これからのテレビは、薄さよりも「家具」のような存在へ

部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだわり、あれってなんだったんでしょうね。

モバイルネイティブにとって、テレビを中心としたくつろぎ空間がもはや必要なくなってきたからこそ、こんなスタイルがウケているんだと思います。

どんな部屋でも、
空間に馴染んでくれる

41d7b9cbcd0eda94957b93b2550a947283c17328

今年「iFデザインアワード」で金賞を獲得したこのテレビ。黒物家電の印象が強いテレビのフレームを単純に白くしただけでは、当然ながらデザイン界における“オスカー賞”とまで称される場で、高評価されることはありません。

審査員たちの注目を集めたもの、間違いなく、このコンセプトがあったはずです。

テクノロジーと環境の間にある
ギャップを埋めるデザイン

Acbe20e0338174a98817f37921b384356621bddb

「家具の延長にある家電」という、まったく新しいコンセプトでテレビをつくり上げたのは、ロナン&エルワン・ブルレック。世界を股にかけて活躍する兄弟家具デザインユニットなんだそう。

彼らが目指したのは、テクノロジーと環境の間にある、ギャップを埋めるデザイン。それをカタチにしたものが、サムスン電子とのコラボにより誕生した「SERIF TV」です。

家電としてのテレビに
「家具」の要素をプラス

366566d9d46832fe4aeae0d88bd32897158d563c

床置きでも、棚の上でも、どこへ持ち運んでもその場所に自然とフィットする。そのためのフレームデザインは、横から見ると分かるようにアルファベットのアイ(I)をイメージしたつくり。タイポグラフィで用いられる「セリフ書体」をモチーフにしているんだそう。では、この上下の圧倒的な厚み、これをどう使うかというと……。

幅広フレームが
シェルフになる

5863736ec118ebaee8a6408a8699c1086299103cE67d576df96c0f32036c7543f1696f427280237e

フレーム部分のマチを有効に活用すれば、棚としてのスペースが生まれ、ちょっとした小物を置いたり、植物を飾ることができるように。あえてガッチリした重厚感にすることで、自立したときの不安定さを解消する狙いもあったようです。台座がなくても直置きできるのも、この厚みのゆえ。

5cf77015c31a3c7eab512f9ad1b80ecf4d091181

これも、大切だなって思いました。全方位どこから見ても「統一感のある美しさであること」です。もちろん、背面もこの通りファブリックでお化粧していている点もハイセンス。フレームの継ぎ目が見えないよう加工されてある点も、ユーザー目線に立った配慮に感じます。ケーブルや配線など細々したものも、だいぶスッキリした印象です。電源ボタンだって、背中にちょこっと。

テレビを見ないときでも
美しくなければいけない!

Ae688b89f0bcba1190c64949ad08ead9b7cd430e

デザインは外観だけにあらず。ブルレック兄弟の革新はユーザーインターフェースにも表れています。

たとえば、スマート機能とデザインが融合した「Curtain Mode(カーテンモード)」では、ロゴや黒一色の画面が映し出される代わりに、壁紙のようなやさしい色調の画像や時計が、さながらカーテンのように色彩を与えてくれるんだそう。

確かに、サイズが大きければ大きいほど、電源がOFFのときのテレビ画面は、室内全体の統一感からいえば、ノイズですよね。その点、番組を見ないときはとことん家具に徹するSERIFなのでした。

A03d1500aa4a676e401ad2cbcce6c977f07abb64

従来の“薄型至上主義”から、いかに室内環境に調和するかへ。家具としての佇まいをテレビに求めたブルレック兄弟のチャレンジは、家の中のどんな空間に設置してもテレビが違和感なく、環境に溶けこめることを体現しています。

すでにテレビのある生活に見切りを付けてしまった人たちも、「これだったらもう一度」そんな気になりませんか?

Licensed material used with permission by Samsung
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回は「ReTHINK TV」と題しまして、...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
いま、薄型テレビ市場は二極化が進んでいます。売れ筋ランクを見れば、50インチ(第1位)を超える大型なものがいまだに根強い人気。その一方で、次位は32インチ...
「人気再燃」なんてニュースを目にすることが増え、パナソニックが発売した35万円のプレーヤーが30分で完売するなど、ブームが加速している感のあるレコード。で...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
個性豊かな廃材を利用した手作り家具は、独特のビンテージ感と一点ものの風合いで人気を呼んでいます。ここに登場する家具や雑貨も、やはり廃材をリメイクしたもの。...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
北欧スタイルといえば、白い部屋、自然あふれる暮らし、ヒュッゲなライフスタイルを思い浮かべる人も多いのでは。でもそのイメージ、実はズレてるかも。そこでハウズ...
セレクトショップでたまに目にする、ガラス製のプランター。とくに植物を植え込む用に作られたものは「テラリウム」なんて呼ばれています。使い方が分からずに、これ...
欲しいものが決まっているとき、オンラインショッピングって本当に便利。外に出る必要も、わざわざ歩きまわって商品を探す必要もない。でも欲しいものが決まってない...
いまだかつて、こんなにもネコ想いのインテリアがあったでしょうか?開発者の溢れんばかりの“ネコ愛”が伝わってくる、おしゃれなデスクです。これでもう、机の上が...