世界最先端のプロジェクション・マッピングは「自転車」で移動式!

ブラジル生まれのド派手な自転車が「オモシロイ!」と評判を呼んでいます。街行く人々の目を止める、楽しい仕掛けを搭載して、夜の街へ繰り出していく。そう、この自転車が活躍するのは太陽が落ちてから。

街をプロジェクションで
遊びに変える自転車

LOW-2014-04-27-02.04.14-2_o

きらびやかなネオンで装飾した自転車には、2万ルーメンのプロジェクター、PC、バッテリー、さらにはスピーカーが搭載されています。これは結構、重そう…。
このプロジェクションマッピングしながら走る自転車「Suaveciclo」を開発したのは、ブラジルのサンパウロに拠点を置くメディアアート・デュオのvjsuave

LOW-0266_o

街中の建物や壁、街路樹をそのまま活かし、自転車で移動しながら手書きのキャラクターを投影させていく二人。ビルの物陰から、ひょこっとキャラクターが顔を出したり、猫がマンションの壁を逆さまに歩いてみたり。まるで、街全体がアニメの世界に迷い込んだよう。これには子供たちも大喜び。

街に溶け込む
手描きの温かみ

 

いわゆるプロジェクションマッピングって、映像美や世界的建造物との融合など、どちらかというと、テクノロジーの観点や開催場所に注目がいきますよね。でも、対照的にvjsuaveの手法は、手描きのキャラクーに詩やメッセージを添えて、壁や街路樹、湖、歩道に投影していくスタイル。それはなぜか?
そこに暮らす人々との対話や、遊び心を喚起して、彼らの「パフォーマンスと人々が一体になること」を目指しているからなんだそう。ともすれば子供の落書きのような、手描きのキャラクターにこだわる理由は、ここに狙いがあった訳です。

スクリーンショット 2015-10-15 11.26.44

フィルムフェスティバルや音楽イベントにも引っ張りだこのvjsuaveのふたり。ブラジル国内に留まらず、彼らはこのSuavecicloでロシア、スイス、ドイツ、スロバキア、ルクセンブルク、ポルトガルにも出没。突如始まるプロジェクションマッピングは、大人から子供まで世界の人々を魅了し、評価を得ているようですよ。

Licensed material used with permission by VjusaveFacebook

スーパーマンみたいに空を飛べたらいいなぁと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。そんな気分を味わえる素晴らしい自転車が登場しました。え、自転車?って思うか...
川原や公園に行く時、自然と周りの景色に溶け込んでデザインもシンプルで可愛い、そんな自転車トレーラーをカナダにある「Studio North」が作った。地域...
自転車を駐輪するための自転車ラックは、ほとんどが水平方向。こちらのほうが、より多くの駐輪が可能なんでしょうけど、昇降式のラックの上の段しか空いてないときな...
自転車でいろんなところを旅したい!そんな人にうってつけのキャンピングカーが登場!自転車で持ち運べるキャンピングカー!?「家に帰るために急いで自転車をこがな...
機能は良くても見た目がイマイチだと、生活の一部にするのはちょっと…。どうせだったら、スペックだけでなくデザインにもこだわりたいところ。はい、自転車の話です...
スポーツカーよりも速い自転車を見たことがあるだろうか。ここで紹介する動画は、2014年11月にフランスのサーキット「Circuit Paul Ricard...
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
もしかすると、これまでで最もコンパクトな折りたたみ式電動自転車ではないでしょうか?一度の充電で25kmの走行ができ、折りたたみや組み立てにかかる時間もたっ...
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
見た目の派手さも手伝って、レーザーライトを路上に照らすことで自転車事故を防ごうとするムーブメントは数年前からありましたが、米・ニューヨークの自転車シェアサ...
昨今では電気で動く自転車、いわゆる「E-BIKE」がどんどん進化していて、性能が良いものも出てきています。ここで紹介する「UrbanX Electric ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
汗を全身でかきながら熱した空間に座り続ける姿は、我慢比べをしているように見えてしまう。それでも、毎日のように通い詰める人たちからすると、天国のような場所ら...
「Ampler Hawk」の見た目に驚かされた。「Ampler Bikes」によれば、その重さは14kg。出力は250W。最大時速35kmまでアシスト可能...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
「Monkey Light Automatic」は、自転車のスポークにLEDライトをつけて走ると、光の残像が弧を描き、その点滅をコントロールすることで、映...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
ドレスコードは「ツイード」。まるで、1920〜30年代のイギリスにタイムスリップしたような錯覚におちいる自転車イベントが、2009年より毎年ロンドンで開催...
すでに日本でも完全に市民権を得た「プロジェクションマッピング」。駅や寺社、水族館などあらゆるものを活かした作品を多く目にしてきたが、さすがにこんなテーマは...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...