家具と調和する「エアロバイク」を追求した結果・・・

ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。

そこで、こんなエアロバイクのご紹介。これなら、インテリアとしてもぜんぜん悪くないでしょ。

オシャレなエアロバイクが
あってもいい!

E7be69b70ce8da8bddf2165c90a94bd795dc93dd

周りの家具とも調和がとれ、生活空間の中に溶け込むようなこの美しいフォルムを生み出したのは、ミラノ出身の若手デザイナーLuca Schieppati氏。フィットネスジムではなく、自室に設置するためのエアロバイクをイメージし、コンセプトも「家具との調和」を意識したデザインであること、とした。

もちろん、機能面をないがしろにする訳もなく、独自のシステムと機能美を追求した兼用型。

ムダをそぎ落とした結果
空洞にしちゃいました

B1f0e005e1c3fd98a7b6c956a0cbcd03eb230e40339790758225d9f6785ece188bd7619781416ea9

さて、極限までムダな要素をそぎ落とし、シンプルな一輪車フレーム構造としたLuca氏のエアロバイク「Ciclotte」は、カーボン、スチール、ファイバーガラスをベースにしている。また、エピサイクロイド・クランクシステムというユニークな機能をワークアウトシステムに採用。これは、ペダルを回転させることで磁場を生み出し、ももに負荷をかけていく仕様のこと。

ペダルを漕ぐことで外輪を回し、エネルギーを生んでいく。ハンドルを握る手の下で外輪が回る様子は、さながら屋外でバイクにまたがっている気分そのもの。

396da6207b7db9c6a1721a3d249b67fe89264636

スマホやタブレットだって専用のドックに設置OK。エクササイズアプリと連動することで、運動のメニューやデータ保存の管理もできる。もちろん、ロングディスタンスには音楽や映画でエスコート。

テック系ギアは、
家具と調和してこそ

Fe9ec0480750e97b79c0271ef6708d8a88073c00

一輪で独立し内部を空洞化させたデザインに加え、人間工学に基づいたポジショニングで、エクササイズ中は最大限のポテンシャルと快適性を実現できるらしい。

普段の生活の中に、デザイン性のいいテクノロジー商品を取り入れたいという人は多いはず。現代の多様化するライフスタイルにおいて、生活を邪魔するようなモノではなく、むしろ他の家具と調和のできるデザインが必要となってくる。インテリアの延長にある、機能面を押し付けないエアロバイク。空間を邪魔することなく、どんなライフシーンにもすんなり同化しているのことが、以下のイメージ写真からもよくわかるだろう。

5b46a52fc9b7728408773cdc3070ae0c567bc0dfFd21f4aebe1c1e37bba7f84013a8b8c539d65bddB2f7a99d575e191922c312da4488d02d742316ca

発表後、国際展覧会に数多く出展されたCiclotteは、現在ミラノのトリエンナーレ・デザインミュージアムに常設展示されている。従来の機能面にフォーカスした機器的なエアロバイクからの脱却、お見事。

ところでこのCiclotte、蔦屋家電ですでに販売されていて容易に手に入るシロモノではある。が、秀逸なデザイン&機能に見合う価格もまた、超ハイスペック!税込154万4,400円!もし、すでに手に入れたという人がいれば、ぜひその感想を聞かせてもらいたいものだ。

Licensed material used with permission by ciclotte
みなさん「エクササイズ」してますか?定期的な運動はカラダにもいいし、ストレス発散にもなります。ただ、運動が大事ってことは分かってるんだけど、仕事は忙しいし...
部屋の中からテレビの存在感が薄れてきてた。こう感じているのは私だけではないはずです。スマホ画面で4K動画が見られるこの時代。「薄さ」や「インチ数」へのこだ...
家や部屋はきれいに片付けておきたいけれど、たまの来客用に机やイスがあると便利だし、たまにはソファも使いたい。でも、できればデザインにもこだわりたい…。いま...
火星居住区環境のリサーチからデザインまで、およそ2年をかけて発表されたコレクション「The MAD Martian Collection」。ダイニングテー...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
いい家具があると空間が華やぎます。いいデザインで環境に配慮していたら最高。「We Do Wood」はそんなプロダクトを提供しています。同社が採用する素材は...
気づけば2月も終盤。さあ、春がやってきます。そんなタイミングで暖房機の紹介をするのは、時期外れだと思う人もいるかもしれません。でも、そこにはちゃんと理由が...
香港のデザインスタジオLim + Luがデザインした「荷台」は、ただ車輪がついていて、取っ手を持ち上げて運ぶだけものではありません。これ、棚にもソファにも...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
デザインとは絶え間ない更新、再整列、成長を意味する──。これは、モダンコンテンポラリーチェアの名作のひとつとして、1963年に製作された「ボールチェア」の...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。口...
カナダの小学生Xander Rose君は、同級生から服を剥ぎ取られるなど、酷いいじめを受けていました。お母さんが学校に連絡してなんとか解決策を探ろうとする...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
ポルトガル・アブランテスで行われたインスタレーション「DomestiCITY」は、公共の場に家族団らんの場と同じような空間をつくったもの。プロジェクトオー...