自転車大国オランダから、新たな「バイクスタンド」の提案。

駐輪場にある自転車スタンド。僕は当たり前のように使っていて、気にもかけたことがありませんでした。

だけど、オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんの考えは異なっていて、ルックスが「目ざわり」だと言います。この想いがあったからこそ、こんな画期的な発明ができたのでしょう。

普段は地中に埋まっている
「自転車スタンド」

Fa203ebee7fe5034fef00d42352c47a1be7e1398
Photo by Iris rijskamp
584217d99058bf855c55c04359bdec3ab4e628bf
Photo by Iris rijskamp

日本でも、ミニマルな自転車スタンドは開発されてきました。例えば、前輪だけを固定するタイプや、サドルを引っ掛けるスタイルのもの。使いにくいというデメリットはないけど、強いて欠点をあげるなら、使っていないときに邪魔になってしまうことでしょうか。

この弱点さえも克服したのが、Milouさんの発明。仕組みは、画像でいう所の黄色い部分に自転車を運ぶと、シーソーのような要領で、前輪が地中に埋まり、後輪はスタンドが倒れないようにサポートしてくれるようです。

4970bc984e085f84416e584c61fd028fa4eaa686
Image by Abscis Architects / Thomas de Bruyne

10月のDutch Design Weekで取り上げられるやいなや、様々な自治体が導入を検討しているそうです。

よくよく考えてみると、渋谷などの歩道沿いにある駐輪スペースって、乱雑に自転車がとめてあるから見た目は綺麗ではないかも。となると、これがあるだけで駐輪の仕方も統一できるし、何と言っても、使ってないときは邪魔にならない。

日本でも、これが採用される日が来てほしいな〜。

Licensed material used with permission by Milou Bergs
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
中国の都市部では自転車のシェアリングがみるみる広がっています。今夏、日本国内でも札幌でローンチされ話題となった『Mobike』のオレンジ自転車をはじめとし...
日本でも、仕事先まで自転車で行く人が増えてきているように感じます。そんな中、自転車大国とも言われるオランダでは、自転車通勤にも手当が出るなどますます優遇さ...
遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
ここに紹介する自転車は、どれも斬新なフォルムが目を引くものばかり。街乗り、フィールド仕様のコンセプトモデルかと思いきや、よく見ればどこかヘン。サドルがフレ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
使わなくなった学校を取り壊すのではなく、リノベーションして新たな使いみちを生み出す。カフェやギャラリー、アートスペースとして校舎を再利用する取り組みは、今...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
北京に行った時、大気汚染で最も深刻な状態を表す「赤色警報」が出ていた。日の光がスモッグで霞んでオレンジがかり、午前なのにまるで夕方のような光景だったのを覚...
自転車を室内に持ち込むわけだから、結局のところインテリアとどれだけ調和できるかがすべて。だけど、スチールものやハンガータイプはさもありなんで、どうしても部...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
朝、トーストしたパンにバターを塗ったら、その上に細かいチョコレートをたっぷり振りかけて。これ、オランダ人からすれば常識。チョコレートスプレーのようなカタチ...
「広い世界を見てみたい」、という情熱だけで海外に飛び出していたころの自分は、少ない資金で毎日ギリギリの生活をしていた。バックパッキングにおいて原動力となる...
所有率が130%を超える、世界一の自転車先進国オランダ。通勤・通学時には、ユーザーのおよそ半数が自転車で移動するんだとか。そんなお国柄だからこそ、衣類をス...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...