【衝撃の事実】マクドナルドのレタスはなんと、◯◯産だった・・・

ファーストフードって、そもそも手軽さがウリなので、これまで産地や加工過程にフォーカスされることが少なかった背景があります。が、消費者としては、口に入れるものなので、どこで生産されているか気になるところ。
そんな興味・関心に答えるかたちで、大手ファーストフードチェーンのマクドナルドが最近、情報開示を進めています。そのなかには意外な事実もあったりします。

マクドナルドのレタスは
「国産」だった!

大方の消費者は、漠然と「外国産なんだろうな〜」と、イメージしていると思いますが、マクドナルドのバーガー類に使用されているレタスは、外国産でも水耕栽培でもありません。意外にも「国産」だそう。
レタスの一大産地、長野県南佐久郡川上村は、主要な生産地のひとつ。写真のようにのどかな田舎町で作られているなんて!なんだかイメージと違う!?

だだっ広いレタス畑。刈り取り作業を行うのは「夜明け前」です
レタスの刈り取りは、夜明け前の2時にスタート。なぜこんな時間に行うのでしょうか?
それは、日が昇る前の涼しい時間帯に収穫すると、瑞々しさと鮮度を保つことができるから。その上、しっかりと一つひとつ手作業で収穫しているっていうのも、意外です。オートメーション化とか効率化を優先することも多いなか、農作業の原点のようで、なんだかほっとしますね〜。

■チェック項目は100以上!農家のみなさん、けません…
「マクドナルドグローバルGAP(Good Agricultural Practice)」なる仰々しいネーミング。実はこれ、マクドナルド独自の品質管理基準のこと。土壌や水質の調査、農薬の取り扱い、畑の管理など、100以上ものチェック項目があって、気の遠くなるような細かいチェックのもとレタスを生産しています。この基準を通過したレタスのみが、私たちの口に入るというわけです。

レタスはシャキッと新鮮なまま。さて、その秘密とは?
マクドナルドのレタス、あんな大量に流通しているわりにはいつも新鮮ですよね。その秘密は「温度」にありました。
まず、収穫したレタスは集荷場に到着すると、「真空予冷装置」に入れられます。ここで4〜5℃にキープ。そこから、保冷トラックで温度と鮮度を維持したまま出荷されます。
温度って、単純なことのようですが、それが一番レタスにとっていいことなんでしょうね。

それでも信用できない
というアナタへ

ここまで紹介した取り組みについて、まだ信じられないという人もいるかもしれません。そんなアナタに見てもらいたいのがこちらの動画です。

マクドナルドでは「ママズ・アイ・プロジェクト」と題した活動を行っています。その内容は、一般募集されたママたちを国内外の工場や農場に招待するといったもの。レタス産地のレポート以外にも、ビーフ工場やポテト工場の視察などがあります。
ちなみに、2015年9月末まで第二期ツアーの募集中。
食材の産地や加工過程って、やっぱりちょっと疑わしいな〜というアナタ。一度、ツアーに参加して、ご自身の目で確かめてみるっていうのもアリですよ。

※こちらのツアーは期間が終了しました。

Sponsored by 日本マクドナルド

いつもどおりの賑わいを見せる店内に現れたひとりの男性。彼はレジの横にラジカセをドンと置き、BGMに合わせながら注文を開始した。今回このドッキリに参加したの...
ドナルドがInstagramに参戦!?しかも世界10カ国を旅行中大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」で目にするマスコット、「ドナルド」が、ショップを飛...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
南アメリカ在住のニュージーランド人女性ケイトさんは、過去にマクドナルドで働いていた経験があります。が、当初はその仕事に偏見を持っていたようです。ここでは、...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
日々の暮らしをちょっと良くするハウツー動画サービス「ビエボ」に掲載された、レタスの芯を一瞬できれいに取る裏ワザをご紹介。これさえ知っておけば、1枚1枚葉っ...
距離はそこまで離れてはいないけれど、なかなか足を運ぶキッカケがない。モンゴルには、どこか“近くて遠い”印象がありませんか?ここで紹介するのは、そんな同国の...
もったいない! 普段何気なくやっている調理の工程のなかには、食材の大切な栄養素を失う結果になることも!? どうせ食べるなら、栄養素も無駄なく摂取したいもの...
キッチンで野菜を育てて、収穫して食べる。とっても素敵で健康的なのはわかっているけれど、植物を育てるのはコツがいるもの。日に当てたり水をあげたり、ときには肥...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
健康を願うなら、食材選びは重要な要素のひとつ。皮まで食べる野菜や果物は無農薬を選びたいところです。とはいえ、これらはコストが高くて毎食取り入れるのは難しい...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...