卵との相性抜群!「粉しょうゆ」が気になりすぎる・・・

あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば見るほど気になる存在なのでご紹介。以下の写真の“破壊力”、ハンパじゃありませんよ。

伝統×革新
液体醤油の“旨み”を凝縮!

03b22644cec197e204ac76d21b70d4f1f187f347

この「料亭の粉しょうゆ」は名前の通り粉末状の醤油です。素材には、250年以上続く香川県の名門、宝暦3年創業の老舗醤油舗「かめびし屋」の三年醸造醤油を使用。液体醤油の旨みを凝縮して粉末化し、そこに料理長が柚子と一味を加え絶妙にブレンドすることで上品な和の香りを実現したのだそう。

揚げ物や焼き魚、
ご飯や卵料理にどうぞ!

0303887b8c6a36698f67345cc685aaf621d5e771

液体醤油と違って食材を湿らすことがないため、揚げ物などが“サクサク食感”のまま楽しめます。

B3da27842f24bd6ef03b0a7c7ff73c2d0332a64b

ふりかけとして使っても美味しそう…

A7f4254069a7e274d31ff81540cbed85906669f3

もちろん、目玉焼きとの相性の良さは言わずもがな。見た目も美しい!

D0977f901b18327314dd4ebb9a6df83c295e445d

その他にも、焼き魚やお刺身、そしてなんとバニラアイスにもオススメなのだとか。

186336d1035d01b4a8b6e5e6de0548d63ae7d9b6

「料亭の粉しょうゆ」は、単品(8g)303円(税込)から。3袋(864円・税込)、12袋(1,080円・税込)のセットの他、ギフトセットやトラベルセットも用意されています。軽量なので、贈り物や旅行のお供にピッタリですね!

Licensed material used with permission by 株式会社下鴨茶寮
日本の「Kawaii」に魅せられてしまったイギリス人デザイナー、ダンカン・ショットンさん。これまでも『楽しくて削りすぎちゃう!? 「虹」が出てくる鉛筆がす...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
台北で茶商をいとなむ十年来の友人夫婦がいる。何度もお互いに行き来し、趣味嗜好もだいたいは把握している仲。なので台湾を訪れるときは、決まって彼らのサロンから...
大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも...
春野菜が美味しい季節。たらの芽やふきのとうに菜の花。天ぷらにすると美味しいですが、サクッと揚がらない、油っぽいなど、上手に作るのは結構難しいです。天ぷらの...
春の行楽シーズンは、ちらし寿司や茶巾寿司など、薄焼き卵を焼く機会が増えてくるもの。普段のお弁当においても、彩りに重宝する料理です。ただ、薄焼き卵って地味だ...
忙しい朝の強い味方、たまごかけごはん(TKG)。卵は体に必要な栄養素のほとんどがバランスよく含まれている完全栄養食です。時間がない時こそ、しっかりと栄養を...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
弁当の中に入れたり、朝食時によく食べたりするゆで卵。いつも同じでちょっと飽きたという方に、ここでは少し変わった作り方をご紹介。ポイントはグルグルと回すこと...
アメリカ生まれのアボカドの美味しい食べ方をご紹介。火を通すことで、柔らかく、いっそう美味さが増すアボカドを、トロトロの半熟卵にからめて食べる「アボカドエッ...
世の中には、たくさんの「似ているけれど異なるもの」があります。例えば「焼き飯」と「チャーハン」と「ピラフ」。この3つは食べる機会が多いだけに、その違いにつ...
冷蔵庫を開けたら、新じゃがしかない……。そんなときにオススメしたい、新じゃがだけでおいしくお腹を満たせる料理。「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、簡単でお...
最近は、ダイエットや健康のために糖質を控えている人も多いはず。そんな人に試してほしい、簡単で健康的なおやつがあるんです。とても簡単ですよ!キッチンペーパー...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
炒め物や肉詰めなど、ピーマンの独特の苦味はお肉との相性が抜群です。でも、意外と1回では使い切れず、そのままダメにしてしまうことも…。そこで試してみてほしい...
冷蔵庫の片隅に、使い切れずに眠ったままのジャムはありませんか?朝食のトーストに毎日使っていても、なかなか減りませんよね。そんなあなたに知っておいてほしいの...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
「WonderHowTo」で紹介されていたのは、卵の殻の利用術。ライターBrady Klopferさんによれば、彼が1年でどのくらいの卵を食べているか計算...
「茹でた卵を元の生卵に戻す!?」そんな、実現不可能に思えることを、何年も前から世界中の化学者たちは、大真面目に研究に取り組んでいたようです。カリフォルニア...