「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を、実際に検証してみた。(動画あり)

「Cool Japan」ならぬ「Cool Japai」を推進する集団が話題になっています。なんでも、 日本人の日本人による、日本のクールな“おっぱい”を世界に発信しているのだとか。
今回紹介するのは、「時速60kmで走行中の車の窓から手を出すと、Dカップのおっぱいを揉んだ感触を味わえる」という有名な(?)俗説の検証映像。
くだらない?いやいや彼ら、かなり本気ですよ。

“おっぱい”を科学する
最高にクールな実験

FireShot Capture 1323 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

まずは、おっぱいを軽く揉んだときの感触に近い、「0.5cm押したときの圧力」を計測。

FireShot Capture 1324 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1325 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

黒子が特殊な器具を巧みに操り、0.5cm分だけ圧を加えます。

FireShot Capture 1327 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

圧力センサーで計測したところ、

FireShot Capture 1328 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1329 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

「0.5cmおっぱいを押したときの圧力」は、88.02 N/m2。

FireShot Capture 1331 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

続いて、「時速60kmで走行中の車の窓から、手を出したときに受ける風圧」をチェック。

FireShot Capture 1332 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1333 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_RFireShot Capture 1334 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

コチラは、87.87 N/m2。

FireShot Capture 1335 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

ご覧の通り、比較検証の結果、「時速60kmで走行中の車の窓から手を出すと、Dカップのおっぱいを揉んだ感触を味わえる」という俗説は、ほぼ真実に近いということが、科学的に証明されました!

FireShot Capture 1321 - 「Dカップの感触=時速60kmの風圧」を科学的に検証してみた/クール・ジャパイ第8回 _ - https___www.youtube.com_watch_R

この「Cool Japai」は、株式会社東京倉庫が制作。全10回にわたって、おっぱいがいかにクールかを検証する映像をお届けしています。

「日本の魅力は、アニメや漫画、和食だけではありません。世界に誇るべき真の日本のコンテンツは、おっぱいであると考えています」

そう語る彼らの挑戦からは、今後も目が離せなさそう!?

Licensed material used with permission by 株式会社東京倉庫

バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
イギリスの医療センター「HB Health of Knightsbridge」でにおっぱいに関する10のトリビアが、インフォグラフィックでまとめられていま...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
テクノロジー系の裏技を紹介する人気YouTubeチャンネル「Mrwhosetheboss」から、簡単ながらも、驚きのテクニックを紹介しましょう。まずは、以...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
女性のおっぱいにタッチ。4人のゲイボーイが、人生初の体験に挑みました。ぎこちない手つき。どうやって触っていいものか悩む4人の仕草と、実際に触ったおっぱいの...
突然ですが、この画像を見てください。キューブが紙から飛び出ているように見えませんか?実はこれ、平らな紙に描かれたイラストなんです!このように、視覚効果を利...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
雪が積もれば、最高に楽しい「そり滑り」。出身地によって、つねに身近にあった人、今まで1度も乗ったことがない人、さまざまかと思います。そんな「そり」を交通手...
大人気のラテアートですが、もう「描く」のは古いのでしょうか。もはや、彫刻とも言えるほど進化した3Dラテアートを紹介しましょう。きゃー可愛い!チョコレートソ...
アメリカ国内だけでも11,000以上の店舗数を誇るスターバックスが、11月1日より新たなデザインのカップでの提供を始めました。おなじみウェービーヘアのサイ...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
これから紹介するのは、とあるバッティングセンターに舞い降りた、平成の侍の勇姿。なんと、時速160kmの速球を、居合い斬りで真っ二つにしようというのです!ボ...
「これはマジメな話。どの車が一番揺れたか教えてね」そんなメッセージからスタートするこの動画は、さまざまな高級車の揺れを比較した実験動画。なのですが、その方...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...