死んだおじいちゃんの倉庫を開けたら、「20億円分のクラシックカー」が出てきた

納屋や蔵の奥に思わぬ家宝が眠っていた…。なんて、夢みたいな現実の話をご紹介。親子三代が引き継ぐことになった、廃車寸前のオンボロ車。おじいちゃんの道楽と思いきや、トンデモない資産価値を生むことに!

トタン屋根の下は
20億円を超える
お宝の山だった!

COLECTION BAILLON NIORT 17 / 11 /2014

起業家Roger Ballion 氏の孫は、フランス西部にある手付かずに放ったらかしにされていた家族所有の農場から、スクラップ寸前の60台のクラシックカーを発見。これを専門家に鑑定を依頼したところ、驚きの査定額が。12,000,000ポンド、日本円にしておよそ20億円以上の価値があることが判明しました。
画像からもお分かりの通り、錆だらけの車たち。ところが、月並みなヴィンテージカーではなかったのです。

 アラン・ドロンが
撮影に使ったフェラーリ

1961 Ferrari 250 GT SWB California Spider and 1956 Maserati A6G Gran Sport Frua , Collection Baillon - © Artcurial

例えばこちらの2台。左のフェラーリは、1964年製作の映画『危険がいっぱい』で主演のアラン・ドロンとジェーン・フォンダを乗せ、実際に映画で使用されたもの。それが、うず高く積まれた古新聞の山から見つかりました。右のマセラッティA6G200は、世界に3台しかないうちのひとつ。
さらには、コレクションのひとつ「TALBOT-LAGO(タルボ・ラーゴ)」を所有していた元オーナーは、エジプトの国王ファルーク1世だったり。価値がぐんと跳ね上がるプレミア中のプレミアが混じっていたのです。

50年間取り残された
おじいちゃんの夢

Delahaye coupé chauffeur, Collection Baillon - © Artcurial

Ballion 氏は生前、趣味のヴィンテージカー・コレクションを一般公開するべく、1950年代より約20年かけてこれらの自動車を収集。美術館建設を夢見ていました。ところが、事業に失敗。やむなく50台を手放したそうです。
夢を断たれて以来、残った自動車たちは、農場の納屋の中にひっそりと眠ったままに。10年前に Ballion 氏は他界、コレクションを引き継ぐ形となった息子のJackさんも、2013年に亡くなりました。

3 Delahaye GFA 148 L et Talbot Lago Baby cabriolet par Guillore, Collection Baillon - © Artcurial

COLECTION BAILLON NIORT 17 / 11 /2014

Discovery, Collection Baillon, 9 -® Artcurial

Discovery, Collection Baillon, 14 -® Artcurial

Panhard-Levassor Dynamic coupé X76, Collection Baillon - © Artcurial

そうして、孫の手に渡ることとなったヴィンテージカー。おじいさんの残した車たちの鑑定を頼んだことが、まさに青天の霹靂。それが、Roger家のトンデモない財産だった訳ですから。

“眠れる森の美女”を
目覚めさせた?

ARTCURIAL AUTOMOBILIA 2015-02

連絡を受けて鑑定をした人物の一人、パリで開催される「ヴィンテージカー・オークション」の支配人Matthieu Lamoure氏は、オークション開催前のリリースで、トタン屋根のガレージの中で宝物のようなヴィンテージカーを目にした時の衝撃をこう書き残しています。

「50年もの間、これほど保存状態よく、ヴィンテージカーが一堂に会すことは、おそらく後にも先にもないでしょう。ハワード・カーターが、ツタンカーメンを発見した時くらいの興奮ですよ」

それほどのお宝が古新聞や蔦に絡まれていたのだから、目利きのできる人からすれば、さぞかし驚いたことでしょう。「まさに眠れる森の美女を目覚めさせた気持ち」とは鑑定に立ち会った、クラシックカー専門家Pierre Novikoff氏の言葉。
Daily Mail Online」が伝える記事からも彼らの興奮の様子が手に取るように伝わってきます。

 Reference:Artcurial Motorcars , Daily Mail Online
Licensed material used with permission by Remy  Dargegen

この記事は、クレジットに記載している通り「Artcurial Motorcars」「Daily Mail Online」の情報を元に作成したもので、2015年9月13日に公開しました。しかし、内容についての誤りがあったため、2015年9月16日に訂正をしております。
その内容をお詫びとともに追記させていただきます。

公開時タイトル
死んだおじいちゃんの倉庫を開けたら、「200億円分のクラシックカー」が出てきた

修正後タイトル
死んだおじいちゃんの倉庫を開けたら、「20億円分のクラシックカー」が出てきた

公開時本文内
120,000,000ポンド

12,000,000ポンド

200億円

修正後本文内
20億円

ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位に深くお詫び申し上げます。

2015年9月16日

TABI LABO 編集部

クラシック音楽に精通していなくても、聴き覚えのあるフレーズはありますよね?たとえば、ベートーヴェンの「ジャジャジャジャーン♪」なんて、文字だけでもどんな楽...
描いているのは、ブラジルに住む韓国人のおじいちゃん。孫たち(12歳のArthur、11歳のAllan、2歳のAstro)は、韓国とニューヨークに住んでいて...
トロント・ブルージェイズに所属するメジャーリーガー「Daniel Norris」。若干18歳でドラフト2巡目に指名された彼の契約金は、200万ドル。日本円...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
世代のちがう子どもや孫が喜んでくれるプレゼントをあげるのは、意外に難しいもの。とくに年頃になると、一体何が欲しいのやら…。でも、16歳のローレンさんが誕生...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
やりたくても元手がないから…と諦めていた「大人の趣味」を、お金がかけられるようになった今だからこそ楽しんでみませんか?ここでは20代後半から始めたいコトを...
キューバに行ってきた。サルサと革命の国、そして半世紀ぶりにアメリカと国交回復して、これから盛りあがろうとしている国。でもキューバは、普通の観光地ではない。...
きっと「英語を習得しよう」という動機は、人によってさまざまだと思います。試験のため、世界を自由に旅してみたいから、友人や恋人とのコミュニケーションツールと...
恋人や友だちと過ごすクリスマスが浸透している日本。かたや欧米諸国は、ご存知の通り家族と過ごす方がプライオリティは高めです。ここに紹介する動画は、まさにその...
世界中からエンターテインメントが集まる娯楽の聖地ラスベガス。その中心地から約3キロほどの場所に、モーターファンには待望のサーキットがオープンしました。なん...
創業から10年で年商10億ドルを達成した企業のCEOと聞いたら、どんな生活を思い浮かべるだろう?高級スポーツカーにプライベートジェット、美しいモデルや億単...
ロシアの水陸両用車「SHERP」が話題になっています。その理由は、以下を見れば一目瞭然。ぜひ、あなたの目で確かめてみてください。こちらがそのビジュアル。目...
「いっそ空を飛んで、この渋滞を抜け出せたらいいのに…」。そんな空想が、いよいよ現実のものとなりそうです。モナコで開催されたカーショー「Top Marque...
陽気に踊り出すおばあちゃんと、それを一緒に楽しんでいる孫のロス・スミスさん。仲が良すぎて、一見いじめているようにしか見える動画もありますが、おばあちゃんは...
料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議...
民間航空機メーカー・Airbusがデザインする空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されました。「空を飛ぶ」と言われると長距離移動を想像しがちです...
この写真を見た時に、祖父母と過ごした日々を思い出しました。そして、愛情をもって自分たちの経験や考えを話してくれたことに改めて感謝したい気持ちになったのです...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...