大人になって始めると、中毒性が高い「5つのスポーツ」

大人になってから何か新しいスポーツをはじめるのはハードルが高そう…なんてイメージを抱いている人、多いのでは?

でも、実際そんなことはなくて「大人になって始めるからこそ楽しめるスポーツ」って結構あるんです。たとえば、ここで紹介する5つはどう?

01.
1分間の消費カロリーは
15kcal以上!?
「スカッシュ」

oronain02

四方を壁で囲まれたコートで行う「スカッシュ」。ルールは2人が交互にボールを打ち合うだけ、というシンプルなもの。でも、いざプレイしてみると、高い集中力&かなりの運動量が必要ということがわかります。

あらゆるところからボールが跳ね返ってくるので、常にボールの行方を追っていないと打ち返せない。行動範囲は狭いものの、立ち止まるなんて論外で、その運動量はテニスの2倍、1分間の消費カロリーは15kcalにも及ぶのだとか。

しかも、ただこなしているだけでは勝てません。わざと四隅を狙ったり、スピードに強弱をつけたりして相手を走らせる。そういうテクニックが使えるようになってこそ、相手を打ち負かすことができるのです。

02.
ゆる〜い時間を過ごしながら
体幹を鍛えられる
「SUP」

サーフィンみたいな激しい波乗りは苦手だけど、ゆったりと大海原を楽しみたい!そんな人たちに注目して欲しいスポーツが、「SUP」です。

沖まで行ったり、島を回ったり、そしてヨガをしたり…海上での心地よい時間が過ごせる一方、ボードの上で長時間バランスを取らなきゃいけないので、体幹も鍛えられると、健康志向の人に大人気。エクストリームな快感とは、まったく違う余裕のある心地よさが大人向き!?

03.
3日坊主でも
飽きずに続けられる!
「トライアスロン」

oronain03

ラン・バイク・スイムの3種目を交互に行う「トライアスロン」。過酷なスポーツというイメージが強いですが、実は意外と楽しみながら続けられるって噂。なんでも、ひとつの種目をずっとやり続けるわけではないから飽きないのだとか。

しかも、レースによっては距離もさまざま。たとえば一番初心者向けの「スーパースプリント」であれば、スイム:0.4km、バイク:10km、ラン:2.5km。これなら気軽に始められそうですね。

04.
遠慮は無用!
吹っ飛ばしてコケまくるのが
このスポーツのスタイル
「バブルサッカー」

oronain04

思いっきり相手を吹っ飛ばしてボールを奪う。吹っ飛ばされた方もコロコロと転がり、なかなか立ち上がれなかったり。ユルいのか激しいのかわからない微妙な感じが堪らない、人とぶつかり合いながら楽しむ新感覚スポーツが「バブルサッカー」です。

ルールはほとんどフットサルと同じ。異なるのはユニフォームが“バンパーボール”と呼ばれるプクプクの巨大ビニールボールである点のみ。ハンドやタックルによるファールもないので、派手に暴れたい、ちょっとストレスが溜まってる…そんなあなたにオススメです。子どもの頃のように、思いっきりはしゃいじゃいましょう!

05.
体格・筋肉は関係ナシ
求められるのは、柔軟性&知能
「ボルダリング」

oronain01

とはいえ、腕力がないとできないんじゃないの? いいえ、そんなことはありません。「ボルダリング」を楽しむために必要なのは、柔軟な体の使い方&戦略的思考能力。体に無理と無駄のない動きをすることで、体力の消耗を防げます。そして、イメージ通りに登れたときの達成感たるや!

また、他のスポーツに比べて初期投資や施設の利用にかかる費用も安く、手軽に始められるのも大きなメリット。最近では体験できる施設も増えているので、仕事帰りに「ちょっと体を動かしたいな」ってときに、1人でフラッと寄れるのもいいですね。

そんな時の必需品はコレ!

11g_tube_box_0430

さて、ここで紹介した5つのスポーツ。気になった人はぜひチャレンジしてみて!

ただ、スポーツにちょっとした怪我はつきもの。準備するものはちゃんと準備しておきましょう。そういう時はコンパクトで持ち運びも楽々な「オロナイン」なんていかが? チューブをアルミからラミネートにリニューアルしたから、耐久性もアップ。バッグやポーチの中で破れちゃう心配もありません。

スポーツする時って着替えなど、かさばる荷物が多く、他のものは極力小さめのものがいいな…という時でも便利ですよ♪

オロナイン公式HPはコチラ

オロナインH軟膏効能効果: キズ、あかぎれ、にきび、しもやけ、軽いやけど、など大塚製薬 「第2類医薬品」

Sponsored by 大塚製薬

運動を習慣化すれば、生活が改善される! なんてことは、いろんなところで言われてますが、それが具体的にどういうことなのか、わからない人も多いのでは?海外のブ...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
「リングを通れば、+100スコア!」。ちなみに、新しいゲームのPRではありません。これ、なんと現実のゲレンデなんです。「Ride On」はAR(拡張現実)...
世界大会では莫大な賞金が動く「eスポーツ」。その世界中の人から愛されている「魅力」と、オリンピックの競技種目として候補に上がる「理由」の2つを紹介します。
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
写真のメガネの男性。黒いボールを今まさに手から離した瞬間。それを投げ入れる先は…え、ゆりかご!?一見、バスケットボールの試合風景に思えるこの写真。ところが...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
一度見たらクセになっちゃう。そんな中毒性のあるビジュアルを描いているのは、イラストレーターのChloe McAlister。彼女の作品からは、ロックの匂い...
EMSとは筋肉に電気刺激を与え、効率的に負荷を与えられるシステム。プロのアスリートも取り入れている方法です。が、さらに革命的な製品がコレ!ただの矯正用では...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
だれにもわからない些細な変化に気づけるーーそんな印象から、よく芸術家になりやすいタイプと認識されますよね。たしかに、言葉にできない曖昧なことを上手にカタチ...
ポルトガル、ウェールズ、ドイツ、フランスとベスト4が出揃い、ますます目が離せなくなってきた「UEFA EURO 2016」。連日寝不足気味で出勤している、...
「大麻より中毒性の強いものは、身近にたくさんあるんだ」。そう主張するのは、米メディア「WeedHorn」のCEO、Rick Bakasさん。Weedは草…...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
近年、いわゆる9時17時の8時間労働が、海外では“仕事中毒”を生むだけだと、ワークスタイルが見直されつつあります。「労働時間を短縮することで生産効率が上が...
私たち人間は、とどまることなくゆらゆらと漂うものに、自然に惹かれてしまうのかもしれない。だからこそ、なのだろうか。こうした「浮遊系インテリア」を、最近はよ...
ランニングやトレーニングなどのスポーツをするときのために、開発されたスマートヘッドホン「Vinci 2.0」。その特徴を考えると、満員電車の中でも活躍して...
感受性が高い人は、周囲の環境に影響されやすい面があるも、その分人の気持ちを理解できたり誠実な面もあると、ライターのAmy Morinさんは述べています。長...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...