粉もんを愛するがゆえに誕生した「たこ焼き」に合うスパークリングワイン

大阪のソウルフード「たこ焼き」に合わせるスパークリングワインがある。それが「たこシャン」だ。たこ焼き+シャンパン。これ、通称ではなく正式な商品名。いかにも関西人らしいネーミングセンスだが、その味わいは“ほんまもん”だった。

気取らず気軽に楽しめる
“ほんまもん”スパークリング

Medium 606480003dbd89b83e6a3a20e4dfc8dd2ed9a76bMedium dff269b67114ea4367fa442efb713d2714d9abad

昭和のはじめ、日本一のブドウ産地だった大阪。今も府南部の柏原地区には、多くのブドウ畑と100年以上続くワイン醸造所がある。そのひとつが、西日本最古のワイナリー「カタシモワイナリー」だ。明治時代に開拓された畑から、大阪発のワインをつくり続けている。

原料となるのは小粒で種無しのデラウェア。あれがワインに?と思われるのも当然。デラウェアはその独特の甘さに加え、「フォクシー・フレイバー(キツネ臭)」とワイン通が形容するほどに香りが強く、ワインには不向きと言われてきた。

ところがどうだろう。たこシャンは、きめの細かい気泡にやさしい果実香がある。たこ焼きに合うという評判通り、たしかにソースの酸味ともよく合い、パンチのあるたこ焼きのあの味に負けていない。それでいて、もったりした口の中をさわやかに洗い流してくれるのもちょうどいい。これがサワーでは甘みや酸味が勝ってしまい、ハイボールだと炭酸がキツすぎてこうはいかない。かといって、ビールではあまりに味気なさすぎる。

そこでこのスパークリング、という訳だ。地元柏原を代表するデラウェアをシャンパンと同じ製法で、1本1本瓶の中で気泡を発生させる瓶内二次発酵で仕上げていくそう。独特の甘さが嫌味なくスッキリ感じるのも、ワイン造り104年のノウハウを生かし「研究と工夫を重ねた」という、酵母菌、温度管理、果汁段階での前処理によるもの。

つまり、たこ焼き(あるいは他の粉もん)に合わせるべくして開発された、“ほんまもん”のスパークリングというわけ。なのに、まったく気取った感じがしないのもいい。

地元ブドウ農家の危機に
技術とアイデアで立ち向かう

Medium e042796e9a451ce937da761c036177fac5870907

地元のブドウを使って、カジュアルに楽しめるワインを飲むことで、大阪のブドウ農家を元気にしたい」。大阪人らしい遊び心あるネーミングの裏には、近隣農家が抱える大きな問題があった。

意外にも大阪府は、デラウェアの生産量で全国3位と一大産地。ところが近年高齢化が進み、耕作放棄地が増えていく現実に、現社長であり三代目の高井利洋さんは、地元特産のブドウでスパークリングワインを造り、活性化につなげようと決意。

まず最初に取り組んだのは、ワインに適し、高齢者でも無理のない栽培方法。それは、露地での種あり有機草生栽培だった。ビニールハウスや加温を止め、除草剤をやめた。すると土地の力が回復し、与える肥料の量も少なくて済むようになったそう。さらに、できるだけ油かすや牛糞、ブドウの絞りかすなど有機肥料へと変えていった。

果樹と雑草を共生させる。こう聞くと、イメージとして工数がぐんとかかりそうに思われるが、ワイナリーによればこの方法で実際に重労働だけでなく、農薬と化学肥料を同時に削減することとなり、結果的にオーガニックという副産物も手にいれることもできたそうだ。

「ワインは地域と共にあり」
口コミで広まり全国区へ

Medium 31dbcd6add732b373a57d2f1ce04f6a2ee08ce3d

現在、ブドウは地元の5つの醸造所と農家とで協力し合い育てている。収穫期には近郊から400人を超えるボランティアが手弁当で集まり、たわわに実ったブドウを集める。その8割が女性だとか。

2010年たこしゃんがデビューした当初、ほぼ9割が関西圏のみの消費だったそうだが、噂は口コミで広まり、今や高級ホテルや百貨店担当者がこのスパークリングを求めるように。売り上げ本数は発売以来、6年間でおよそ35倍に増えたという。

