省スペースと省エネを同時に実現した、垂直式「自転車ラック」

自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときなど、女性や子どもだと結構な労力が要ります。

その観点から(というかココ1点のみでもいい)、このプロダクト「Parkis」をみると、駐輪の苦労がまるっと解消できそうなんですよね。

女性でも、子どもでも
らくらく駐輪

Medium 4f07151d334d818192053af54a06780c36f9bfa7

屋外でも屋内でも設置が可能なParkis。一般的な水平方向の駐輪では、横長で幅をとる自転車ですが、それを地面に垂直にして収納(駐輪)することで、およそ40%分の省スペースが生まれる。

もちろんこれもナイスアイデア。だけど単なる垂直式のラックでは目新しさがありません。開発者らは省スペース性をウリにしているけれど、どう見たってもう一つの特徴が秀逸すぎる!それが、“体に負担をかけない”駐輪方法。

Parkisの仕組みを説明するよりも、このGIFを見ればきっと十分。

ひょいっ!
前輪が惰性でスライド

C941d936b4c3cc77b741db97ed8da8613aa7d666

Parkisを設置した壁面まで自転車を寄せて、前輪をキャスターに乗せるだけ。あとは、キャスターがラックのレールをなめらかに滑って、そのまま自転車を垂直にしてしまいます。このキャスターの動きこそすべて。電力なしに女性でもひょいと、ね。これなら「どっこらしょ」の必要もないでしょう。

Medium 7876df0f109890532d672aab59586770a8e1ca0b

逆に下ろすときは、サドルに手をかけて手前に引っ張りだすだけで、こちらも滑らかにキャスターがラックをスライドしてきます。

Medium 2798b30447e8798cfdabcff943f45db0d4a9c66dMedium 63ac8682563790aa35c6dd47a1af9e0400550604

いささかインダストリアルデザイン感が強いのは事実だし、屋内用にはサイクルスタンドやハンギングの方が向いているという意見もあるでしょう。ただし、こっちのほうが労力はないけどね。でも、駐車場や、納屋、バルコニーなど屋外使用だったら、考えられなくもない。もちろんオフィス使用なんかもアリでしょうし。

どうやらクラウドファウンディングも成功し、今のところ一器239ドル(約2万7,000円)で販売予定。う〜ん、正直もうちょっと価格が下がるとユーザーとしてはうれしい限りですが、重い自転車を苦労してレールに乗せている彼女のこと思うとあってもイイかな、なんて自分は思うわけですよ。

Licensed material used with permission by PARKIS team
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
「これ、欲しい〜!」となるような自転車ではないのだけれど、そのエコっぷりがとっても気になるタウンサイクルがクラウドファウンディング挑戦中だ。どれほど地球に...
平日はBROMPTON、休日はSURLYのKarate Monkeyに乗ることが多いです。なので、タイヤを外すための15mmレンチは常にバッグに入れっぱな...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
自転車のハンドルに装着するだけで様々なハイテク機能を利用できる「SmartHalo」は、スマホと連動した多彩な機能が魅力的なデバイス。その手軽な操作性も必...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
自転車は身近な乗り物であり、生活に欠かせない人も多いでしょう。そんな自転車が夢の中に出てきたら…それは自分にとって大きな意味があります。自転車の状態や状況...
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
教育は、未来をつくります。貧困のなかに生まれた子どもが教育を受けられないと、貧しさが代々受け継がれる「貧困の悪循環」に入ってしまいます。適切な教育を受ける...