16本のクッションが、あなたを「引きこもり」にする。

ひとり暮らしでネックになるのは、やっぱりスペース。ソファも作業机も置きたいけれど、なかなかそんな場所が取れなかったりする。

それなら、ひとつで何役にもなるこんな「チェア」はいかがでしょう。

クッションをカスタムして
自由自在に楽しんで

F79befdccba27b103f205d45805ac773b9fa1241

16本の赤いクッションが突き刺さったこの「manet」は、それぞれ簡単に抜き差しが可能。その時の気分やアイデアに合わせて、形を変えられちゃいます。

たとえば…

F122aa316d1683fb890fb0db820b6eaf88bc3dd4

読書をする時は、クッションの向きを変えて本を支えたり。

A0b2c57bd9e02d5d36aa6c3b02ee2d871fc6163d

パソコン台にもなるし、

33e2f1ed0e89b8c533932ae15bf8523645fad85d

チルモードの時には、クッションの山を豪快にかき分けて。

B6d889d231d2a04d67dd1d223e420eebd7f21920

クッションを1本外して枕にすれば、快適な寝床にも。

550e49b88af1f6acb0144e46667086c510d77478

「いえーい」とジャンプインすることだって!

イタリア職人の
手仕事を味わおう

デザインを手掛けたのは、イタリアの「BEST BEFORE 2065」。ミラノ郊外・ブリアンツァの職人の手によって作られています。

Aa6b196be15d58c1a3ee139542721e0a74ecf179

クッションは洗濯可能な100%ポリエステル生地で、抗菌処理されています。ボックスの部分はMDF材が使われており、耐久性の高さという意味では機能性も兼ね備えています。

Db9a7eb3e639ffc94efe2f1827a1be45d9afcb27

クッション単体でも使えそうだし、部屋のアクセントに取り入れてみるのもありかも?

Licensed material used with permission by Best Before 2065, (Facebook), (Instagram), (Pinterest)
ご存知の通り、「本の虫」とは読書が好きで好きでたまらない人を指す言葉。コレ、てっきり日本独特の言い回しだと思っていたけれど、調べてみたら英語でも「book...
恋人とふたり、テレビの前でゴロゴロしながらうたた寝。なんてシチュエーションで、まず間違いなく活躍できそうなくつろぎグッズを見つけました。こんな中でヌクヌク...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
家に帰ったらすぐにソファへ…そんな人も多いはずです。疲れたカラダを優しく癒してくれたり、ダラダラ過ごすのにも最適な「ソファ」ですが、じつはここまで進化して...
イタリアの家具ブランド「arflex(アルフレックス)」によるこのソファ。日本の伝統的な様式美「盆栽」と「床の間」にインスパイアされたものだとか。
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
ハイテクスニーカーやアウトドアギアによく使われる表現に「ウルトラライト」がありますが、ここで紹介する椅子がまさにそれ。だって1.2kgって言ったら、牛乳パ...