「ワインは地域があってこその飲み物」と高井さん。地域に暮らす人々が自分たちの土地の魅力に気づく、そのためのワイン造りだと強調する。隣の人はみな友だち、関西の義理人情がたこシャンを全国区のブランドへと押し上げたのではないだろうか。

「ワインはその地域のひとつの香り。130年前に開墾した畑、河内の古民家群、ここに住んでいる人たちのおもろい河内弁。これを一緒に味わってもらえれば、ワインのストーリーが、飲む理由ができますよ」。

何はともあれ、未体験ならば味わってみるほかないでしょう!750mlで2,376円(税込)。たこ焼きに高級感が増す?いやいや、「カジュアルに楽しむ」それがたこシャンの身上だ。購入はこちらから、あの藤巻百貨店でもセレクトされている。

Licensed material used with permission by 株式会社caramo(カラモ) 藤巻百貨店
知っている人にとっては常識。ですが、知らない人にとっては、まさに「今さら聞けない…」のが、ここで話題にするシャンパン、スパークリングワインの違い。あらため...
家飲みで余ってしまったシャンパンやスパークリングワイン、どうしていますか?「炭酸が抜けたらおいしくないから捨てちゃってるよ」なんて人がいたら、「PureW...
2016年6月、スペインで新発売された1本のボトルにワイン業界全体がざわついた。なにせその色が赤でも白でもロゼのような中間色でもなく、雑じりっ気のないイン...
あの「くまモン」の生みの親・小山薫堂氏が代表を務める下鴨茶寮。同社が2015年1月から本格的に販売を開始した、粉末醤油調味料「料亭の粉しょうゆ」が、見れば...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...
卵焼きのために作られた、日本ならではの調理器具「卵焼き器」。じつはいろいろな料理に使える万能器具なんです。いつもはオーブンや専用の鉄板で作っていた料理も、...
ボルドーワインと聞けば、多くの人が重厚な赤ワインを思い浮かべるだろう。しっかりとしたお肉料理にどっしりと重いフルボディの赤。しかし太陽がさんさんと降り注ぐ...
ワインを選ぶ際、魚やお肉などの料理に合わせるのはよくある話。ですが、子育てのイライラに合わせて、ワインを選ぶなんて初めて聞くはずです。ここで紹介するのは「...
「なんとなく」は知っていても、いざその違いを言葉で説明しようとすると難しいことってありますよね。例えば「シャンパンとスパークリングワインの違い」や「カプチ...
究極のかんたん料理。「えっこれだけ?」というシンプル手順だけど、じゃがいもの素材感を満喫できますよ。上質なオリーブ油と塩だけで十分旨い!<材料>じゃがいも...
イタリアは全20州すべてでワインを生産していて、その土地ごとに様々な特徴を持っています。その種類は、とても数えきれないほど。フランスと並んで、世界でも有数...
オーストラリアのワインコミュニティーサイト「The Wine Wanker」によると、カンタス航空はこの夏、国際線など一部の長距離フライトで、希望のあった...
仏ボルドーに今年6月オープンした 「La Cite du Vin (ワイン文明博物館)」。ボルドーワインで有名なこの街の新たなシンボルとして、構想から8年...
飲み残したワインの保存方法として、抜いたコルクで栓をするのは誰でも想像が付くアイデア。ワイン好きなら、ボトルの空気を抜くためのワインセーバーやワインポンプ...
ワインって一度栓を開けると、すぐに酸化してしまいますよね。パーティーの時などに、たくさんのワインを開けたはいいものの、中途半端に余ってしまう…なんて経験を...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
前脚をていねいに揃えて、ちょこんとお座りをしながら、上目遣いにあなたの愛犬や愛猫は、もしかしたらこんなことを思っているかもしれません。「ま〜た、一人で飲む...
とは、「Thought Catalog」のライターChrissy Stockton氏の弁。どちらかというと、あまりワインが好きではない、もしくは嫌いではな...
一見、変わったデザインのモダンなリング。でもじつはこれ、緊急時に家族や友人に知らせることができる「パニックボタン」を内蔵したスマートリングなんです。防犯ブ...
ジメジメした蒸し暑さを、いっぺんに吹き飛ばしてくれるようなアイスを紹介しましょう。どれも暑さを吹き飛ばすのがアイス?いえいえ、こちらは、-196℃以下で一...