しっくりくる「バイクスタンド」と、ようやく出会えた

自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部屋に“しっくり”納まる印象がなくて。だから、ぼくはこういう木製が好み。

主張しすぎてない
いい具合のモノとしての存在感

Medium 8ccc3bc85aa927275bd2ec0b238db37e752bf2e5Medium d42a9211a3e5699732f769cf0f5103f0a008a78aMedium 5cd34ffbe8989a914b5c00c0ab751fe3f42dced2

「バイクシェルフ」、「バイクスタンド」、「ディスプレイスタンド」、呼ばれ方も、素材も、形状もいろいろ。だけど過度な装飾が余計だったり、かと思えば合板っぽいチープさや、無意味にテカってたり。とにかくどっか余計に思えて、ちょうどいいってモノを見つける難しさを感じていた。

ガレージの壁に掛けるんだったらまだしも、白壁やインテリアのなかで落ち着いて見えるならば、断然こっちだと思うけどな。自転車が掛かっていないときのシュールな絵も、これならば想像しなくて良さそうだし。

2 TYPES OF MOUNTS

Medium 2293705986c6402ced4c9de79098f78c348b6fec

York Wall Mount(約7,800円)

Medium a9fbd103d27c2a9cbd912a4591069c1d17d827a2

Diamond Wall Mount-Natural(約8,500円)

素材はどちらもウィスコンシン州のレッドオーク。オーダーを受けてからつくりあげるハンドメイドものだそうで、このクラフト感が行きすぎてなくていい。この「ウォールマウント(Wall Mount)」、価格も日本円にして8,000円前後とこちらもいい感じだ。

Medium bfe82b603dec4b0e6dc7d9510d932a3a475dd859

接地面が少ない分、バランスを考えるならばやっぱりピストやクロス、クラシックな水平フレームでこそだろう。

Ono Cycleという名前から、てっきり日本のメーカーだと思っていたら、LAに昨年立ち上がったばかりのスタートアップだそう。で彼らのメインプロダクトはこれ以外にもうひとつ。同じく木製の「ハンドルバー」なんだけど、これがまたオリジナリティがあっていいんだ。

Medium 23c0653742c3075254de8fe5dc1c272d3461cb1cMedium 6ac3efd92dd8362f4d502e5097ab7b8803dc2d6f

ね、どう。

興味ある人はサイトへGO。

Licensed material used with permission by Onocycle
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
広い庭を持てない都心のマンション暮らしの人が、家庭菜園を営む。ベランダでは言わずもがな、LEDを利用して屋内でも野菜やハーブを栽培するようなライフスタイル...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
サボテンや多肉植物は、乾燥した場所で育つたくましい植物。かわいらしいけれどちょっとゴツい見た目は、じつはどんな部屋にも馴染むんです。いつものインテリアに飽...
インテリアや料理好きの間で、ビーカーやフラスコなどの理化学製品が“理系インテリア”として人気を博しています。このムーブメントの発信源は、清澄白河にあるその...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
アパレルショップが食器をセレクトし、書店がアウトドアグッズを推す現代。店側が特定分野のモノだけを売る時代はとうに過ぎ去り、衣食住トータルのライフスタイルを...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
自転車先進国と呼ばれる国が多いヨーロッパ。2016年1月にドイツで自転車専用高速道路が開通したことは記憶に新しいですが、そのほかにも続々と始まりつつある新...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
スピルリナとは、藍藻の一種。大豆より豊富なタンパク、およそ30種以上のミネラルなど、人間にとって必要な栄養素がぎっしり。スーパーフードとしても注目を集め、...
この記事のテーマは「紅茶」です。でも、一般的な紹介とは違い、味には一切言及しません。だって、この「NOVELTEAS」は、飲みものとしてではなくむしろ、部...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
日本において約1,400年の歴史を持つ「瓦」は、単に風雨から建物を守るための手段ではなく、他では生み出せない独特の銀色が魅力。強さと美しさを兼ね備え...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
都市空間での最適な移動手段を追求し続け、Folding BikeやCross Bikeを展開する「Tern Bicycles(ターンバイシクルズ)」。ここ...
月明かりで生活できたなら…、そんなロマンチックな夢を実現したムーンライトがあります。このおぼろげな明かりをまずはその目で確かめて。夜空の月明かりをそのまま...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...