オナラのニオイが消える「魔法のパンツ」が登場!

英国人の本気度たるや。世界の人々の生活をガラっと変えてしまうかもしれない偉大な発明とも言えるこちらの商品。なんと、オナラをしてもそのニオイが気にならない「魔法のパンツ」の登場です。

85singo_1430995724460

Shreddies」で販売されているこちらの下着、カーボンを使用した素材「Zorflex」で作られており、なんとオナラ200発分のニオイをフィルタリングすることができるのだとか。

もちろんどんなにヘビーローテしても洗えばその効果が復活するので、長期的に使用することができちゃいます。見た目もシンプルでいい感じ。

85singo_Shreddies-underwear-that-stops-farts-smelling_dezeen_ss_1 85singo_Shreddies-underwear-that-stops-farts-smelling_dezeen_ss_2

元々はデ・モントフォート大学で開発されたもので、失禁や膨満感、過敏性腸症候群、クローン病、食物アレルギーなどなど、様々な症状の研究をしていくなか誕生したものだそう。

気になるお値段は、3つセットになっているもので女性用は48ポンド(約9,200円)から、男性用は60ポンド(約11,500円)から購入することが出来ます。日本への送料は8.5ポンド(約1,600円)。やはりその機能のせいか少々値は張りますが、充分手の届く範囲ではあります。

85singo_Mens_hipster_black_multipack_3pack

この魔法のパンツさえあれば、あらゆる密閉された空間、もしくは人工密集地帯であっても、いつでもどこでもオナラして問題なし!とは言い過ぎかもしれませんが、どちらにせよ実践にはちょっと勇気が必要ですね。

ちなみに、ニオイはフィルタリングできても、音までは消すことができませんので、使用する際には慎重にことを成す必要がありそうです。気になった人は是非トライしてみてね!

Licensed material used with permission by Shreddies

ニューヨークで16年間、一度も休むことなく毎年開催されているイベント、その名も…「ノー・パンツ・サブウェイ・ライド」。2017年も無事(?)1/8に開催さ...
洋服って、たとえサイズが合わなくても、お直ししたり、ベルトでブラウジングなどで調節可能ですが、下着だとそうはいきませんよね。デザイン重視で選んでしまうと、...
「そんなはずはない!」 でも、“あり得ないところ”から確かに視線を感じる…。そうした違和感を感じていたら、にゃんとこの子の仕業でした。Reference:...
現代女性の生き方のヒントとなる記事が並ぶ「Elite Daily」の人気カテゴリWOMAN。たまに、こんな刺激的な記事も登場するのが魅力です。女性ライター...
2016年1月10日、NYの地下鉄に突如、ズボンやスカートを身につけずパンツ姿の集団が現れた。外は真冬の寒さ。寒くない訳がないし、履き忘れて家を出ちゃった...
ことば、火、農業、舟、数学、紙、カメラ、人工衛星、インターネット、ロケット…。人類が、自らの手で本格的な道具を作りはじめたのは、260万年前の旧石器時代に...
絆創膏と言えば、モイストヒーリングなものからキャラクターものまで、さまざまな種類があります。どれも衛生のため、密着個別包装されているのが基本です。でも、オ...
「MODE」が男性ファッションの歴史100年分を総まとめ!動画に各世代の流行を再現しました。が、全部下着なんですって。かつては、全身を覆うタイプが主流だっ...
クイーンズ大学ベルファストの科学者達が、汗をかけばかくほどいい香りを発する、という画期的な香水を開発したようです!湿気や水分と接するほどいい香りになるのだ...
ここで紹介する写真は、この3月25日に発売された『SURI COLLECTION』に掲載されたもの。著者のヨシダナギ氏は、テレビ『クレイジージャーニー』(...
フランスで「魔法のケーキ」と話題を集めたレシピがあります。混ぜて焼くだけの楽チン工程。シンプルなレシピなのにスポンジ、カスタード、フラン(フランスのプリン...
「魔法学校に入学したい!」映画、ハリー・ポッターシリーズを見てそう叫ぶ子どもたちも多いかもしれませんが、ホグワーツ魔法魔術学校って、入学するのに結構お金が...
Apple Watchにワイヤレスヘッドホン、電子タバコ、すべて21世紀のテクノロジーから生まれたプロダクト。では、もしこれらが19世紀の人々の生活に浸透...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
これまで大雪が降るたびに、自宅前の表通りを、あるいは玄関先までのアプローチを、さらには屋根の上から、腰をかがめて降り積もった雪と格闘してきましたよね。この...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
世界の偉大な発明品のいくつかは、オーストラリアから誕生している事実を知っていますか?たとえば飛行機に搭載されるフライトレコーダー「ブラックボックス」、Wi...
「彼女にするなら、おもしろい女の子がいい」という記事が「Elite Daily」で話題を呼びました。外見や女の子らしさ、だけで判断するんじゃなく、みんなを...