテムにこだわった専門サービスも!

07.
Sock Panda

9ba512797d8dceddb521795a2d8dbd2f282830a6

2011年スタート。月1足12ドル(約1,200円)から。日本へは送料込みの15ドル(約1,500円)で対応してくれます。白と黒ばかりの靴下に飽き、カラフルでユニークなデザインを自社開発しているのだそう。

そのデザインは、サメと恐竜が戦っているものや、ブルー地にピンクやイエローのドットがあしらわれたもの、モンドリアン柄など、かなり個性的。85%ペルー綿を使用するなどクオリティにもこだわりが見えます。

3歳の子どもから大人までのサイズを用意していて、男女ともにサービスを提供。面白いのは、どんな柄が送られてくるか、商品が届くまでわからないところ。もちろん大まかな好みとして「スタイリッシュ」「大胆」などのチョイスはできますが、Sock Pandaが選んだものが毎月届くのだそう。もし気に入らなかったら交換もOK。派手な靴下は会話のきっかけになるかも?

日本での展開は?

ファッションサブスクリプション、新しいスタイルや組み合わせを試したりする楽しさがありますよね。しかもプロのコーディネートなら安心。「クールビズで何を着たらいいかわからない」という男性も多いようですが、そんな時このサービスは強い味方となりそう。

日本ではmixiなどがサービス展開に乗り出しています。ノイエジークが手がける「airCloset」は、設立1年半で会員数が約8万人を超すなど、予想を大きく上回る結果に。これからの成長が期待できる分野となっていきそうです。

ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
ファストファッションブランドの台頭により、劇的に変化したファッション業界。一方で、その生産現場の悲惨な労働環境も問題視されている。大量生産・大量消費の裏側...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
これはミリタリーパッチと呼ばれるものです。まあワッペンの一種ですね。ミリタリーウェアの胸や肩に、面ファスナーがあるでしょう?あそこにつけるんです。マニアの...
ここで紹介するのは、アメリカのウェブメディア「Elite Daily」のライターCandice Jaliliさんが「元カレにばったり会った時、別れたことを...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
巷にあふれるファストファッション。お手頃価格で流行りの服が買えるのはやっぱり嬉しい。…でも、本来はその低価格のカラクリだって把握する必要があるのでは?多く...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
年に何度か視察を兼ねてアメリカへ。向こうに滞在中は、1日に何店舗もまわって、とにかく食べる、食べる(笑)。そんな僕の旅の必需品が、整腸剤とこの洗剤です。正...
 ずっと探していたんです、こんなふうにボリューム感のあるブレスレットを。ところが、どこにでもあるようで、いざ探してみるとないんですよ。編んでいたり、エッジ...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア現役慶應大学院生モデルであり、エシカル・ファッションの情報発信、途上国支援...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
いまや世界中でファッションアイテムとして愛用されているジーンズ。そのルーツが、19世紀後半にアメリカで誕生した労働者向けのワークウェアであったことはよく知...
二児のママであるドミニクさんは、2015年に仕事をやめてから、子どもたちと過ごす時間が増えたため、SNSやブログの更新をはじめました。ある日、彼女が次女の...
ミリオンヒット7回、CD売上2000万枚という、音楽業界の名プロデューサーという肩書きを捨て、彼が求めた場所はニュージーランドだった・・・。四角大輔(Da...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
今の時代、ファッショントレンドのサイクルは早い。せっかくお金をかけて買ったものでも、すぐに流行には終わりがきてしまう。 それは、バッグも一緒。スタイルが絶...
買ったばかりのデニムや、お気に入りの靴、プレゼントしてもらったバッグ──。その日のコーディネートは、主役となるアイテムを軸に逆算して考えるもの…なのですが...