立ち仕事にピッタリ!歩ける・座れる「ウェアラブル・チェア」

日本製の「ウェアラブル・チェア」が登場!見た目もスマートです。ナニソレ?という人のために一言で説明すると「着用できるイス」ということ。…そのままかい!というツッコミがありそうですが、まさに便利さはそこにあります。

歩けるけど座れる。つまり、足腰を曲げて中腰姿勢になると、その体重負荷を外骨格が支えてくれる、立ち仕事にピッタリなアイテムなんです。実際の使用例を動画で見てみましょう。

歩ける/座れる
「ウェアラブル・チェア」

archelis(アルケリス)」は医療用を想定して開発されたもの。長時間の手術に臨む医師にとっては、筋肉疲労を大幅に軽減できる可能性があるため、このサポートツールに寄せる期待は大。

片足ずつ独立しているため、左右それぞれの足で別々の姿勢をキープ。ある程度自由度があり、微妙な体勢に合わせて体重を支えられるのが嬉しいところ。

素材には金属とカーボンを使っており、強靭・柔軟・軽量な機能を実現。電気を使用せず、その構造によって体重負荷を支える道具のため、使い勝手も◎。

まだ開発中のため購入はできませんが、その使いみちは様々ありそうです。工場での立ち仕事にはもちろん、オフィスワークにも応用できるかも。一度試してみたくなりますよね。価格や販売時期は未定ですが、続報に期待。詳しくはコチラから。

Licensed material used with permission by 株式会社ニットー
いったい、「誰がこれを必要とする?」といった根本的な議論はさておき、ロッキングチェアの特性をフルに活かして、ローテクながらじつに愛のあるプロダクトを開発し...
「Vogue Living」「ELLE DECO」をはじめ、数多くのインテリア、ライフスタイル誌に取り上げられる、ロサンゼルス発のスタイリッシュでモダンな...
「ロッキングチェア」といえば、おじいさんが座ってゆらゆらしていそうな木製のイス。そんなイメージが一般的でしょう。しかしここで紹介するものは、その印象を一瞬...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...
天才的なアイデアで世の注目をさらったこのカート。なんと、通常立ち乗りで使用される「バランススクーター」に、ビーチチェアを合体!4輪車両にしてしまいました。...
エクササイズ×ウェアラブル、高精度な健康管理系のウェアラブル端末は急速に普及し、健康維持に役立てられています。ここで紹介するのもそうしたデバイスのひとつな...
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
友人を自宅に招いての「家飲み」や「パーティー」。そんなとき、あっちこっちから椅子をかき集めてきたりします。それでも足りないってなれば、アウトドア用の折りた...
最新のスマートデバイスと「健康」には深い関係性がある。流行りのウェアラブルと言えば、走った距離や道のりどころか心拍数や消費したカロリーまで管理可能。中には...
毎日つかうものだからこそ、選ぶときにはすごく悩んでしまう、椅子。ひとりのときは場所をとらないほうがいいし、お客さんが来たときにはたくさん座れたほうがいいし...
睡眠状態とバイタルサインから、寝ている間に健康管理をしてくれるスマートリングが開発された。フィンランド生まれの「OURA」。洗練されたミニマルなデザインは...
ロイヤルメルボルン工科大学が開発した「スマートピル」は、飲み込むことで体内環境を調査し、そのデータをスマホなどで確認できるもの。開発したのは、過去にもモバ...
まず、下の写真を見てください。部屋には木材で作られたインテリアが並びますが、これらには“ある秘密”が。実は、手前の大きなテーブルや奥の椅子、像を置いたサイ...
いまVR(バーチャルリアリティ)技術は、医療分野においても目覚ましい研究成果をあげています。なんと下半身不随の患者が、VRをつかった「神経系のリハビリテー...
いまやスマホでお湯が沸き、炊飯器にタッチするだけ自分の好みのお米が炊ける時代。家電がネットにつながり、暮らしがどんどんスマートになってきた。けれど、値段だ...
NASAとミシガン大学の共同開発により、自然治癒する「壁」が開発されました。まるでSFのような話ですが、蓋を開けてみるとその構造はとてもシンプル。ポリマー...
「猫の手も借りたい…」これは、小さい子どもを世話するお母さんなら、一度は口にする言葉。でもどうしてでしょうか?Esther Andersonさんが、娘のE...
洋服が着ている人間に合わせて変容するーー。そんな未来を感じさせる動画があります。ドイツのインターフェイスデザイナー・シモーネ・シュラム氏が開発したウェアに...
患者の負担を軽減するために、傷を最小限に抑えて施術する「低侵襲手術」。これには、頑丈であり、かつ小さな道具が必要になります。2016年3月10日にブリガム...