タコは「エイリアン」だった!?世界初の全ゲノム解読結果に驚愕

タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそうだとしたら、何らかの復讐を受ける理由には十分過ぎます。これは想像以上に危険なニュースかもしれません。

Higher Perspective」に掲載された記事からは、彼らのDNAが持つ特殊性についてかなり本気で議論されていることがわかります。これは注意深く読んでみる必要アリ!

こんな遺伝子コード
見たことない!

Medium b662208a4631f6530e7eb1084a22c1b4db243489

科学誌「ネイチャー」に掲載された発表によれば、シカゴ大学と沖縄大学にて3年間行われた世界初のタコの全ゲノム解読の結果、他には存在しない遺伝子コードが発見されたのだとか。

タコやイカに代表される頭足動物の遺伝子コードを調べたのは今回が初めて。そして、DNAを構成する塩基配列がとても複雑なことがわかり、人間と比べ10,000ほども多い約33,000のタンパク質遺伝子が発見されました。

しかも、その配列を再構成できる特性があり、まるでトランプを切るかのように遺伝子配列を変更できるのだとか。シカゴ大学で研究をしているClifton Ragsdale博士からはこんなコメントが。

「タコはどの動物とも違う。他の軟体動物とすらも異なっている。8本の手を器用に使い、大きな頭を持ち、問題解決能力も高い」

タコは宇宙生物なのか?
他の科学者も検証開始!

Medium 70437154d9b8ba1034199aed3e0617a9a6962bc7

遺伝子が他の動物には見当たらない特殊なものである、ということが研究結果は、「タコ=エイリアン説」に傾倒する人たちにとって、それを裏付ける証拠のひとつとして扱われるようになりました。

一方で、ブログやニュースを取り扱うwebサイト「The Stranger」には、アカデミック・ジャーナリストのCharles Mudede氏からこんな反論が。

「まだタコをエイリアンと判断するには早い。動物のDNAがどんなに変わっているといっても、基本的には細胞にミトコンドリアが含まれていれば、この地球上の生物ではあるはずだ」

同氏はDNAの調査結果自体は確かだとは認めつつ、それがエイリアンかどうかについてははっきりと否定しています。

実際のところ、エイリアン説に関しては科学者による研究結果を都合よく解釈したトンデモ説だという声がほとんど。どうやらその発端は、研究に携わった沖縄大学(OIST)のホームページに掲載された論文共著者であるシカゴ大学のクリフトン・ラグズデール准教授の発言が理由になっているようです。

「イギリスの動物学者Martin Wellsは、タコをエイリアンと呼ぶことで有名でした。だから、今回の研究内容について『エイリアンのゲノムが初めて解読された』と書いたとしても、別に間違いではないんですよね」

なんて紛らわしい!ですが、それだけタコの能力が多くの科学者を魅了しているのは確か。知能の高さや遺伝子の構造も含め、生物としてとても異質で優秀なのだそうです。

今後の研究次第ではその進化の過程など含めて未だわかっていない真実が明らかになってくるかもしれません。そして、そうして辿っていくうちに実はやっぱりエイリアンだった、なんてことも…。ちょっと無理矢理すぎるでしょうか?

Reference:The Stranger,nature , OIST

Licensed material used with permission by Higher Perspective

この記事をみているあなたは、世界一可愛いタコ(!)の目撃者になるかもしれません。ふわふわと泳ぐその姿は、まるでおとぎ話の中から飛び出してきたよう。こちらは...
タコとアザラシ。この異色な組み合わせで、熾烈な闘いが起こりました。カナダ、ビクトリア市で撮影された「Viral Hog」の動画には、その対決の一部始終がお...
イベリア半島の北西部に位置するガリシア地方。豊富な魚介類をシンプルに味わうならば、この地域に勝る場所はありません。今ではスペインのどこにいっても食べること...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
絶滅危惧種に指定されているジャイアントパンダ。彼らは、少なくとも13種類の鳴き声を使い分け、コミュニケーションを取り合っていることが判明。“パンダ語”を解...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられて...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
行きよりも、帰り道の方が短く感じる。そんなふうに思ったことはありませんか?実はこれまでにその謎を解明しようと、多くの科学者が調査を行っており、科学の世界で...